経過報告

島んちゅの皆さんへ


2021/11/29
島んちゅの皆さんへ
九州大学生体工学准教授 清野聡子さんのインタビュー動画。

私たちの要望に応じない行政側はもちろんですが、

これは、島んちゅの皆さんにこそ、聴いていただきたいことが満載です!

この情報を得た方、是非、お近くの島んちゅの方々にも教えてあげてください!!




★地元の人やサーファーと専門家がタッグを組んで、数年にわたり嘉徳浜の調査を行い、
 結果を出している。これは市民調査」といって、
 今はもう、それが重要とされる時代になりつつある。

 嘉徳では、そんな先進的なことが既に行われているのであって、
 それを尊重しないということは、非常に非常に!もったいないことである。


★バッファゾーンに指定されていることを甘くみてはいけない
 自然遺産登録後も、継続して審査が行われる厳しいものである。

 その審査を受け続ける覚悟が県や奄美の人たちにはあるのか?


自然遺産登録直後に危機遺産となったとしたら、こんな恥ずかしいことはない。
 そんな恥ずかしい姿を世界に発信することになっても良いのか?


嘉徳は、自然だけでなく祖先の知恵が脈々と受け継がれている、
 世界に誇れる伝統的な知恵のある場所。
 世界に向けて発信すべき場所。
 それを壊すことなんてあり得ない、祖先の知に対する冒涜とも言える。

今の敵は、最大のパートナーとなり得るのである!

すべての島んちゅに聞いていただき、今一度、じっくり考えてほしい。



署名 / エールボタンへ