【全国一斉行動!】「学校衛生マニュアル」を廃止! マスク・黙食廃止!こどもたちに健全な教育の機会を与えよう!
ワクチン・マスクなどに関する正しい知識啓発のためのチラシ配り活動を仲間作って全国的に広げよう!

【全国一斉行動!】「学校衛生マニュアル」を廃止! マスク・黙食廃止!こどもたちに健全な教育の機会を与えよう! ワクチン・マスクなどに関する正しい知識啓発のためのチラシ配り活動を仲間作って全国的に広げよう!
  • 提出先:文部科学省
  • 担当者:文部科学大臣 末松 信介様
作成者:コロナ・ワクチン市民フォーラム

活動詳細

長いので、マスクの無意味さを理解されている方は、

4)上記活動を全国的に展開するため、地域ごとに活動仲間を作る、及び活動情報共有の場の提供

と、

■エールの使用法 

だけ読んで頂ければ大丈夫です。

■ はじめに(活動の目的や概要)

新型コロナ騒動が始まって二年以上が経過しました。

騒動当初は「未知のウィルス」との闘いということで多少の慎重な対応は致し方ありません。しかし、すでに新型コロナウィルスは新型でも未知でもありません。にも関わらず、過剰な対策が続いています。

特に学校では文部科学省の「学校における新型コロナウィルス感染症に関する衛生管理マニュアル 学校の新しい生活様式」(以下衛生マニュアル)に基づいた指導が行われています。音楽の合唱や演奏、家庭科の調理実習や体育なども制限されている内容が多くあります。

さらには現場の実態としてはこのマニュアルよりも厳格な対策が行われていることが多くあります。給食時には「黙食」が一般的に推奨されていますが、実際には衛生マニュアルには「黙食」という言葉は出てきておらず、対面にせず大声での会話を控えるよう書かれているだけです。にも関わらず、さらにアクリル板を設置するなどしているところまであります。


この衛生マニュアルの存在が現場の教師たちにとってはプレッシャーとなり、過剰な対策の温床になっていることは間違いありません。成長期の重要な時期に、生きていくために重要な実技科目が受けられない、人格形成に重要な友人とのふれあい・会話を充分に経験できないことの子どもたちへの影響はどれだけ大きいか、考えて頂きたいです。

特に新型コロナ騒動が始まった年に中学校や高校に入学した生徒にとっては、今やめないと3年間を過剰な対策の中で過ごし、卒業を迎えることになってしまいます。

子どもたちを一刻も早くこれらの過剰な感染症対策から解放するため、以下の活動を行います。


1)文部科学省に衛生マニュアルの廃止を求め、署名を集めます。

2)子どもや子どもを持つ保護者、教師へ主にマスク・ワクチンの正しい知識の啓発ためのチラシ配り活動

3)各地の教育委員会や市議会との交渉

4)上記活動を全国的に展開するため、地域ごとに活動仲間を作る、及び活動情報共有の場の提供


衛生マニュアルには科学的根拠が決定的に欠如しています3蜜回避やマスク・消毒・換気などの対策が中心になっていますが、一切それらの対策について科学的根拠は示されていません。率直に言えば「なんとなく対策を行っている感」の演出が目的となってしまっています。

万一の場合の責任回避だけを目的に子ども達に、意味のない対策を押し付けている状況がまかり通っています。意味がないばかりか、子どもたちの心身の成長にとって大きな問題です。マスクや消毒の害については後ほど詳しく紹介します。

実態の新型コロナのリスクに見合わない過剰な対策によって、「コロナ怖い」と植え付け、マスクが手放せない、ワクチンもよく考えず接種してしまうことに繋がっています。

まずはこの衛生マニュアルを撤廃し、日常を取り戻すことが重要であると考えます。


■ 活動内容の詳細

1)文部科学省に衛生マニュアルの廃止を求め、署名を集めます。

署名を10万人目指して集めます。また、署名をする/しないに関わらず、過剰な感染症対策について考えて頂くきっかけにしてもらうために、ご賛同頂ける方みなさんの力で拡散をして多くの方の目に触れるような運動展開を目指します。


2)一般の方へマスク・ワクチンの正しい知識の啓発ためのチラシ配り活動等

署名での上(省庁)からのアプローチと同時に、下から(一般の方一人ひとり)へのアプローチとしてマスク・ワクチンに関するチラシを全国的に配ります。ポスティングや街頭でチラシを配ってくれる方にはお金の心配なくどんどん配って頂き、気持ちはあるが活動出来ない方にはエールにてご支援いただければと思います。一人でも多くの方が現在の状況に疑問を持って頂くことが最も重要です。そのためにチラシ配り活動は欠かせません。


3)各地の学校・教育委員会や市議会との交渉

各市町村の教育委員会や市議会に、過剰な対策をやめるよう交渉・請願を行います。文書や資料など活動メンバーで共有し効率よく進めていきます。呉市議・谷本誠一先生の学校ノーマスク宣言を活用させて頂く他、独自に作成した資料を随時改良しながら、ノーマスクでの学校生活を望む全ての子ども・保護者様にご活用頂けるよう、情報共有をしながら進めます。

谷本先生「学校ノーマスク宣言」

https://567-truth.jp/no_mask/

※こちらを使って学校と交渉する際には谷本先生への連絡が必要です。

市議会、県議会への陳情、請願なども市民の権利としてどんどんやっていただきたいですが、最初はハードルが高く感じると思います。それほど難しいものでもありませんので、手続き方法や提出資料など情報共有しながら各地で展開していきます。また、一般的に議員紹介のある方がしっかり審議されやすいので、議員とのつながりも作っていきましょう。
 

4)上記活動を全国的に展開するため、地域ごとに活動仲間を作る、及び活動情報共有の場の提供 

チラシ配りや学校・行政交渉も一人ではなかなか一歩踏み出せない方も多いと思います。同じ様に子供たちのことを想うお近くの方と一緒に行動して頂けるような仕組みを作っていきます。

◯フェイスブックグループ「コロナ・ワクチン市民フォーラム(チラシ配り活動グループ)」https://www.facebook.com/groups/318694913574138

◯ディスコード (スマホやPCでアプリをダウンロードしてください)

https://discord.gg/5ZHvzJGxZJ

県別チャットルームがあります。地域別、話題別などでチャットルームを作れるので情報が埋もれることもなく便利でオススメです。

◯オープンチャット

https://ameblo.jp/t-nakamura17/entry-12734079189.html

都道府県別チャットルームを作っておきました。ディスコードが使えない方はこちらご利用ください。

また、すでに地域で活動しているグループで新規参加者歓迎だという所がありましたらご紹介いただければと思います。


■エールの使用法
・チラシ印刷費

エールの範囲でチラシを配布して頂ける方に無償提供します。エールを頂ければ頂けるほどたくさんチラシを配布できますので、ご協力宜しくお願いします。

チラシはこちらからご依頼ください。↓

https://ws.formzu.net/fgen/S32763191/

※5月2日現在、北海道医師マスク&子供のワクチンのチラシのみ急ぎ対応できます。


ディスコードやオープンチャットで近くの活動メンバーと共有でチラシを手配して頂けるとチラシ手配の負担も減りますのでありがたいです。

ちらしは現在こちらのチラシの使用を想定しています。

◯こども向けはかせチラシ(マスク&ワクチンについて)




◯こどものワクチンその前に知っておくべきこと&北海道医師のマスクは有害チラシ

 


こどもに配る場合はこの2種類のセットがオススメです。また、こどものワクチン6つのポイント&北海道医師のマスクは有害チラシは一枚でマスク&ワクチン両方説明できますので、これ一枚での配布もオススメです。ポスティングでも街頭配布でも楽です。


◯ワクチン7つのポイント


◯マスクに効果なしエビデンスチラシ

 

一般向けに配る場合はこの2種類のセットがオススメです。


◯綾紙(救命ピクニック)


みたからチャンネル遊宙部様のプロジェクト「救命ピクニック」で使われているハガキサイズのチラシです。

・マスクについては触れられていない ・QRコードを読まなければ特にワクチンをやめようとは思われない、というデメリットがある一方、・かわいいデザインで、且つワクチンの危険性などについて書かれていないので受け取ってもらいやすい ・チラシは同じでもQR先の情報を更新すれば最新の情報をお届けできる、というメリットがあります。このチラシは救命ピクニックのコンセプトに従い、「他のチラシと合わせて使わない」「ポスティングなどではなく、直接心を込めて手渡す」という点についてお守り頂くようお願いします。

QRコード読んだ先のサイト 「論より根拠」

なおチラシは印刷会社から直送を想定しています。納期日数によって費用が変わりますが、少しでも多くの人に届けられるよう、最安単価で手配しますので、余裕を持ってご依頼ください。また、急ぎの場合はこちらの在庫を着払いで発送することも可能です。※在庫はあまり多くは用意していませんので、ない場合は対応できません。

・その他活動諸経費

にあてさせて頂きます。皆様のお気持ちに心より感謝いたします。
日本中にチラシを行き届かせて子どもたちを守るためご協力をお願い致します。

■ 団体(代表)プロフィール

コロナ・ワクチン市民フォーラム

https://www.facebook.com/groups/318694913574138

代表 中村

関西で3月18日時点で180人あまりのチラシ配りグループを作っています。毎日誰かがどこかで活動してくれています。このようなグループを全国でもできれば、またお金の心配なく活動頂きたいと思い、署名&募金活動を立ち上げました。

twitter: https://twitter.com/merry3627

Facebook:  https://www.facebook.com/tetsuya.nakamura.165


■ 協賛団体等(敬称略)

全国有志医師の会

大阪ーコロナ問題を考える会

リトルレボリューション

特定非営利活動法人Zen

Hummingbird Project

日本の次世代を守る会(虹の会)

子どものマスクを考える会

みたからチャンネル遊宙部 

コロナワクチン被害者駆け込み寺

兵庫ーコロナ問題を考える会

滋賀スターの会

・おむすび_京都

日本の宝を守る会

日本と子供の未来を考える会(にこみ会)

市民メディア「ボーダーライン」

愛知子どもの幸せを考える会

まあるい地球をつくる会千葉

子供の命と人権を守る会

コロナ前の暮らしを取り戻そう!市民の会

全国有志建築家の会


ご協賛頂ける団体様ございましたらご一報頂けますと幸いです。


■ 詳しい説明

1)マスク等の対策の根拠について

2)マスクの害について

3)消毒のリスクについて

4)身体的距離を取ることについて

5)新型コロナのリスクについて

6)休校等の措置について

7)法的に問題のある点について

について説明します。


1)マスク等の対策の根拠について

文部科学省の衛生マニュアルはこちらです。

https://www.mext.go.jp/content/20211210-mxt_kouhou01-000004520_2.pdf

https://www.mext.go.jp/content/20211210-mxt_kouhou01-000004520_3.pdf

対策としては主に

◯身体的距離を確保する(できるだけ2m、すくなくとも1m)

◯マスク着用

◯手洗いや消毒

◯換気

◯感染が起こった場合の休校等の対策指針

といった内容です。しかし、これらの対策の科学的根拠を問い合わせると、根拠について明確な返答はありません


一部抜粋:行政文書不開示決定通知書 

1 学校における新型コロナウィルス感染症に関する衛生管理マニュアル第2章に、基本的な対策について「手洗いや咳エチケット、換気といった基本的な感染症対策に加え、感染拡大リスクが高い『3つの密』を避ける、身体的距離を確保するといった感染症対策を徹底することが必要です」と記載されていますが、この対策が新型コロナウィルス感染防止及び拡大防止に効果があるという科学的根拠、論文等を提示してください。

2 当省は、ご請求の内容を立証する立場になく、該当する文書を保有していないことから、不開示としました。なお、衛生マニュアルの作成・改訂に当たっては、内閣官房や厚生労働省等、他省庁が公表する資料等を参照しておりますこと、申し添えます。


また、黙食についても同様の回答です。


一部抜粋:行政文書不開示決定通知書

1,学校における衛生マニュアル第3章 具体的な活動場面ごとの感染症予防対策について、給食等の食事をとる場面(55ページ)「また、児童生徒等食事の前後の手洗いを徹底してください。会食に当たっては飛沫を飛ばさないよう、例えば、机を向かい合わせにしない、大声での会話を控えるなどの対応を工夫してください。食事後の歓談時には必ずマスクを着用します。(中略)」と記載されていますが、この対策が新型コロナウィルスの感染防止及び、拡大防止に効果が有るという科学的根拠、論文等を提示してください。

→上記とまったく同様の回答です。


以前にも文部科学省ではマスクに感染を防ぐ証拠について証明できる文書はないと回答しています。


一部抜粋:行政文書不開示決定通知書

衛生マニュアルにおいて国立感染症研究所より、新型コロナウィルス対策として、マスクの着用が推奨されているが、マスクの着用が新型コロナウィルス拡大防止効果があるという、科学的根拠、論文等を提示してください。

→まったく同様の回答です。


国立感染症研究所もマスクが感染を防ぐ証拠は持ち合わせいないと回答しています。

一部抜粋:行政文書不開示決定通知書

1、不開示決定した行政文書の名称

 1 新型コロナウィルスの存在を証明する科学的根拠、論文等

 2 PCR陽性判定の無症状者が、他者に新型コロナウィルスを感染させるという科学的根拠、論文等

 3 マスクの着用が新型コロナウィルスの感染防止に効果があるという科学的根拠、論文等

 中略

2,不開示とした理由

開示請求に係る行政文書を保有していなかったため


回答文中に「作成にあたっては内閣官房や厚生労働省の資料を参照している」とありますが、例えば内閣府・厚生労働省の出しているこちらの文書(https://www.mhlw.go.jp/content/11920000/000897988.pdf)では、

◯発育状況等からマスクの着用が無理なく可能と判断される子どもについては、可能な範囲で、一時的に、マスク着用を奨める。

◯マスクを着用する場合には、息苦しくないか、嘔吐していないかなどの子どもの体調変化に十分注意するほか、本人の調子が悪い場合などは無理して着用させる必要はないこと。さらに、一律に着用を求めたり、子どもや保護者の意図に反して実質的に無理強いすることにならないようにすること

などとなっていて、決して常時マスク着用などは推奨していません。 厚生労働省のホームページでも咳エチケットや症状のある人のマスク着用は推奨していますが、「症状のない方もマスクを常時着用すべき」という旨の記載はありません

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00094.html


アメリカCDCはインフルエンザの感染について、マスク着用群と非着用群での比較試験(もっとも科学的信頼性の高いメタ解析論文)で有意な差はないとしています。https://wwwnc.cdc.gov/eid/article/26/5/19-0994_article#tnF2

デンマークでもメタ解析の次に信頼性の高いRCTランダム化比較試験でも、マスク着用に有意な差はない、むしろ感染が増えるという結果が出ています。https://note.com/jinniishii/n/n98735cd0778d

【参考動画】 エビデンスレベルの解説や感染者の97.6%はマスク着用者

https://bit.ly/3wqUZaA

これらの論文を持ち出すまでもなく、第◯派が来るたびに繰り返す感染者数の増減と、マスク着用率(ほぼ100%で一定)に全く相関関係がないことを見ればマスクに意味のないことは明らかです。

にもかかわらず学校ではマスクの常時着用が常識化しているのが現状です。一体なにを参照して常時マスク着用が行われているのでしょうか?

そもそも国立感染症研究所の回答にもある通り、新型コロナウィルスはその存在すら明確に証明されていません。そのようなものを過度に恐れ、対策に励むのはもはや科学でなく、まじないや宗教の類の行為です。そのような「新型コロナ教」ともいうべき教育を公共の学校で行うことは憲法20条第3項、及び教育基本法15条2項の宗教教育に違反する行為であると言えます。

参考)コロナウィルスの証拠は見つけていないとする機関

 日本)https://prettyworld.muragon.com/entry/24.html

 海外)https://prettyworld.muragon.com/entry/18.html


そのような宗教的で非科学的、非論理的、非合理的な理由でマスクを着用し、授業にも制限が掛ることで本来学ぶべき事を学べない事は、子供たちの教育を受ける権利を侵害していると言わざるを得ません。直接的、間接的に影響を与えている衛生ガイドラインを廃止し、コロナ騒動前の日常を取り戻す事が重要です。


2)マスクの害について

衛生ガイドラインでは、「学校教育活動においては、児童生徒等及び教職員は、身体的距離が十分とれないときはマスクを着用するべきと考えられます」とありますが、その根拠は示されていません。

1)で述べたように、マスクに感染を防ぐ科学的な根拠はありません。有意義な効果がないばかりか、呼吸中の酸素が減少し二酸化炭素が増加することによる健康への悪影響は多数指摘されています。

1,様々な身体的影響

ドイツでの研究によると、マスクの着用により、身体、行動、学習、情緒のすべてにわたって非常に多彩な障害(副作用)が起こっていることが認められました。

頭痛(53.3%)
集中力低下(49.5%)
不快感(42.1%)
学習障害(38.0%)
眠気・疲れ(36.5%)
圧迫感(35.6%)
呼吸苦(29.7%)
めまい(26.4%)
イライラ・過敏性(60.4%)
幸せに感じる子どもの減少(49.3%)
園や学校に行きたくない(40.4%)
落ち着きない(29.2%)
睡眠不良(31.1%)
不安の発症(25.3%)

にきび、発疹、アレルギーなど悪化した皮膚症状 269件
鼻血 151件
通学不安/学校の不快感 122件
発汗の増加 64件
耳の後ろの圧迫点と傷 52件
唇の痛みやひび割れ 46件
片頭痛発作の増加 31件
視力障害 23件
口内炎 13件

などとなっています。

研究データ(英語)

日本語(本間医師)

https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2909759639349036

◯2021年2月に高槻市で小学校5年生の児童が体育のランニング中に死亡する事案がありました。これは二酸化炭素増加による高炭酸ガス血症である可能性があります。体育中に限らず、マスクしている限りこのリスクはつきまといます。


高槻の件も2月に起こっています。暑い時期は熱中症を避けるためにマスクを外す、というだけでは不十分であることが分かります。

◯マスクの締め付けよって顎関節症が、コロナ前の5倍に増加している。うつ病などの原因になることもあるそうです。

https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000243647.html


2,知能の低下・脳への影響

外出や人とのふれあいが減ること、マスクで酸素が足らなくなることや、相手の顔が見えないことで子どもたちの知能や脳の発達に影響が出ています。乳児期では、赤ちゃんは大人の口元の動きも見て言葉を覚えますが、マスクで見えないため言葉が出てくるのが遅いなど言語能力の発達に影響が出ています。

◯医療現場のお医者さんの声

乳児健診をしていて思うこと。最近、言葉の発達が遅くなってきてる。言葉がなかなか出てこない… 言葉が増えていかない… なんでかって?マスクをしてるから、大人の口の動きが分からないから!

https://amba.to/3IM984G


◯保育士さんの声 保育士のマスク着用で、乳児クラスに何らかの変化を感じている人は約65%にのぼり、一番多い変化は「乳児の反応が乏しくなった」63%とのことです。

比治山大学短期大学幼児教育科 七木田方美教授: 目も見ながら脳を育てているので、外のいろいろなものを見ながら見る力を育てていく。耳もそうで、脳が育っていって、ようやく小学校になってお勉強ができる体が整うという、そういう時期なので。外に出られないとか、マスクをかけたママや先生たちがお話をして、どこから話しているのか分からないとか、そうした状況の中で発達に影響は確実にあると思います。」

https://www.fnn.jp/articles/-/211581


◯2021年8月、ブラウン大学の研究チームが米東部ロードアイランド州で行った調査によると、新型コロナ拡大後に生まれた幼児は、それ以前に生まれた幼児よりも、知能指数(IQ)が顕著に低下しているという。

https://www.jiji.com/jc/v4?id=2110myowa0001

◯京都大学大学院の明和政子教授は「誰もがマスクをしている今、子どもたちは“まねる”対象としての“顔”を経験する機会が減っています。マスク生活が今後いっそう日常化すると、パンデミック以前に育った世代が当たり前のように身につけてきた喜怒哀楽を理解すること、相手と感情を共有することが難しくなる可能性は否定できません」と指摘しています。

https://diamond.jp/articles/-/284634

◯ドイツの神経学者マーガレット・グリーズブリッソン博士は、酸素欠乏は永久的な神経障害を引き起こし、脳への不可逆的な(=取り返しようのない)影響を与えると警告しています。

「幼児や思春期の子供にとって、マスクは絶対に禁物です。子供たちは、非常に活発で適応性の高い免疫システムを持っており、地球の微生物との絶え間ない相互作用を必要としています。彼らの脳もまた、学ぶべきことがたくさんあるため、信じられないほど活発に活動しています。子供の脳、つまり若者の脳は酸素を渇望しています。新陳代謝が活発な器官であればあるほど、より多くの酸素を必要とします。子供や青年では、すべての臓器が代謝的に活動的です。

子供や思春期の脳から酸素を奪ったり、何らかの方法で制限したりすることは、健康を害するだけでなく、絶対に犯罪です。酸素欠乏は脳の発達を阻害し、その結果として生じたダメージは元に戻すことができません。」

神経変性疾患は、発症するまでに数年から数十年かかることがわかっています。10年後に認知症が指数関数的に増加し、若い世代が神が与えた潜在能力を発揮できなかった時、「マスクはいらなかった」と言っても仕方がないでしょう。

https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/afa5c793b8c553718ad5ca15bda5127c

https://life-protect.info/823/

◯女性セブン 令和4年2月10日号で、脳神経外科医の嶋田裕記さんも「脳の活動に酸素は重要であり、意識が混迷するような状態が続くと、脳細胞が死滅していきます。脳細胞は回復が難しいので、将来にわたって影響が残ることになります」と述べています。


子供たちの健やかな成長に、マスクは悪影響でしかありません。


3,免疫力の低下・病気のリスクアップ

マスクをすることで口呼吸になり、口腔トラブルが増加し、免疫力が低下することが指摘されています。

少々読みにくいので要約を記載しておきます。

◯マスクの影響で唾液が減少→口腔トラブル増加→特に歯周病菌は免疫力を下げる→感染症に掛かりやすくなる、ということです。

他の医師のコメントも紹介します。

・帯津良一医師「マスクは新型コロナに対抗するための免疫力を低下させます。それは免疫力の源泉が呼吸にあるからです。その呼吸で大事なのは、息をしっかり吐き切ることです。マスクをしていては、どうしても呼吸が浅くなってしまいます。マスクをすればするほど、免疫力を低下させて自分を新型コロナに感染しやすくしているという矛盾を理解してほしいと思います。」

・金城信雄医師「マスクをして会話をすることで微生物の受け渡しができずに免疫を上げることが妨げられ、余計に感染しやすい身体になってしまいます。子供たちにマスクをさせているのは馬鹿げている。」

・伊達伯欣医師「症状がない限り、マスクをしても意味がない。マスクで息苦しくなると肺炎のリスクが高まります。」


また、マスクの中はウィルス・細菌にとって適度な湿気と温度が保たれており、長時間同じマスクを着用し続けることは非常に不衛生です。


使用前と使用約8時間後のマスクの付着菌を培養し比較

参考URL)https://news.mynavi.jp/article/20161206-a296/


参考)使用後のマスクのばい菌の量

トイレの便座より、階段の手摺より、会社の床よりも汚いマスクを付ける意味は何でしょうか?


参考)マスクをしなければ空気中で3時間で死滅するウィルスですが、マスク内では7日間も残存するとのことです。



マスクをすることで細菌性肺炎が増えていることが指摘されています。マスクの衛生状態を考えれば当たり前の話です。

https://ameblo.jp/informotives/entry-12635244972.html


マスクをすると自分の吐いた息を再度吸う事になるので空気中の酸素濃度が下がり、二酸化炭素濃度が上がります。当然のことですが、小学生が実験で確認してくれています。



肺炎だけでなく、酸素濃度が下がり、二酸化炭素が増えて身体が酸性に傾くことで癌や様々な病気の発生につながる事が指摘されています。

酸素が少ない

ミトコンドリア(発電所)がATPを作れなくなる

酸素が必要ない解糖系に依存(焚き木)

少ないATPしか作れない

不健康・万病の元・老化促進


詳しくは→ https://mitasu.me/mask/

一部引用:「人間が、動いたり、考えたり、はたまた恋をしたりすることができるのは、ひとえにエネルギーがあるからだ。そのエネルギーをつくっているのが、「ミトコンドリア」と呼ばれる細胞内小器官である。ミトコンドリアが故障する(ATPを作れなくなる)原因はいくつもありますが、酸素が不足しても故障します。したがって酸素欠乏になるとミトコンドリアが不足し、がんなどの病気になるリスクが上がります。」


「マスク頭痛」を訴える人が増えているとNHKも報じています。

https://www.nhk.or.jp/kenko/atc_1340.html

酸素濃度の低下と症状の関係です。マスク頭痛は酸素濃度が低下している証拠です。短期的には頭痛でもこの状態が続けば上記のように癌などの病気の原因になることは充分考えられます。

参考)https://life-protect.info/237/


4,マスクに含まれる有害物質を吸引している

マスクは不織布マスクが推奨されていますが、ドイツ、ハンブルク環境研究所所長マイケル・ブラウンガルト教授は「繊維製及び不識布製のサージカルマスクを長時間着用すると潜在的に発ガン性物質やアレルゲン・微小な合成マイクロファイバーを肺の奥深くに吸い込む危険性がある」と述べています。

繊維化学者のディーター・セドラック博士は有害なフルオロカーボン、ホルムアルデヒド、その他の発ガン性物質の濃度がサージカルフェイスマスクの着用で上昇していることを発見しました。前出のドイツのブラウンガルト教授と、同様の懸念を抱いていると発言しています。長期的なマスク着用による潜在的な化学物質からのリスクは新型コロナウィルスの感染リスクよりも高いのではないかと疑問を呈しています。

参考)https://mbp-japan.com/hiroshima/genki-kaifukudo/column/5084564/

不織布マスク以外のほとんどの種類のマスクで、マスクによって吸入が遮られる環境中のマイクロプラスチックより、マスク由来のマイクロプラスチックを吸い込む方が量が多いのだそうです。


以上のように、マスクには子供達にとって百害あって一利ないものです。健康な子供にマスクをさせることは虐待だと言わざるを得ません。


3)消毒のリスクについて

衛生ガイドラインでは、「手指用の消毒液は、流水での手洗いができない際に、補助的に用いられるもの」と記載されていますが、実際には流水での手洗いができる場合でも行われていたり、授業時間ごとに消毒を行っているケースがあります。消毒にせよ、石鹸での手洗いにせよ、やりすぎると手のバリアの役割をしている常在菌も排除してしまい、返ってリスクを高めてしまうことになります。これは高校の生物で習うごく常識的な事です。




・本間医師「通常の日常生活ではなるべく不自然なことをせずに、粘膜や環境の防御が大切であると考えています。つまり、手洗いも消毒も必要最小限にとどめています。 

◉外出先から帰宅したとき。

◉食事をつくる前や食べる前。

◉トイレのあと。

◉あきらかに汚れた場合……など

これはコロナが流行する前とあまり変わらない、と思われる方もいるかもしれませんが、それでいいのです。また、ドアノブなどの消毒も普段は行っていません。健康な人は心配しすぎないことが大切なのです。」

https://mi-mollet.com/articles/-/23726?per_page=1

・金城信雄医師

「人間は皮脂を出して皮膚を保護、保湿していますが、更に皮膚常在菌の作用で弱酸性にして2重のバリアで病原体から守っています。しかし石鹸、アルコールを使うと、この2重のバリアが剥がれてしまって病原体に弱い状態になってしまい、使い過ぎる事で手が荒れ、逆に病原体の温床になる可能性があります。皮脂は水をはじきますし、病原体の数を感染しない程度に減らすだけで良いですので、通常は水洗いだけで十分で、石鹸やアルコールは明らかに汚染された物を触った時だけで構いません。」

https://bit.ly/3IwkM3I

・手の洗いすぎなどで肌が荒れてしまうと、荒れてない手では検出されない黄色ブドウ球菌が検出されたという研究もあります。

https://lidea.today/articles/423


このように、過剰な手洗い・消毒は逆に免疫を下げさまざまな病気のリスクを上げてしまいます。今まで通りの頻度の手洗いで充分です。自然界には無数の菌、細菌、ウィルスに溢れています。特定のものを排除しようとすることなど不可能です。生きることはそれらの菌類と共生共存していくことなのです。


4)身体的距離を取ることについて

衛生ガイドラインでは下記の表のように、警戒レベルに応じて身体距離を取ることとしています。しかし、1、で記述したとおりこれに対し科学的な根拠は皆無です。1、2m離れたから安全という証拠も離れなかったら危険だという証拠もありません。あくまで対策している雰囲気を出すことが目的となっています。当然雰囲気だけで効果があるはずはありません。まったく無駄無意味です。


このような健康な児童同士で身体的な距離を取るという対策は、「無症状感染者」が感染を広げるという誤った前提があるためです。実際には「無症状感染は証明されていない」のです。PCR検査で陽性になったとしても、だからと言って感染性があるということではないと参議院で担当者が回答しています。



現在、マスコミの報道は陽性者を感染者として報道しています。しかし、実際には陽性者と感染者はまったく別物です。本来、検査は症状ありきで原因をはっきりさせるために行うべきものです。


なお、無症状者からの感染があったかについては、「台湾論文」と「武漢論文」という論文があります。台湾論文では無症状者からの感染があったという可能性は0.4%、武漢論文では0%となっています。

・台湾論文

https://jamanetwork.com/journals/jamainternalmedicine/fullarticle/2765641?resultClick=1

・武漢論文について、荒川央氏の解説ブログ

https://ameblo.jp/neroli-09/entry-12693589687.html


従来インフルエンザも健康な人にやみくもに検査をするようなことはしていませんでした。なぜか今回の新型コロナ騒動では、健康な人にも検査を行い、陽性が出たら感染者として隔離するような、おかしなことが平然と行われています。隔離が必要なのは「発症者」のみで充分です。PCR検査が新型コロナウィルスを検出しているかは1,で述べたように、新型コロナウィルス自体の存在がはっきりしないのですからそのような証拠があるはずがありません。


このように、健康な子どもたちが身体的な距離を取ることには何の根拠も意味もありません。逆に、触れ合い、スキンシップを取ることによる心身への影響は成長期の子どもたちにとても重要です。

参考) https://1percentage-a-day-improve.com/physical-contact/

一部抜粋:

私達は、無意識に好きなものには触れたい欲求があります。異性はもちろん、親しい友人、親子、動物など。なんで好きなモノには触れたくなるのかというと、オキシトシンが放出されるからにほかなりません。別名『幸せホルモン』なんて言われていますね。ドーパミンとの瞬間的な幸せ感とは違って、じっくりコトコト煮込んだスープのように続く?タイプの脳内伝達物質なんですよね。オキシトシンを分泌されるはいくつかあるなかで、スキンシップがあるのです。

【オキシトシンの効能】

・幸せな気分になる

・脳・心が癒やされる

・他者への信頼の気持ちが増す

・学習意欲と記憶力向上

感染症予防にもつながる

とのことです。

また、こちらのサイト https://toyokeizai.net/articles/-/193217?page=2 でも、

「スキンシップは単なるジェスチャーの一種ということではなく、人体に与える健康効果、心理的効果という意味では、人間にとってなくてはならない行為である。多くの研究者がその効用について検証しているが、スキンシップは人間関係に数多くのポジティブな影響をもたらすといわれている。たとえば、暴力的行為を減らす、信頼の醸成、強いチームワーク、疾病の減少と免疫力の向上、学習力の向上、健康増進など、その効果は絶大だ。米国の調査では、ハグをする人は風邪などにかかりにくくなり、かかったとしても治りやすい、ストレス耐性が増すという結果だった。」としっかりとした根拠を基に述べています。

根拠のない距離を取る対策より、先生と児童、友達同士でのスキンシップをたくさん取ったほうがよっぽど健康的ではないでしょうか。


5)新型コロナのリスクについて

新型コロナウィルス感染症は前述の通り、存在自体や検査にも大きな疑問がありますが、仮にあったとしてもそれはこどもたちにとってそれほどリスクの高いものなのでしょうか?厚生労働省は発表の令和4年3月1日時点のデータをみてみます。

10代での数字では、重症者は2人です。これは10代の人口約562万人に対し0.000035%という数字です。入院を必要とする症状で0.5%です。

https://www.mhlw.go.jp/content/10906000/000906140.pdf


死亡者数データでは、新型コロナ発生からの累計で10代で7人、10歳未満では0人となっています。10代で陽性判定された62万人に対し致死率は0.001%となっています。

10代で死亡したとされる事例のうち、いくつかは本当に新型コロナが要因であるとは言えないであろうものがあります。

1)大阪で死亡例 基礎疾患があり、新型コロナ陽性だったから新型コロナ死とされている可能性あり。

https://www.tokyo-np.co.jp/article/129679

2)横浜の10代女性 元から慢性の肺疾患あり

https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000229714.html

3)東京の10代男性、事故で死亡後陽性判定

「10代の男性は事故で死亡しましたが、死亡後の検査で、感染が判明しました。」

https://news.ntv.co.jp/category/society/be14a32ccfa546e4a524c242714942a2

4)三重県の10代男性、基礎疾患で死亡前に検査で陽性判定

「集計上コロナ死亡例として報告」

https://www.nagoyatv.com/news/?id=010829

このように新型コロナはこどもたちにとってリスクの高い感染症だということはできません。従来、インフルエンザなどでは比較にならない感染者数や死者数が出ていますが、新型コロナのような厳重な対策は取ってきたでしょうか?インフルエンザでは特に何もせず、新型コロナではここまでする理由は一体なんでしょうか。宗教的、感情論的な説明しかできないでしょう。論理的な説明をすることは不可能です。



インフルエンザは新型コロナのように症状が出る前に検査をするなどしていませんでした。「発症者」が週に200万人を超えるレベルで出ていましたが、全員マスクして距離を取って、などしていません。医療崩壊も起こしていません。対して新型コロナは2年間以上の「累計」で483万人の、単なる「陽性者」(=無症状者=普通に健康な人含む)です。


6)休校等の措置について

衛生ガイドラインの60ページ以降に学校の臨時休業などの対応について書かれていますが、判断基準もはっきりせず学校側の負担が大きいものとなっています。

「学校設置者は感染拡大前から衛生主管部と連携し状況を把握し、教育委員会や保健所と情報共有し」「感染が判明した場合には連携し、次亜塩素酸ナトリウム消毒液などで消毒を行い(「専門業者を使わなくてもいい」→教職員で対応)」、感染者が発生した場合には「保健所や教育委員会や学校医と相談し判断する。」「保健所の濃厚接触者の特定に協力する。」と実作業も判断の責任も学校側に負担を強いています。

その一方で「臨時休業する場合であっても児童生徒等の学びを保証する観点から分散登校を設ける」など工夫する、「登校出来ない児童生徒にはウェブ会議システム、ICTでの学習指導を行い、登校日の設定、家庭訪問の実施、電話メールで状況把握をきめ細かく行う」ことなどを求めています。

結果的に万が一蔓延することを恐れ、多くの学校が休校などの措置を取っています。1月26日時点では学級閉鎖や学年閉鎖は全体の13%に当たる4727校で、休業措置をとった学校は全体の6分の1に当たる5841校に上ったとのことです。https://www3.nhk.or.jp/news/special/coronavirus/atschool/detail/detail_38.html

また細かな修正、追加の内容も多く、現場では都度内容確認、対応方法の変更などが必要になります。3月17日には「自治体判断で必ずしも濃厚接触者の特定、行動制限は行う必要なし」と対策を緩和する内容がある一方、「引き続き、学校の臨時休業については、現に学校内で感染が広がっている可能性に対して、児童生徒等の学びの保障の観点等に留意しつつ、まずは感染者が所属する学級の閉鎖を検討するなど、必要な範囲、期間において機動的に対応を行うことが重要です。」(https://www.mext.go.jp/content/20220317-mxt_kouhou01-000004520_05.pdf)とあり、また、同日の別の資料では「学校等については、児童生徒等や学生の学びの継続の観点等から、「学校にお ける新型コロナウイルス感染症に関する衛生管理マニュアル」等を踏まえ、事業継続を要請する。」(https://www.mext.go.jp/content/20220317-mxt_kouhou01-000004520_02.pdf)    、が、「特に感染リスクが高い教育活動については、 同マニュアル上のレベルにとらわれず、基本的には実施を控える」https://www.mext.go.jp/content/20220317-mxt_kouhou01-000004520_04.pdfなど、継続を要請しつつ対策を強化する内容もあるなど相変わらず現場に責任と負担を強いるちぐはぐなものとなっています。

言うまでもなくこれらの対策も特に科学的根拠もありません。感染症対策と学習指導の両立が大事であることは当然ではありますが、対応の判断から実務まで現場への負担は相当なものです。理想論ではなく、科学的客観的な視点から現実を踏まえ、学校現場での負担を減らす決断こそ国の省庁の役割ではないでしょうか。


7)法的に問題のある点について

現在の教育現場では新型コロナ対策に関して多くの法的な問題点があると言わざるを得ません。

1,憲法20条3項、及び教育基本法違反

まず前述の通り、科学的な根拠も乏しく、リスクもインフルエンザなど他の感染症と比較しても高いとは言えない新型コロナウィルスに対し、根拠も合理性もなくマスク着用や身体的距離を取るという対策は、まさに悪霊の祟りからおまじないをして災いを逃れようというような宗教的な儀式であると言えます。これは憲法20条3項、及び教育基本法15条2項の公共の学校が特定の宗教のための宗教教育、宗教活動を行うことを禁じている内容に抵触します。


2,憲法19条違反

マスク着用や身体的距離を取ることに科学的根拠がなければ、マスク着用等の対策をすべきという主張は一つの思想信条に過ぎず、その押し付けは憲法に保障された国民の思想良心の自由を侵害している可能性があります。

憲法第19条 思想及び良心の自由は、これを侵してはならない。


3,刑法193条、222条、223条違反

法的な義務のないマスク着用や消毒を、感染症対策としてあくまで任意の「お願い」をする分には問題ありませんが、拒否する児童生徒に強制したり、従わない場合の不利益を提示して誘導するようなことは明確に法令に違反しいます。

刑法193条「公務員がその職権を濫用して、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害したときは、二年以下の懲役又は禁錮に処する。」

刑法222条「生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、2年以下の懲役又は30万円以下の罰金に処する。 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者も、前項と同様とする。

刑法223条「生命、身体、自由、名誉若しくは財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、又は暴行を用いて、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者は、3年以下の懲役に処する。」

衛生ガイドラインはあくまで指針であり、法的拘束力のないものだというのは文科省や各地教育委員会も認めていることであり、法令が優先であるため、決して強制させられることはあってはいけないものです。


4,児童福祉法違反

感染を防ぐ効果もなく、健康への害があきらかなマスクを着用させることや、その他様々な対策により心身の健全な教育の機会を奪うことは児童福祉法の大前提と言える第1~3条に違反しています。

第1条~3条抜粋:全て児童は、児童の権利に関する条約の精神にのつとり、適切に養育されること、その心身の健やかな成長及び発達並びにその自立が図られることその他の福祉を等しく保障される権利を有する。

国及び地方公共団体は、児童の保護者とともに、児童を心身ともに健やかに育成する責任を負う。前二条に規定するところは、児童の福祉を保障するための原理であり、この原理は、すべて児童に関する法令の施行にあたつて、常に尊重されなければならない。


5,薬機法66条違反

教師などが児童・生徒に対し、「感染を防ぐためにマスクを着用するように。」と指導することは、「医療機器」ではない「雑品」扱いであるマスクに過大な効果があると流布するものであり、薬機法違反にあたります。

薬機法66条  何人も、医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器又は再生医療等製品の名称、製造方法、効能、効果又は性能に関して、明示的であると暗示的であるとを問わず、虚偽又は誇大な記事を広告し、記述し、又は流布してはならない。」とあり、販売に際しての説明のみならず、教師といえどそのような説明をしては法に抵触します。


6,刑事訴訟法239条、地方公務員法29条違反

今まで指摘してきたように、衛生ガイドラインの新型コロナ対策は科学的な根拠に乏しく、対策を行うことに合理性は見いだせません。科学的、客観的、論理的に合理的な説明ができないのであれば、様々な法令に違反している状態であるということになります。

法的に違反する状態であるのならば、刑事訴訟法239条2項にあるように、告発をして是正を図る事が公務員の義務であり、その義務を怠るのであれば地方公務員法29条2項にあるように処分を受けて然るべきです。


【最後に】

今回の署名では衛生ガイドラインについて説明しました。マスクや黙食などの対策だけでなく、子供のワクチンについても非常に大きな問題です。頂きましたエールはワクチン阻止のためにも活用させて頂きます。子供のワクチンについて詳しくは、こどもコロナプラットフォームと市民メディア「ボーダーライン」様の動画をご覧頂ければと思います。

◯こどもコロナプラットフォーム

https://www.kodomocorona.com/

市民メディア「ボーダーライン」様の動画

https://www.youtube.com/watch?v=VHKxPhgw3po&t=27s


学校とは学問の場であるはずです。学問とは疑問を持ち、調べ、考え、議論していく事です。学問を教えるべき教師や教育委員会関係者が何も考えずに衛生マニュアルに従うだけでは本当の教師と言えるでしょうか。非合理的な対策に疑問を持ち、調べ、子どもたちのために声を上げる真の教育者がたくさんいてくれることを願っています。


新型コロナ騒動は大人たちの利害関係や責任など政治的な要因が大きく絡んでいます。大人の事情に関係のない子供たちを巻き込んではいけません。大人の責任で子供たちに悪影響を及ぼしているなら、大人の責任でその状況を打開していくことが必要ではないでしょうか。おかしいことにはおかしいと一人ひとりが声を上げ、国の政策をも動かしていきましょう!

この状況を、みなさんは子供たちにどう説明できますか?

◯大人たちはマラソンを密集&ノーマスクでできるのに


◯リレーは妙に長いバトンを使わされ


◯「組まない」組体操をさせられ


◯選挙で当選した大人はばんざーいと盛り上がれるのに


(2022年3月14日石川県知事選)

◯こどもたちは心の中で歌うだけ


◯大人は海外に行ってノーマスクでお話できるのに


(2022年3月25日 G7にて岸田首相)

◯こどもはオンライン修学旅行をさせられる

◯流しそうめんは見るだけのものと教わり


◯給食は誰と話すこともなく食べるだけ

◯似顔絵もマスク付き



滋賀県で行われたアンケートでは子供たちの70%が、行事が減って寂しいと回答しています。



こどもたちの、何気ない日常を取り戻すため、ご協力をお願いします。


新着報告

2022/04/25
署名1000名超えました☆

署名数1000名突破しました。

署名頂きましたみなさん、エールを頂きましたみなさん、誠にありがとうございます。

最低1万集めて文科省に出したいと思いますのでまだまだですが

これからももっと集められるようがんばります。

引き続き拡散などご協力宜しくお願いします。

おかげさまでチラシの提供も再開しております。

配って頂ける方はどうぞご依頼ください。

宜しくお願い致します。


2022/04/08
チラシのご依頼5万枚突破しました☆ エールのお願い🙏

お陰様でチラシのご依頼が累計5万枚を超えてきました。

たくさんのご依頼、配布活動ありがとうございます。

現状エールの額よりもチラシ費用が大幅に上回ってしまっています。

(チラシは概ね1枚2.5円程度)

そのため残念ながら一旦チラシの受付を停止致します。

エールが集まり次第また再開しますので、多くの方にチラシを提供できるよう、

ご協力をお願い申し上げます。



2022/04/02
たくさんの団体様にご賛同頂きました。

署名活動にたくさんの様々な団体様からご賛同頂きました。

4月2日現在、本署名サイト中で日本と子供の未来を考える会様までご賛同頂き掲載させていただきました。

これからもご賛同頂ける団体、議員様、お医者様、弁護士様などいらっしゃいましたらお願い致します。


メッセージ

2022/05/17
片山 幸子
バカバカしいマニュアルを一刻も早く廃止して、子ども達を守りましょう!

2022/05/17
木本千景
小1の子どもが居ます。保育園ではさほどでもなかったマスクの着用ですが、今は1日中体育の時もつけている様です。コロナにかかる事より、この成長期の最中に酸素の薄い状態が長時間続く事の心配の方が大きいです。ワクチンも絶対にいりません。

2022/05/17
大峠百代
激しく賛同致します。子供の今を大切にしたい。笑顔を隠さないで欲しい!

2022/05/16
古谷花佳
活動ありがとうございます!子供達の健康を守るためマスクは不必要にしたいです!

2022/05/16
池原淳子
子供達を、健全な大人が守りましょう!

2022/05/16
野口美幸
同調圧力や強制、言葉やイメージによる追い込み無く、子ども達に自由な選択肢を。

2022/05/16
褒田育代
マスクは虐待です! おとなから外すよう、意識が変わりますように!

2022/05/16
牛田佑佳
自分の事しか考えていない大人のせいで子どもが苦しい思いをしてるる。もうこんな大人の勝手に決めたルールで子どもが死ぬのは嫌だ。マスクなんかいらない!がんばろう!

2022/05/16
関川哲哉
学校で孫達がマスクを強いられ、体育の時間にまでマスクをかけさせられているという事を聞き、憤慨していました。 親は教頭先生に電話して抗議したのですが、聞き入れてもらえなかったようです。 マスクをかけて運動して死者も出ているというのに信じられません。 子供に害しかもたらさないマスクとワクチンをやめさせましょう。 応援しています。

2022/05/16
前田小百合
低酸素血症になり苦しい思いをしてる子たくさんいます。ノーマスクに賛成です。

2022/05/16
乾 健児
3児の父親です。子どもたちに1日でも早く楽しい未来を過ごしていただきたい想いです。 頑張ってください。

2022/05/16
佐藤 吉江
子どもたちが早く制約なく、健康で自由に走り回れますように。

2022/05/16
瀬村信博
未来ある子供達を守ろう!

2022/05/16
吉成夏子
科学的根拠のない感染症予防対策は、本当に無意味、有害だと思います。 声をあげ、活動して下さる事に感謝致します。

2022/05/16
横井 裕美
今すぐに無意味なマスク、黙食は辞めさせたいですね!!!

2022/05/16
埋ノ江恵
健康被害しかないマスク、ワクチンを 当たり前にしない世の中にして下さい

2022/05/16
井岡幸子
治験中であり、実験対象動物が全て死滅してしまった事実が隠されたワクチンの接種をこどもたちに強要することに強く反対の意を表明します。 また、マスクの強要も子どもたちの脳への酸素供給を阻害し、発達を阻害する危険性があり、また汚いマスクをする事で肺への危害が懸念されます。 この理由からマスクとワクチンの子どもたちへの教養に反対を表明させて頂きます。

2022/05/15
山道 かなえ
強く共感します!

2022/05/15
伊藤裕美子
子どものマスク反対です!

2022/05/15
渡辺珠紀
一日も早く子どもたちの笑顔が戻って欲しいです!

2022/05/15
千葉和彦
一日も早い撤廃を!

2022/05/15
須加 瑞樹
ご活動に賛同します。深く感謝いたします。 私も出来ることを出来る限り、最善を常に探し続けたいと思います。

2022/05/14
髙橋亜矢子
正しい情報をみんなに広まりますように!

2022/05/14
坂本 弘美
石鹸と流水で手を洗うだけでいいのです。元気に遊べ!

2022/05/14
鈴木敦
子供達の未来を守りましょう!

2022/05/14
佐藤秀一
がんばって!

2022/05/14
大内美佳
早く子供達を自由にしてあげたいです!

2022/05/14
小金丸文子
ワクチンを中止に追いやりましょう!

2022/05/14
平野恵里奈
マスクや黙食を強制させるのは強要罪にあたります。逮捕されるか、即刻廃止かの二択ですね。 マスクの強要、黙食させるのに反対です。

2022/05/14
井上喜一朗
一緒に共に未来の子供たちの為に。

2022/05/13
栗原 なつみ
こども達の明るい未来は大人が守ろう‼️

2022/05/13
和氣洋子
みんなでマスクをはずそう! いかに有害かを知ろう!

2022/05/13
佐藤 
賛同します。 共に頑張りましょう。

2022/05/13
土師眞紀
子供達に楽しい学校生活を!! 新鮮な空気を沢山息を吸って健康な身体を!!

2022/05/13
千神教弘
百害あって一利なしワクチン、マスクは要りません。大人がマスクを外さないと子ども達は外せません

2022/05/13
松本真一
海外でマスク不要に従いノーマスクだったのを取沙汰され、その腹いせ?を国民に向け意固地にマスクを強要し?参院選を視野に集団意識操作をしているのに振り回されていられないと思ってます! 子供達のために強く賛同します!

2022/05/13
南都 一
子どもたちに健全な教育環境を取り戻す活動に大賛成ですので 協力します。

2022/05/13
米田 桂子
酸素不足は子供の発達にかなり影響があります。 大人も酸素不足は認知症の危険があります。 マスクは本来病気の人がするもの。感染予防にはなりません。 子供も先生もマスクはいりません。コロナ前の対応に戻すべきです。

2022/05/13
中原友子
みんなで団結してこども達、私達を守りましょう。

2022/05/13
西 隆基
みんなでマスクをやめよう!

2022/05/13
杉園 寿里
一日も早く子どもに自由を!

2022/05/13
土屋 俊明
応援しています!参加します。

2022/05/13
石川幸美
多くの人が、この茶番に気づきますように!

2022/05/13
松見佐知子
ありがとうございます。

2022/05/13
和田 浩
このおかしな世の中を自分達の力で変えて行きましょう! 応援します。

2022/05/13
小田右子
子供のこころと身体の為に、出来る事をしていきたい。応援します。

2022/05/13
tomo
日本の生活を脅かす利己主義な政治活動にうんざりしている。 特に子供たちを蔑ろにして、良い未来なんてあるわけが無い。頑張ってください。

2022/05/13
酒井明子
もう一息です。 皆んなで頑張りましょう❗️

2022/05/13
松山光延
健康なら人目なんて気にせずマスクはずそう。

2022/05/13
合田智治
頑張ってください。

2022/05/13
谷田初美
マスクによる身体、精神的影響、人権問題、 今すぐに私たち大人が守らねばなりません。 人として大切な事を守りましょう。

2022/05/13
富澤桂子
多くの日本人が、子供達の為に、真剣に考え、行動を又は、意思表示出来る様に祈ります。

2022/05/13
寺町奈知
その通りです!

2022/05/13
岩崎久枝
暑い中マスクを強制して子供に苦痛をあたえるのは教育者として忍びないですね。 ぜひ一律のマニュアルを排して子供の現実に寄り添った感染対策を柔軟に行ってください❗

2022/05/13
阿部一弘
先生たち大人たちに子どもたちへのマスクは弊害のほうが大きい事を知ってもらいたい。 感染症対策にほとんど効果のないマスクを先生たち大人たち自ら外して子どもたちのお手本になってもらいたいです。

2022/05/12
高野由紀子
私は横浜市の教育委員会に直談判しに行きました。教育委員会はなんと、保護者が声をあげてほしいみたいなニュアンス。酷いです。 おかしなルールは撤廃してほしいです。

2022/05/12
武田孝一
大人の無知でこどもにマスクをさせるのは虐待ですもんね! この活動を心より応援してます!

2022/05/12
小林謙太
大人たちは昼も夜も談笑しながら食事しているのに、子どもにだけ監獄のような環境を強制していることが許せません。また、世間が「子どもが学校からウイルスを持ってくる」という風潮を広めて低年齢の子どもたちにワクチンを推奨する空気を作り出している政府やマスコミ怒りを覚えます。

2022/05/12
中田諭
日本の未来である子供たちを 無意味な対策による被害から解放させられるよう頑張りましょう!

2022/05/12
SOU MURAKAMI
子どもたちの将来を思うと今やっていることは何も利益にはならないと思います。 1日も早くこの騒ぎをやめさせなくてはならないと思っています。 こういう活動をされるのは勇気もいりますし、大変かと思いますが、応援しています。 私もできることを少しずつですが、やっています。

2022/05/12
丹羽ゆき
こどもたちへの過度な制限をなくし、自由に生活してほしいと思っています大人は自由にしているのに、こどもに制限をかけることに疑問を感じています。

2022/05/12
金子小夜子
頑張ってください!子どもたちの明るい未来のために!!

2022/05/12
藤井裕子
賛同します。

2022/05/12
水杉亜希
子供の未来のために!

2022/05/12
篠原 勇理
着用、非着用「別にどっちでもエエやん」って言う世の中になるようにしていきましょう‼️

2022/05/12
山浦真弓
この度は署名活動本当にありがとうございます。2年以上に及ぶ子どもたちのマスク生活での心身への影響を本当に心配しています。一刻も早くこの過剰な対策が廃止されることを心より願い、応援します!

2022/05/12
上原明日弓
子どもたちをマスク、ワクチンから守りたいです

2022/05/12
上原将
早くマスクが外せれる日本になりますよう頑張ってください

2022/05/11
井ノ上りえ
ワクチンもマスクも、必要ありません。 大人にも。子どもなら、なおさらです。 もう、いい加減にしませんか? それが今一番の気持ちです。

2022/05/11
大森 謙
根拠なき強制は犯罪。 子供の自由を守りましょう。

2022/05/11
吉田みら
国あげての虐待だと思ってます。 皆で声を上げて子ども達を、自分達を、守りましょう!

2022/05/11
長友英明
ワクチン、マスク😷なんか必要なし!まして子どもにはぜんぜん必要なし!マスクの菌で逆に体調を崩したり酸素不足も生じる。そもそも証明すらされて無い新型コロナ…何のワクチンですか?何の為のマスクですか?あなた方は子どもたちを殺したいんですか?マスクを付けさせて虐待と同じ事…会話もダメ!とかバカげてるし、何も言えない子どもたちのストレスもきっと大変なものですよ。人命よりお金…あなた方は利権の為にやってるだけでしょうが… しかも真実をわかっていての行動でしょう。これはもう犯罪行為そのもので、関わった人は最終的には処罰される事でしょう。子どもたちが楽しく健全な学校生活がおくれる事を願うと共に、即刻、必要性の無い学校衛生マニュアルの廃止を強く要望します。

2022/05/11
中川直子
子供達を守る為行動して行きます

2022/05/11
石井佳代子
大切な若い命が健やかに生活できますように❣️

2022/05/11
阿部真理子
子どもたちに普通の生活を取り戻してほしいです!

2022/05/11
足立光男
今の世の中を、変えましょう。 誰かが立ち上がらなければ‼️

2022/05/11
畠山惠子
マスクは不要ですよね‼️ 頑張って下さい👍💕

2022/05/11
野間佳奈子
コロナがスタートした時点から、人口削減が目的だと知っていましたので、全くマスクなしの生活をしています。 未来を背負っていく純粋な子供達にワクチン接種など有り得ないことです。 大人が声を大にして実践しないと子供達は守れません。 国は自分達はワクチンを接種しなくてもよい法案を勝手に作っていますが、日本人が今、目醒めないといけない時期が来ています。 海外はコロナ騒動は茶番劇と言っていますからね。 私は情報を拡散することで応援させて頂きます。 皆で力を合わせて、子供達を守りましょうね。

2022/05/11
白石敦子
このワンアクションが役立つことを願っています。 行動を起こして下さっている皆さまに感謝いたします。

2022/05/11
奥村大介
マスクは不要! マスクは不要!! コロナは茶番!!! ワクチンは断固反対

2022/05/11
松井 礼久
頑張って下さい。

2022/05/11
佐々木文恵
何故健康で風邪の症状が無い子ども達が理不尽な目に遭わなければいけないのか全く理解できないので応援します!大人が臆病者なせいです。こんなの間違ってる。

2022/05/11
内 賢司
可笑しな事が罷り通る狂った世の中が早く正常に戻る事、切に願っております。 陰ながら応援致しております!

2022/05/11
秋山ようこ
子供たちの明るい未来のために 応援します!

2022/05/11
鈴木優治
子供の健康と普通の暮らしを守るために、頑張ってください

2022/05/11
新貝恭子
子ども達の明るい未来を応援します⤴️

2022/05/11
水野今日子
子どもを守ろう🧒 日本を守ろう🇯🇵 地球を守ろう🌏

2022/05/11
寺井聡平
無意味で有害なマスクや感染対策を辞めさせたくても学校は厚労者や文部科学省の指針に従うのでここを崩すことが大事だと痛切に感じます。 このような署名を立ち上げてくださり、ありがとうございます! 頑張ってください!

2022/05/11
中田 恵理
是非、学校衛生マニュアルの廃止をしていただきたいです。 貴重な学生生活を自由に友達とコミユニケーションをとって有意義な時間を送ってほしいです。

2022/05/11
栗栖 幸夫
未来の日本と子供をまもれか!

2022/05/11
佐々木 ともこ
子ども達の学校生活があまりにも酷いもので、子ども達に非常識が常識と認識されようとしてるマスクを取る活動を、日本国民として本当に感謝します。 学校が、先生が、守ってくれない酷い世の中で 頼れるはずの親までも、マスク そこを立ち上がっての活動、ありがとうございます。

2022/05/11
栗山千恵子
マスクは健康にも衛生的にもよくない。黙食なんて楽しくない。即刻おやめください!

2022/05/11
藤井由佳
子ども達の大事な青春時代を取り戻しましょう。2度と戻れない一番楽しい時期を犠牲にしてはならない。

2022/05/11
藤原健二
子どもにマスクはリスクありまくりですよ! チラシまいて反対活動してます!

2022/05/11
白川雅彦
無意味な事は辞めてください 先生方も教育委員会が言うからと そのまま鵜呑みにしないで 調べてください

2022/05/10
藤井雅子
真実が広がりますように。 子どもたちを守りたい!

2022/05/10
辻井 三幸
マスクはずしていいよ‼️こどもたちはその言葉を待ってます

2022/05/09
中川和俊
変なの新しく生活様式なんてやめよう!

2022/05/09
下島 麻里
学校からこどもたちへの理不尽で馬鹿らしいルールの撤廃を一刻も早くなくしたいですね。 私も地域のこどもたちに向けて地道に活動しています。お互い頑張りましょう!

2022/05/09
福澤 伸雄
No マスク! No ワクチン! No Media! No Fake News‼️

署名 / エールボタンへ