経過報告

<緊急シンポジウム in 札幌> 新型コロナワクチンを考える ~ワクチン後遺症、子どもへの接種、接種証明~


2022/01/25
<緊急シンポジウム in 札幌> 新型コロナワクチンを考える ~ワクチン後遺症、子どもへの接種、接種証明~

2022年1月21日、厚生労働省は5歳~11歳への新型コロナワクチン接種を特例承認しました。しかし、10未満はコロナで1人も亡くなっていません。
こんな幼い子どもにまで、ほんとうにこのワクチンが必要なのでしょうか。
ワクチン接種に慎重な意見を持つ医師、研究者、弁護士をお招きして、みなさんと一緒に考えたいと思います。


■日時 2021年2月19日(土) 13時30分~16時30分

■場所 北海道青少年会館コンパス ホール(652席)
    北海道札幌市南区真駒内柏丘7丁目8-1
    札幌駅から地下鉄南北線で18分、真駒内駅下車
    真駒内駅じょうてつバス15番のりば南84真駒内駅「青少年会館前」終点下車
   *駐車場の台数が限られおります。真駒内駅から送迎バスを出す予定です。
    できるだけ公共交通機関にてお越しください。

    バスをご希望の方はご予約の上、バス希望とご連絡ください。

■入場料 1000円

koewoageyosapporo.peatix.comにて入場予約をお取りください。


■出演者・構成
主催者あいさつ 13時30分~13時40分
 
基調講演 13時40分~15時10分(1人30分)
 
 山田幸恵(精神科医師、北海道有志医師の会)
     「北海道有志医師の会が経験した副反応事例」
 宮沢孝幸(京都大学ウイルス・再生医科学研究所准教授)
     「ワクチンに関する素朴な疑問~わからないのは私だけ?~」
 森田洋之(西日本ヘルスリサーチラボ代表、ひらやまのクリニック院長
     「子どもにワクチンは必要なのか」

パネルディスカッション(15時25分~16時10分)
 上記登壇者に加え
 岡澤林太郎(釧路市、内科医、北海道有志医師の会)
 正木稔子(医師、新型コロナウイルスを考える会、HEAVENESE専属医)
 他、弁護士も登壇予定。

 司会=鳥集 徹(『新型コロナワクチン 誰も言えなかった「真実」』著者)

■主催:コロナ前の暮らしを取り戻そう市民の会
■後援:新型コロナワクチン後遺症患者の会




署名 / エールボタンへ