発達障害を抱える子供達について理解を深める為の
関係法令及び関係規定の改正を求める署名

発達障害を抱える子供達について理解を深める為の 関係法令及び関係規定の改正を求める署名
  • 提出先:細田 博之 衆議院議長
作成者:いじめ撲滅.COM 普津澤峻

活動詳細

発達障害を抱える子は、10人に1人の割合で存在しています。


しかしながら、現状、我々国民の、発達障害についての知識や理解は、あまりにも不足している、と言わざるを得ません。


2019年4月から6月に掛けて発生した『旭川女子中学生いじめ事件』に関する報道では、発達障害を抱えていた生徒(亡くなった「いじめ」の被害者)が「自分の障害特性を他の生徒に知って貰いたい」と、学校に願い出たにも関わらず、学校は「差別を助長する可能性がある」として、周知することを断った、と報じられています。


日頃から個性や多様性の尊重を教え諭している学校が「発達障害に関する学校や生徒等の理解が不足していること」を認め、諦めてしまっているのです。


また、発達障害を抱える子の親の中にも「自分の子が発達障害であることを認めたくない」という気持ちや「自分の子が発達障害であることを他の生徒に知られたくない」という気持ちを抱いている方がいます。


親までもが、このような気持ちになってしまうのは、発達障害についての理解が追いついていないと感じさせる事件報道や、障害を抱えていない国民一人一人の「発達障害者やその保護者に対する接し方」に原因がある、とも言えますが、そもそも国民が発達障害について学ぶ機会がないことに、最大の原因があるのです。


そこで、本署名人は、国会及び文部科学省に対し、以下の内容を、関係法令及び関係規定追加することを求めます。


1 全国の小学校、中学校は、「生活」「道徳」「総合的な学習」の時間を用いるなどして、年3時間以上発達障害について理解を深める為の授業を行なわなければならない


2 全国の小学校、中学校は、発達障害を抱えた生徒又はその保護者が、他の生徒等に対し自身の障害特性について周知することを求めた場合学級活動ホームルーム活動の時間、学級便り懇談会等を利用するなどして、他の生徒等の理解が深まるように周知しなければならない



■エールの使用法

ご寄付は任意ですので、ご署名だけ頂くことでも全く構いません
それでももし頂けるようでしたら、お気持ちに感謝し、大変ありがたくお受け取りさせて頂きます。
また、皆様のお気持ちを無駄にしないよう、最後まで一層の責任を持って提出させて頂きたいと思います。

■ プロフィール

いじめ撲滅.COM 普津澤峻(ふつざわしゅん)
昭和63年2月7日生まれ(34歳)

住所:神奈川県藤沢市辻堂元町4丁目17-3 Sフェリーチェ402号室

電話番号:080-7857-1021

■ SNS

twitter: https://twitter.com/LOOK_HILL_LS

YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCYgUMbQrdZ1sOgWVK55nRdQ

新着報告

新着情報はありません

メッセージ

2022/08/16
齊藤 和代
我が子二人共に発達凸凹です。 学校はまだまだ発達障がいについて認知が追い付いていないと思います。でも、教員不足の中、先生達もいっぱいいっぱいの所もあるので、文科省は先生の様々な負担をなくし、発達障がいの勉強を確保できる余裕を作ってほしいですよね。 発達凸凹の子達が自信をもって輝ける教育現場になってほしいと思います。

2022/08/16
中野典子
いつもありがとうございます! いじめで亡くなったという女子生徒さんのお話し、知りませんでした💦

2022/08/14
永田 眞知子
私は発達障害児の療育の仕事をしています。彼らたちの生きずらさの理解を少しでも多くの人に知ってもらいたいと思っています。理解なしにインテグレーション教育なんてありえません。最近幼稚園の先生から「たくさん挫折をして学んでほしい」という言葉を聞く機会がありました。療育の立場の人間からはその言葉が恐怖しかありませんでした。彼らは好んで障害を持って生まれた訳ではなく、挫折をすれば障害をのりこえられるのでしょうか?彼らの特性を理解し、人的、環境的に彼らが持って生まれた特性のまま生きやすくなるようにこちらが歩み寄るべきなのではないでしょうか?無用な挫折が彼らの二次障害を生むのです。このような言葉が生まれることはやはり教育が自助努力・自己責任を基本とした考えから成り立っているからでしょう。教育を教育で変えていくことを願っています。

2022/08/13
新見真実
長男が発達障害で辛い思いをし、自殺未遂した事があります 今は社会人として障害者枠ではありますが頑張っていますが、 それでも毎日心身共に疲れている事実は変わりません。 周りの理解が必要なのは子供時代だけではありません。 この活動が実を結びますことを願っています。

2022/08/12
小林 律子
発達障害≒× 定型発達≒○ 子どもたちが進学や就職で差別を受けることがないように願っています。

2022/08/11
中山和俊
発達障害とアレルギーについてな長年認知活動をしています。 発達障害が脳に出るアレルギーであることが書かれた「Is this your child?」対訳 https://docs.google.com/document/d/1hae3yLA6RLodVDNwFuqzYqgO0jjbtR6ulO01BsW4Rt0/edit 緒言 For children who are complaining, cranky, slow learners, aggressive, hyperactive, unwell, or depressed. Discovering and treating unrecognized allergies in children and adults. 苦痛を訴え、不機嫌で、学習が遅く、攻撃的で、多動で、気分がすぐれないか、あるいは鬱状態の子供たちのために。児童や大人における認識されないアレルギー症状の発見と治療。 この本に準拠する映像「Environmtally Sick Schools」字幕 https://www.facebook.com/kazutosi.nakayama.9/videos/2730734213816004 十分な栄養素と化学物質を避けることで発達障害を治癒させることが可能です。

2022/08/09
笠原ルミ子
素晴らしい活動をありがとうございます!心より応援しております!

2022/08/08
阿部仁美
発起人の方が同い年、誕生日1日早いことに縁を感じました。我が子は自閉症と知的障害で来年度から支援学校就学の予定です。地域の小学校に体験授業に行くことができると支援学校から聞きましたが、二つ下の弟が通う小学校であり、兄のことをからかわれ傷つくのではと不安です。 小学校側にこのように障害について理解があれば、私のような心配をする必要もありません。本活動の成功をお祈りしております。

2022/08/06
感 えりか
発達障害当事者です!応援しています!!マジで日本を変えたいと本気で思っています。当事者も大事な国民です!私達に生きやすい人権をください!お願いします!

2022/08/06
橋本いつき
正直、何かが変わるとは思えません。 しかし生きづらい、家族にさえ迷惑をかけてしまう自分のような人間(というより子供たち)のために何かしようと思う人がいて、 自分に損がないのであれば応援してもいいのかなと思いました。

2022/08/06
中田実帆子
家族、本人にとって、、、、 診断名が判明することが良い!なのか。 特性あるね~が良い!なのか。 人それぞれだし、親子の関わり方でも違うと思うので強制的に知ってもらうことが全てでは無いという思いもある。 対社会との関わり方、接し方で 特性に苦しんでいる人も沢山いる(←社会や対人との間に生まれる【障害】の度合いも人それぞれなので、パッと外から眺めているだけでは気づきにくい。また本人も「またかー」位の軽い受け止め方で自覚しにくい面もある)

2022/08/06
片岡正恵
障害を持って生まれる事は魂レベルの高い方々であり年齢性別人種も関係ない苦難な状況でも素晴らしい純粋な輝く魂が一層輝く環境を考えて行く助け合いの場を創る事をお勧めします

2022/08/03
杉浦幸香
うちの子供も発達障害です。そしていじめられ、不登校になりました。教育を根本的に変える必要があると感じます。障害があるないに関わらず、違いを認め合えないということが根底にあると感じます。これは大人の社会もそうです。日本の社会全体で変わっていってほしいと願っています。

2022/08/01
岡田 千尋
生きづらさを抱えている発達障害の方はたくさんいると思います。 周りの理解があればもっと生きやすくなると思うので、応援します!

2022/08/01
桧枝 可奈瀬
自分はごく軽度ですが発達障害グレーゾーンです。 自分と同じような辛さを抱えてる子が少しでも減るように微力ながら署名致しました。

2022/08/01
西村ひかる
日本は本当に遅れています。活動に賛同します。

2022/08/01
河内 典子
多少のもめごとがあったとしても、子供たちの受け止め方は、柔軟です。それを迷惑な事として大人たちの態度が いつのまにか孤立やいじめに向かわせている。

2022/08/01
山本隆史
重い議題であり、でも直視しなければいけない重要課題です。差別が起こる事以前に、そう言った人達への必要な配慮を促すための法整備は早急にするべきだし、皆が漏れなく理解する事で まずは進んでいけるのかな?と思います。

2022/07/31
近江みさよ
ASD当事者です。息子も自閉症スペクトラムの4年生です。 学校での発達障害についての授業是非実施してほしいと考えております。頑張ってください。

2022/07/30
平野了太
私たち発達障害者への扱いが少しでも改善していく未来を心から願っています。

2022/07/30
村上功一郎
社会の発達障害に対する理解が深まればと思います。頑張ってください。

2022/07/30
増本 玲奈
本当に急務だと思います。 学校で皆が知ることにより、今まで発達障害だと知らずに悩んでいるような子が助かったりもあると思うんです。 皆が正しく知ることにより差別が助長されるなんて考え方になる人は、自分の教育に自信がないのだと思うし、実際そういう人に任せないほうが良い気はしますが。 ていうか三時間では足りないと思います。他の授業に使う時間なども考えたら、三時間が妥協点なのかもしれないけど…

2022/07/30
松本 千晶
息子が最近知的障害と自閉症疑いと分かりました 私も初めては障害について受け入れる事が出来ませんでしたが 私と同じように悩んでる方などSNSを通じて知り息子が療育に通うようになり成長した部分が沢山みえて 障害を受け入れ前に進んでいこうと決めました まだまだ発達障害は世の中であまり 良い印象がないのでこれを機に 変わってくれたら嬉しいです

2022/07/30
瀬戸千恵
少しでもお役に立てば幸いです。活動頑張って下さい!

2022/07/20
大山若菜
ADHD &ASDの息子を持つ母親です。 特性を持った人々が安心して暮らせる世の中になりますように。

2022/07/20
織田真弓
我が子も障害があります、また幼稚園で同じように母子共にいじめられましたが、園長からは助けてもらえず退園した過去があります。

2022/07/19
後藤恵美
うちの子も発達障害で学校生活色々な苦労があります。 活動に感謝します。

2022/07/19
藤江 雅和
賛同させていただきます。 「差別に繫がらないために説明をさせてほしい。こういう障害を持っているということが差別にならないように、こういう子もいるんだっていうことをみんなに知ってほしいんです。」 (娘の遺体は凍っていた 旭川女子中学生イジメ凍死事件 168ページより) という切実な思いを拒絶する教育現場には問題があると思います。 全てを理解するのは難しくても、 耳を傾ける機会があるだけでも違いはあるのではないでしょうか。

2022/07/19
土谷直人
頑張って下さい。

2022/07/18
増田由香利
少しでも多くの方が知る機会を得て、理解してくれますよう応援しております!

2022/07/18
緒方直樹
法整備は絶対に必要です。全ての子供に学ぶ権利、機会を。

2022/07/18
矢野 綾子
今まで自分の子供達が発達障害の子供達と関わる機会がたくさんありましたが、純粋で優しい子供達ばかりでした。まわりが特性を理解し、皆が笑顔でいられる社会になりますように願ってます!

2022/07/18
亀岡祐哉
 私は生まれ乍らにして自閉スペクトラム・注意欠如多動障がいを持っております。私は2歳の時、『いつ話せるようになるか分からない』と医師から宣告を受けた事を母から知らされました。しかし、本当に『何かの弾み』とかしか私自身説明が付けられませんが、今こうして言語を用いる事が出来るまでに症状は落ち着きました。  しかし今も言葉の遅れ、衝動性、こだわりの強さ、曖昧な表現を察するのに非常に苦労し、特に仕事上の人間関係形成で多く行き違いが生じ、生きるのに困難さを感じております。  当事者として、発達障がい(2022年4月1日から、『神経発達症』という呼称が使われております)に関する支援法、人々の認識に大きく遅れが生じているのを感じます。私が取得できた療育手帳(精神障害者福祉手帳は判定待ち)の取得要件に神経発達症が含まれるようになったのは、2010年の改正以降からでした。 取得までに、膨大な期間を掛けてきました。  所謂『グレーゾーン』の問題もあります。症状が診断書に付かないばかりに、傍目からは認識され難いばかりに、その人の生き辛さを見てもらえない悲しみがあります。署名に私の名前を託す事によって、此の悲しみに終止符を打って欲しいと心から願っております。  此度、本署名を立ち上げて下さった事に心より感謝申し上げます。是非とも明るい未来を築き上げ次世代にバトンタッチする為に、此の活動に御協力を御願い申し上げます。 令和四年七月十八日月曜日 ぱらどくす祐。

2022/07/18
木村 正典
知識と理解こそが人間を人にする。

2022/07/18
濱口惠子
色々ご苦労もおありでしょうが、与えられて大切な命。頑張って下さい。

署名 / エールボタンへ