自治体が独断で生存権侵害しないように生活保護制度運営の是正を国と自治体に求めます

top-img-mobile

自治体が独断で生存権侵害しないように生活保護制度運営の是正を国と自治体に求めます

  • 提出先:岸田文雄自由民主党総裁/志位 和夫日本共産党党首/山本太郎 れいわ新選組代表/小久保哲郎生活保護問題対策全国会議事務局長/小林元治日本弁護士連合会会長/島崎友樹神奈川県弁護士会会長 /本村賢太郎相模原市長/ 黒岩祐治神奈川県知事
  • 担当者:自治体が独断で生存権侵害しないように生活保護制度運営の是正を国と自治体に求めます
  • ※担当者は提出先の機関内の担当者や関係者を想定しており、提出先を想定しています。本活動と直接関りがない前提でのご記載です。
user_icon
作成者:小原れい

活動詳細


  • 相模原市 
    生活保護費3ヶ月未払い&医療券発行拒否問題



  • ■ はじめに(活動の目的や概要)

  • ●国に対し、国民として憲法第25条に基づき健康で文化的生活に必要な援助を求める。
  •   相模原市に「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」に基づき、受給者に負担がかからない合理的配慮がなされたやり方で、3ヶ月分の未払い生活保護費と医療券の発行をするように求める。

  • ●弁護士や支援団体やマスメディア等にこの問題を相談し、広く知ってもらい、二度と行政が福祉が必要な立場の者(障害者・DV被害者・高齢者等)を病気にさせたり、死なせたりしないようにする。

  • ■ 活動立ち上げの背景・理由

  • 2019年より相模原市南区で生活保護を受けている小原れいと申します。家庭内性虐待被害者であり、家族が(虐待の事実は隠し)警察に私の行方不明届を出して、居所を探しているため、普段使用している通称名で投稿させて頂きます。

  • 生活保護開始時に、口座振込依頼書を南生活支援課に提出し、毎月3日に生活保護費の振込されていました。しかし、私のケースワーカーの大石さんは、6月3日より突然保護費の振込を拒否し、8月まで丸3ヶ月分の保護費を未払いのままにしています。
    保護費の振込拒否の理由は不明です。
    大石さんは、窓口なら支払うと主張していますが、私は精神疾患のため、窓口に取りに行くことができません。

  • 6月21日 ヘルパー事業所のサービス管理責任者より、私の自宅で作業後にヘルパーさんに熱中症の症状が出たので、適宜クーラーを使用するように勧告されました(保護費の振込がなく、暑くても適宜クーラーが使えなかったため)。

  • 7月5日 精神科医が下記の病状を説明する書面を大石さんに提出しました。
  • 書面には、「(南生活支援課)担当者との接触を契機に上記のようなトラウマ症状が増悪する」と明記してあります。

  • 下記画像が読みにくい場合こちらをクリック



  • この書面をもとに、相模原市に対し、精神障害者への合理的配慮を行うよう求めました。しかし、大石さんは、この医師の書面を完全に無視し、相変わらず私を市役所に呼び出し続けています。精神障害者への合理的配慮を一切行わないことは、「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」に違反しています。

  • 障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律

    第三章 行政機関等及び事業者における障害を理由とする差別を解消するための措置
    (行政機関等における障害を理由とする差別の禁止)
    第七条 行政機関等は、その事務又は事業を行うに当たり、障害を理由として障害者でない者と不当な差別的取扱いをすることにより、障害者の権利利益を侵害してはならない。
     行政機関等は、その事務又は事業を行うに当たり、障害者から現に社会的障壁の除去を必要としている旨の意思の表明があった場合において、その実施に伴う負担が過重でないときは、障害者の権利利益を侵害することとならないよう、当該障害者の性別、年齢及び障害の状態に応じて、社会的障壁の除去の実施について必要かつ合理的な配慮をしなければならない。

    参照元:平成二十五年法律第六十五号 障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律


  • 7月27日 弁護士が大石さんと会い3時間近く話しましたが、保護費の振込は拒否されました。

  • 8月2日 弁護士が大石さんに下記の医療券発行依頼状を提出しましたが、全く反応がありません。
  • ですので、現在10割負担で通院中です。

  • 下記画像が見にくい方は、リンクをクリック

  • 8月8日 東京弁護士会人権擁護委員会より、私の人権侵害ケースについて調査を開始すべきか否か審査をするとの連絡が来ました。審査は、相当の日数を要するようです。


    8月9日及び8月14日 NPO法人POSSEさんが大石さんに連絡を取りましたが、
    保護費の振込拒否理由は教えて頂けず、話し合いを一切拒否されています。
    大石さんが話し合いを拒否している法的根拠は開示されていません。


    8月9日 体調不良のためクリニックを受診したところ、院長より熱中症の症状と
    お話があり、下記陳情を、本村賢太郎相模原市長に送付致しました。
  • ****************************
  • 私は、本日くぬぎ台クリニックを受診しました。
    院長より「熱中症気味の症状である」とお話がありました。
    「部屋は涼しくしているか」と聞かれたので、「保護費が3か月前より振込拒否されており、クーラーが適宜使えていない」とお伝えしました。
  • 院長によると、「空調が使えないと 体温調節がうまくいかなくなり、 熱中症になってしまう、医療では対症療法しかできない、
    今日はとりあえず吐き気止め等の薬を出しておくが、
    空調を使うために福祉から保護費を早く振り込んで頂くように」とのことでした。
    院長は、病状調査にも応じて下さるそうです。
    8月10日木曜日よりお盆休みなので、病状調査する場合は、本日17時頃までに
    くぬぎ台クリニック院長(042-xxx-xxxx)にお電話して下さい。
  • 以上の理由により、至急保護費の振込を求めます。
  • ****************************

    しかし、至急と明記したにもかかわらず、この陳情への回答は一切ありませんでした。


    保護費については、が3/4、地方自治体が1/4を負担しています。
    Twitterユーザーの方々が、相模原市が不当に税金を備蓄し困窮者に届けていないため、本村賢太郎市長に陳情をして下さいました。
    しかし、陳情者の皆さんへ市長(市長公室)からのご返信は一切ないそうです。


  • ■ 社会(提出先)がかかえる問題点は何か?
  • 法律上・人道上、行政は、困窮者・障害者・DV被害者等、困難を抱える人々を救済することになっているにもかかわらず、 水際作戦、不当な生活保護停止・廃止や医療券発行拒否 などの人権侵害を行い、困難を抱える人達を殺害してきました。



    そして、困難を抱える人々が受け取る権利があったお金を、その人々の命を救うことができたお金を、長年、不正に備蓄・流用してきました。 国民が納めた税金を、障害者・高齢者・犯罪被害者等の保護されるべき対象者に法令通り配布せずに、行政が不法・不正に所持し続けている問題には殆ど焦点が当てられてきませんでした。


    国民から見えない閉鎖的な場所では、問題は解決できません。国民は、もし生活保護受給者がBMWを乗り回していたらそのことを非難する権利もあります。それと同時に、生活保護制度が正当に運用されず自分たちが納めた税金が困難を抱える人々に届いていないことを非難する権利があります。大石さんは、6月から8月まで3か月間、生活保護費の振込を拒否し続け、いち受給者の生存権を脅かし続けています。大石さんのような対応を、私たちの代で解決しなければ、行政の非道さによる、病気、自殺、餓死、死亡、殺人が再び起こります(下記リンク先参照)。

    参考情報:
    八尾市の母子 生活保護受給中の餓死・孤立死

    集まった署名は、下記の方々に提出致します。

    岸田文雄 自由民主党総裁
  • 志位 和夫 日本共産党党首
  • 山本太郎 れいわ新選組代表
  • 小久保 哲郎 生活保護問題対策全国会議事務局長

    小林 元治 日本弁護士連合会 会長  
  • 島崎友樹 神奈川県弁護士会会長 
  • 本村賢太郎 相模原市長

    黒岩祐治 神奈川県知事

  • (順不同)

    ■エールの使用法
  • ・署名提出の際のコピー代・封筒・郵券代
  • ・現在ボランティアで大石さんに要望書を提出し交渉を続けて下さっている公認心理師の方への謝礼
  • ・問題解決の為の弁護士や支援団体等へ通信費・移動費等

  • ・障害者雇用の求人応募の為の就職活動費
  •   ↑
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    相模原市は一切問題解決に対して動いていません。
    このままだと、ホームレスになるし医療も受けられなくなってしまうので、
    ずっと職探しをしています。
    精神科医は労務不能と相模原市に所見を送っており、市からは療養するよう指示が来ているのですが、大石さんが家賃扶助等の振込を拒んでいるため、療養どころかホームレスにしようとしているため、職を探しています

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


    などに充てさせて頂きます。

    【8月21日追記】
    「クレカ・アップルペイ・グーグルペイが使えないが、エールを送りたい」
    「寄付金の全額を署名活動に使って欲しい。どうしたらよいか。」
    (エール機能だと、受取時に手数料が差し引かれてしまいご支援頂いた全額を受け取れないため)
    というお問い合わせを頂きました。

    そういう場合、お手数ですが、rohara306@gmail.com までご連絡お願い致します🙇

    ro

  • ■ プロフィール

  • 小原れい
    CPTSD/鬱病/摂食障害患者

  • ■ SNS

  • Twitter日本語アカウント 
    note マガジン 相模原市 生活保護費未払い&医療券発行拒否問題 
    Twitter英語アカウント 
    Listening 2 People(当事者ブログ、目印はエイのアイコン)
     

新着報告

2024/07/20
性暴力被害者の男性恐怖への対応に、自治体間でばらつきがある

人を介して #石神井福祉事務所 保護第三係 #佐藤CW とやりとりしておりますが、#二次加害 のオンパレードで、不眠や解離が促進しています... 福井市や相模原市では、男性恐怖だと福祉事務所に伝えたら、福祉事務所から精神科医に病状調査をし、女性担当者をつけてくれました。しかし、練馬区にいくら男性恐怖だと伝えても、一向に合理的配慮はしてくれませんでした。 しかたないので、精神科主治医が、「症状的に女性担当者が望ましい」との診断書を佐藤CWに書きました。(診断書料金が2,200円かかるそうです。他の地方自治体ではちゃんと病状調査してくれるので、お金は一切かからないのですが...)しかし、診断書を見ても、佐藤CWは「CWが女性になれば体調不良が改善するとは限らない」と仰っているそうです。 精神保健指定医の診断よりも、素人である自分の憶測を優先するとは、全く道理に合わず、狂気の沙汰です。怖くて今日も眠れません...。 病状に疑義や不審点があれば、自身の想像に頼らずに、私の主治医に確認すればいいのに...(福井市も相模原市も、病状に関してはそうしていました)。佐藤CWは、一人で結論づけ 独裁的な対応です。 このように、地方自治体ごとに、性暴力被害者への対応にばらつきがあることは、不平等です。特定の自治体に住んでいる被害者は妥当な対応を受けられ、別の自治体に住んでいる被害者は不当な対応をされるのですから...

😭


2024/06/08
相模原市南生活支援課大石CWより未払い継続/転居祝いの欲しいものリスト

#相模原市 南生活支援課 #大石CW より ・通院交通費 ・通院付添費 ・自助会交通費 ・就労支援施設交通費 ・転居の際の家電設置費用 などなど未払いが継続しており、練馬区で保護が開始しましたが、まだ生活はきついです。 相模原市や練馬区役所からのストレスで体調悪化しており、移動がタクシーになることが多く、移動費が生活を圧迫しています。相模原市で障害者に配布されていたタクシー券も、練馬区では配布されていません。とにかく役所からのストレスをなくして、体調回復させて、なるべく公共交通機関が利用できるようにしたいです。 つきましては転居祝いの 欲しいものリスト編集致しました。 https://www.amazon.co.jp/hz/wishlist/ls/3SC87RJ5W7PRE?ref_=wl_share

♦ノンオイルサラダドレッシング(年毎の健康診断で中性脂肪や血糖値が基準値を超え、保健師指導が入っているため)

ハイパーピン、天井フック(画鋲より強いピンです!収納がそれ程無いので、何でも吊るすことにしました)

♦生活保護手帳(CWに騙されないように受給者一人一冊は持っていたいところです)


オブラート(粉薬飲むのに必要)

などなどです。もし余裕のある方がいらっしゃいましたら、ポチって下さると幸いです。 リストにないものも送れる設定です

#相模原市 #大石CW に確認したら、「転居祝いは、高価な美術品等でない限り収入認定しない」とのことでした※


2024/05/19
石神井福祉事務所が病院に行かせてくれず困っています

相模原から練馬に生活保護移管手続きされました。練馬で再度生保を申請するように指示があり、生保申請中です。病院に行く必要がありますが、石神井福祉事務所 が行かせてくれなくて困ってます。 石神井福祉事務所に「医療券、もしくは医療機関へ持っていく手紙(添付画像のような手紙)を発行し受診させてください」とお願いしたのですが、生活保護の申請開始までは、病院受診できないとのことのことです。しかし、生活保護の審査には、二週間から一か月かかります。今この瞬間に具合が悪いのに、その間どうしろというのでしょう。 私は保険証を持っていません。お時間のある方々、石神井福祉事務所 保護第三係 佐藤CW(tel: 03-5393-2813, email: SHAKUJFUKUSI06@city.nerima.tokyo.jp )にご連絡して、病院を受診させないことは、憲法で保障されている基本的人権の侵害だと伝えて頂けませんか。助けてください。


メッセージ

2024/07/17
user_icon_photo
青木愛
精神障害2級所持。幼少期からの虐待、実の父からの性奴隷など。でも、生きてる。生きる権利は、最底辺のものかもしれないけど、アタシはこれがないと生きていけない。

2024/07/17
user_icon_photo
山路正樹
この事例は自治体をまたぐ転居(移管)がうまく行かなかった例です。自治体間の連絡がほとんど出来ずに転居先の自治体での申請が始まり受給者がこれまで受けていた各種医療サービス障害者福祉その他が引き継がれず3ヶ月ほど苦労をしています。たぶんまだ苦労しています。もちろん,移管もうまくやれば困難もなく引っ越しできますがそのような人は慣れた人に限られます。これは行政の改善が望まれます。もちろん,活動をしている本人様を支持して応援しています。

2024/05/22
user_icon_photo
長田 健二
外国人への生活保護受給も見直して欲しいです。 日本人よりもかなり率は高いとか。

2024/03/16
user_icon_photo
猪股祐介
生活保護は国民の権利。自治体が阻害することは断じて許せない。

2024/02/25
user_icon_photo
国民の命を守る生活保護
生活保護制度の運営が適正に行われ、必要な人に必要な支援が届く日本にするために署名に協力しました。 応援しています。

2023/12/23
user_icon_photo
峰田 はるか
私は日本で一番悪質な札幌市生活保護課に、10年と8ヶ月不正拒否されています。 月の食費、100から150円です。 手口は、2012年に札幌市東札幌の姉妹2人を一度に殺害した手口の使用で、殺意があります。この殺害のとき担当者の言った言葉は、『姉妹は勝手に申請しなかったからわれわれの責任ではない』というもの。 事実は、必要なこといっさい教えず、申請用紙も返還=交付せず、家が役所に近い姉妹なのでケースワーカーが家の前を数十回通ったにもかかわらず全て無視して病死・凍死させました。 ボランティア組織が弁護士を頼んで殺害的態度だったことを立証させました。

2023/12/17
user_icon_photo
OtaShima
相模原市の福祉事務所は対応が悪いです。私も必要な支援を何ヶ月も待たされた経験が何度もあります。職員にやる気と能力がありません。職員とのやり取りで余計なストレスがたまり病気が悪化し社会復帰が遠のく一因になっています。   何年か前に生活支援課の入る緑区合同庁舎が新築された時は大した仕事しないくせに箱だけは立派で税金の無駄遣いだと思いました。そんなカネがあるなら他にやるべき事がいくらでもあるだろうと。 そんな土地柄なので大変だとは思いますがささやかながら寄付もしました。応援してます!

2023/10/16
user_icon_photo
葛西 守る
自治体は己の立場を履き違えているようですね。日本の生活保護の身補足率は8割に及びます。日本はとても冷たい社会だと言うことです。なんとか運動が身を結び、改善されればいいですね。ただ、マスコミは難しいので、僕が署名運動で懲らしめます。

2023/10/13
user_icon_photo
佐藤映虹
Twitterで拝見いたしました。応援しております。

2023/10/12
user_icon_photo
猫乃目しま
不正受給のないように、 本当に必要な人が弾かれることのないように。

2023/10/01
user_icon_photo
隆弘
頑張って下さい!

2023/09/29
user_icon_photo
。。。。
私は以前困る前に 横浜市の生活支援課に勇気だしてかけたことがあります。電話でた職員が「あなたを救います」といいました。都内でも くわしく説明してくれました。だからこの投稿を見て怖くなりました。学校で事故があると 説明も会見も開かない 当事者は病み 親は どうしようもない。。こんなはずではなかった。。9月は自殺予防月間といいますが、ほんとうになんなのでしょうか 物価があがり食べてゆけない人が 大勢にいます。「困ったら相談するように」で 相談して もっと困るわけです。役所に 相談しても議員も法テラスも支援団体も意味はない。 病気になり これが現実だと わかりました。自殺したいです。そうか こういうことなのでね 役所は 怖い。

2023/09/28
user_icon_photo
署名太郎
経過を読みました。役所がただしいのか わからないまま 市議も法テラスも支援団体も無理で 公認心理士で保護費がでたこと。これが現実の保護課だと知りました。先日 NHKのEテレの断らない座間市生活支援課「相模原市の隣り」こんなに親切なのか、と思う反面 八王子の精神病院のこともあります。ただ 保護をうけて保護を停止されたら このようになり やはり困窮者はとても 大変だと思いました。「生活にこまったら迷わず相談するように」とありますが、保護をうけたら こういうことになることを 知り 利用したいと思いません。頑張ってください。

2023/09/26
user_icon_photo
ねこ
生活保護をうけてこういう保護費が停止することがあることを詳しく読んで、驚いてます。神奈川県は ともにいきる障害者差別の問題に取り組んでる役所と聞いてましたが、なにより コロナで物価高で 生活保護を相談するように 言われてましたが、生活保護うけて 停止されることを知りました。生活保護は 国民の権利ではないのですか。 

2023/09/26
user_icon_photo
樋田敦子
あってはならないことです。 糾弾しましょう!

2023/09/10
user_icon_photo
吉原麻理
拝読致しました。こんな酷い対応を行政がしているとは胸が痛みます。 私も生活保護受給者ですが、受給申請をしたとき、やはりハラスメントを受けました。 住まいの間取りをワンルームに住んでいると言ったのに、キッチンがあるから1Kだと書類に書き、審査を通さないようにしました。 そのため、担当者を変えて貰い、ワンルームに住んでいることを認められ保護に至ったのです。 消費税が導入された理由は、社会保障に使うためだったはずです。 それが増税されているにも関わらず、年金の減額・生活保護受給者への保護費未払いが起こるとしたら、政府は一体何に税金を使っているのでしょうか。 日本にミサイルや戦闘機など必要ありません。

2023/09/08
user_icon_photo
鈴木麻衣子
頑張って下さい!

2023/09/01
user_icon_photo
しらうみ
生活保護費が一刻も早く支給されますよう願っております。

2023/08/26
user_icon_photo
んぱんぱ
各自治体により生存権の定義がコロコロ変わっていて、その事実が人々に認識されていないのはいつもおかしいと思います。普通に憲法違反だと思います。

2023/08/25
user_icon_photo
古鉄
本村、黒岩両名共に良い話聞きませんが… 私も同市で似た経験有りますので共感します。

2023/08/24
user_icon_photo
わけあいガレージ
応援しています

2023/08/20
user_icon_photo
今井七海
一刻も早く生活保護費が振り込まれ、小原様が生活環境を整えられるようになることを強く求めます。

署名 / エールを贈る