本募集の全ての受付が終了いたしました。

ご協力大変ありがとうございました。


子どものマスク着用を自由化にしよう!

子どものマスク着用を自由化にしよう!
  • 提出先:文部科学省 萩生田光一様、文部科学省初等教育局健康教育食育課、厚生労働省、内閣官房、各自治体関連部署
  • 担当者:ご担当者様
作成者:ノーマスク脱マスクのために行動する会 田村知加

活動詳細

はじめに(重要)       



まずは、2021年6月7日に文部科学省へ提出します。

その後、状況により、必要であれば、関連省庁、各自治体関連部署へ提出いたします。

目標達成のために、複数の関連部署へのアプローチが効果的だと考えます。

いただいた署名は、本活動目的以外には使用いたしません。


また、お寄せいただきました寄付金につきましては、チラシ印刷代、各自治体への署名資料郵送用、資料印刷代、チラシ作成費用、チラシ郵送料等として、全て本活動のために活用させていただきます。



【2021年6月5日追記】
※2021年5月29日に本サイトを立ち上げ、6月5日の時点で2739名のご賛同をいただきました。

また、多くの励ましのコメント、ご寄付をいただき、ありがとうございます。

もっと多くの方へこの活動を広めてほしいとのご要望を多数いただき、発起人で検討した結果、6月30日まで署名募集を延長することにいたしました。

当初の予定通り6月6日時点の署名をに文部科学省へ提出、その後適宜関連省庁や自治体等へ提出をしていく予定です。詳細は経過報告に公表していきますので、よろしくお願いいたします。


【2021年6月14日追記】

要望を追加しました


4.体育時のマスク着用は、原則禁止にしてください。

(緊急性が高いため、発起人の要望により追加いたしました)



※※活動は全てボランティアで行っています※※


■頂いた寄付金の使途例■ 関連省庁、自治体への書留郵便代金 800円 書類印刷代 10円×100枚=1000円 1800 円× 300カ所= 540,000円 他チラシ作成代

※送付数は試算で、予定ではありません。 その他チラシ作成などで調整させていただきます。


【要望内容】         


1.  子どものマスク実質強制をなくしてください。


>本人及び保護者の意思を尊重し自由選択すること。

>現場への指導徹底をお願いします。

>守られない場合、責任の所在明確に。

>徹底されていない場合の相談窓口設置など。



2.  教育現場、関係各所、保護者、児童生徒にマスク着用の健康被害科学的根拠、効果について調査し周知してください。



3.  着用未着用にかかわらず、差別偏見がないよう指導徹底してください。


※※

代用として、ワクチン接種義務化や圧力、過剰な消毒、社会的距離の確保など別の健康被害が発生しないよう指導徹底をお願いします。


(マスクを外す代わりに、過剰な感染対策をしないようにという意味です。6月7日追記)



4. 体育時のマスク着用は、原則禁止にしてください。





【目的】           


1.  マスク着用において、本人・保護者の意思を尊重するため

(本人保護者による自由選択とし、現場へ周知徹底)



2.  マスク着用による心身の健康被害の危険性とデメリットを、学校などの教育機関、教育委員会、関係者、保護者へ通達するため



3.  着用未着用の選択により、差別偏見のないようにするため






***********************



ノーマスク脱マスクのために行動する会 グループ会則より抜粋】