性犯罪加害者を起訴して下さい。性被害者への性暴力二次加害をやめて。性被害者の人権を守る法律が必要です。

top-img-mobile

性犯罪加害者を起訴して下さい。性被害者への性暴力二次加害をやめて。性被害者の人権を守る法律が必要です。

  • 提出先:検察庁、東京地検、関係国会議員、警察庁、法務省など
user_icon
作成者:性暴力被害者の会

活動詳細

■ はじめに(活動の目的や概要)

まず、性犯罪加害者を野放しにせず、すみやかに起訴して下さい。


現行では、性犯罪被害者には、まともに権利法益が守られていません。性犯罪被害者の人権擁護のための法律作成を提起する必要があります。


■ 活動立ち上げの背景・理由

警察で被害届けを出し、受理され、証拠も揃っている性犯罪事件で、被害者に何度も事件について同じことを証言させて、PTSDを悪化させる構造が被害者の人権を侵害しています。十分物証などが揃っているのに、被害者がPTSDで検察官に直接会えないだけで、不起訴にする刑事司法のあり方は、被害者の人権を蹂躙しています。加害者の人権しか見ていない、被害者の人権を無視する司法のあり方を見直さなければなりません。

■ 社会(提出先)がかかえる問題点は何か?

性犯罪被害者の人権が無視されている。性犯罪被害者が警察、検察、裁判で苛烈な性暴力二次加害にさらされる現状で、被害者を守るための法律や支援がまったくない。

■ 活動内容の詳細
まず、現在捜査中の高校生への性加害事件加害者をすみやかに起訴するように東京地検に申し入れる。

高校生への性加害事件について

この事件は、不登校で希死念慮がある女子高校生に対して、27歳の男性会社員が、SNSで「一緒に死のう」とグルーミングして誘い出し、拉致監禁、強制性交を行った容疑です。この事件の被害届を提出する段階から、子ども人権弁護士、性暴力専門弁護士、児童精神科医にかかわっていただき、警察で9ヶ月かかって被害受理、捜査され、2023年11月に書類送検されました。警察での証言、証拠調べには、どうにか対応できましたが、被害者はPTSDが悪化し、検察で繰り返し同様の取り調べを受けることが不可能な状態です。この場合、検察が不起訴にしてしまうことが慣例になっていますが、あまりにも理不尽であると、被害者団体や精神科医らが声を上げています。

詳細は、性暴力被害者の会代表郡司真子のXアカウント、noteに記載しています。

性犯罪被害者はまったく法的利益がない現状を変えるための立法を法律関係者、精神科医などと連携して行っていきます。

■エールの使用法
・弁護士費用
・印刷費
・交通費
・その他活動費や雑費
にあてさせて頂きます。皆様のお気持ちに心より感謝いたします。


ご寄付は任意ですので、ご署名だけ頂くことでも全く構いません。
それでももし頂けるようでしたら、お気持ちに感謝し、大変ありがたくお受け取りさせて頂きます。
また、皆様のお気持ちを無駄にしないよう、最後まで一層の責任を持って提出させて頂きたいと思います。


■ 団体(代表)プロフィール

性暴力被害者の会 代表 郡司真子

■ SNS
X twitter: @Koiramako

新着報告

新着情報はありません

メッセージ

2024/04/15
user_icon_photo
篠崎翼(クレア)
性暴力を軽んじることはゆくゆく人の心を壊して行くこと。反対します。

2024/04/15
user_icon_photo
吉田英二
諦めるな!

2024/03/31
user_icon_photo
磯浩美
性加害は魂の殺人、被害者の人権を守って欲しい!

2024/03/30
user_icon_photo
木村 恵
刑が軽い、執行猶予がつく、ニュースで加害者の顔や名前がでない、そもそも事件化されないなど、性犯罪への扱いが軽く、日本の女性や子供の被害は悪化するばかりです。海外並みに厳しくし、性犯罪を抑止してくれまじで。男の加害がひどすぎる。

2024/03/30
user_icon_photo
新井克幸
賛同します。

2024/03/30
user_icon_photo
佐藤利洋
今の法制度は性加害に甘すぎです。 口では何とでもいえますが、行われてしまったことは元通りにはなりません。

2024/03/30
user_icon_photo
佐々木香織
性犯罪に対する罰則が甘すぎる。再犯防止の対策もなく、被害者の泣き寝入りがあまりに多すぎら今の法制度は改善されるべきだ思います。また、法曹界のジェンダーバランスと意識改革も必要ではないかと思います。

2024/03/30
user_icon_photo
有賀 泉
私の被害も不起訴にされました。 納得出来ないです。 これ以上悔しい思いをする被害者を 出さないようにして欲しいです!

2024/03/29
user_icon_photo
o.m
頑張りましょう!

2024/03/28
user_icon_photo
藤田 健太郎
おれも熱い思いを持っています。死ぬまで、やりきってやりましょう。大人の本気を見せつけてやりましょ。

2024/03/28
user_icon_photo
中村拓磨
余りにも性犯罪加害者に甘すぎる。性被害者ではなく、性加害者に寄り添っている状況は今すぐ変えるべき。 性加害により重い罰を望みます。

2024/03/27
user_icon_photo
上野浩美
性被害は人権を奪われ、精神面は殺人をされている状態であるのに、 加害者に執行猶予が付く法律ならば、その法律は間違っている。 被害者の一生を棒に振る行為を行った加害者は刑務所から外に出てきてはならない。

2024/03/27
user_icon_photo
五百蔵由香
署名立ち上げありがとうございます

2024/03/27
user_icon_photo
Hatakeyama Nao
日本の男性は女性を、性的対象か性的反応をおこさない対象か、としか見ていない様な気がする…性的犯罪を軽い言葉に置き換えるマスコミ、加害者を擁護する刑法…救いが無い。特に子供に対する性犯罪は極刑が世界の常識。日本は異常。

2024/03/27
user_icon_photo
佐々木 結
幼い娘がいる母として賛同します。

2024/03/26
user_icon_photo
岡美枝
性犯罪は正しく裁かれるべき。 再犯抑止のためにも法律を整えるべき。

2024/03/23
user_icon_photo
キタヅメマユミ
被害に声をあげたあなたは守られるべき存在です。 被害者の人権が守られる日本社会に変えていきましょう。

2024/03/23
user_icon_photo
石原加奈未
性犯罪加害者を厳しく処罰していただきたいです。

2024/03/22
user_icon_photo
大曽根智子
加害者に甘すぎる刑罰に憤りを感じます。被害者に寄り添った法に改定して欲しいです。

2024/03/21
user_icon_photo
小角麻野
応援しています!

2024/03/20
user_icon_photo
今井亜美
少しでも、多くの人が生きやすい世の中になりますように

2024/03/20
user_icon_photo
榎本望
男性に都合の良い事ばかりが採用され、男性加害者には都合の良い事ばかりで、犯罪が蔓延る日本。徹底的に足蹴にされる女性被害者がもっと被害を苦痛なく被害を訴えられるようにお願いします。

2024/03/20
user_icon_photo
くまこ
日本は性犯罪の罰が軽すぎる。 盗撮や痴漢は日常茶飯事で、周囲には加害者が逮捕起訴されるどころか、警察にも届け出られない事件化されていない事件が多数ある。幼児を模した二次元児童ポルノグラフィティ、女性の性コンテンツ表象も野放し。 普通の生活をしているだけで目に入ってきて、その都度 侮辱され、女性としての自尊心が削られる。 娘を持ったり、親族に年若い女性がいる場合は、犯罪が溢れる社会から護れるのか、不安にさせられる。 明らかな女性や子供への人権侵害だ。 強姦や性犯罪は女性の根源的自尊心への殺人、虐待だ。 いい加減、性犯罪を厳罰化してくれ。

2024/03/20
user_icon_photo
猫乃目しま
私は15年前に性被害に遭った。15年前に被害届を出したかったけれど、精神的につらい状況にある上に、精神障害者というフィルターや、警察や司法のシステムからそれは叶わなかった。脅迫メールなどから体調は更に悪化して、被害届についての相談をしにいった数日後には精神科へ保護入院、施錠された部屋でフラッシュバックや錯乱を繰り返す日々となった。 性加害を受けた後の被害者の精神は既に限界にある。それでも戦い抜ける被害者も確かにいる。が、それは極々少数だ。メディアで勇気ある女性だとして称賛される彼女たちを否定する気は全くない。しかし、あれは極々一部の上手くいった例で、特殊な例と言っても過言ではない。裁判に辿り着き、勝訴まで戦い抜ける被害者なんて本当に稀。日本の性被害者の扱いの酷さを理解してしまっていたことで聴取にも耐えられないからと被害届を出すことを諦める被害者もいる。 被害者はときに自死を選ぶことすらある。それらの補完勢力として警察や司法があるのだと感じるほどに、性犯罪に関して警察と司法がまるで性被害者の心理に無理解にある。本当に犯罪行為をした人間を罰したり、社会の安全を守るために警察や法があるのなら、被害者の精神面に配慮したシステムや法を構築すべきだ。 日本はあまりに性加害者に甘い。野放しになった性加害者はさらなる被害者をうむ。それはいまでに蓄積された性犯罪に関する研究で明らかだ。つまりは社会の不利益を法が生み出している。 私は15年の時を経て、被害届の受理に至った。犯人は捕まらないかもしれない。それでも、未だに生活すらままならない、性被害の後遺症に苦しむ毎日の中で大きな転機となった。性被害という人権侵害を、犯罪行為を受けて、独り苦しむ毎日と、のうのうと暮らす加害者と、福祉からもこぼれ落とされるトラウマ疾患と、そんな風に社会に絶望する中では大きな光に感じた。 性被害者は『受けた傷の深刻さ』から戦う力さえ残っていない。なのに、警察と司法のシステムがその傷を抉り、PTSDへの無理解から、戦えない被害者には『あなたのせいで加害者を罰することもできません』という答えを返す。 その犯罪行為が『あまりに深刻だから』裁くべきではないのか。それを『致命傷を負った被害者』に無理をさせることでしか裁けないのは、バグではないのか? 聴取に応じることや、裁判で証言をすることは、性被害者にとってさらなる傷を負うことだ。致命傷を既に負っているのに、その傷を更に抉らなければならない。その過程で死んでしまうもしれなくても、それをしろと司法は言う。できないなら裁かないと言う。 なんと残酷なことだろうか。 なんと不正義なのだろうか。 性犯罪は他の犯罪とは違う。ダメージは主に精神が負う。 警察と司法のシステムは、その深刻なダメージを軽視しているとしか思えない。軽視していないのなら、こんなシステムが運用されているはずがない。 私は性被害から15年が経っている。しかし、私の症状は医師いわく、とても重い。その一因は、加害者が野放しであることにもある。 警察と司法は性犯罪被害を甘く見ている。加害者が正当に罰せられることは、犯罪被害者にとって、全国民にとって、重要なことであるはずなのに、性犯罪だけは、どうも違うようだと感じる。 警察が司法が、性被害者に配慮したシステムの構築を怠っている間にも、野放しになっている加害者たちは新たな被害者をうむ。社会的損失は大きくなるだろう。 性犯罪に対する警察の対応も、性犯罪に関する司法も、性被害者への配慮の仕方も、日本の性犯罪を取り巻くすべてが、変わるべきだ。 ※猫乃目しまは偽名です。現在、被害届を出してもいるので、本名を控えさせてください。

2024/03/19
user_icon_photo
私市さゆり
日本の性犯罪はあまりにも刑罰が軽過ぎます。 他害する性癖はそう簡単に治る事はなく何度も犯罪を繰り返します。 刑罰を殺人と同レベルに厳罰化し、加害者の最新の住所公表、GPSの装着、教育医療介護関連職業への就業を禁止する、保育教育施設近隣への居住禁止、被害者への接近禁止、正しい性教育や過激な性的AVやアニメの禁止、加害者への教育プログラムなどしなければ多くの弱者が被害に遭うことになります。 性犯罪を未然に防ぐためにももっと被害者を守る法律にして欲しいと思います。 また司法には女性の裁判官を半数は入れて欲しいと思います。男性裁判官では男性に甘い偏った判決が多すぎる為です。

2024/03/19
user_icon_photo
山口花
日本は性犯罪者への刑罰が甘すぎる。被害者の心も体も人生もぶち壊しておいて数年で出てきてすぐ再犯する。特に子供への性犯罪は重罪化して、数十年は娑婆に出すべきじゃない。こんな人権意識の軽薄な国に子供なんて産み落とせない。少子化もやむなし。

2024/03/19
user_icon_photo
森山 久美子
私は元夫よりDVで性的暴行受け、暴力で子供を産みました。その後複雑性PTSDを発症し、今は活動を続けています。全く赤の他人からの暴行はもっと悲惨であると思いますが、それが全く表に出ない。女性を物として扱う、暴行の国日本を作り出した男性優位の政治を変えるしかないと思います。私も頑張って活動します。このような世の中、変えたいです。

2024/03/19
user_icon_photo
坂井 範子
性犯罪者に甘く社会全体で被害者に二次加害する日本社会、ほんといい加減にしてほしい! 被害者の精神的ダメージが大きいことが加害者不起訴の理由にされるなんて矛盾している!

2024/03/19
user_icon_photo
栗原睦
このケースを聴いて考えました。警察が被害届を受理した段階で、被害者へのトラウマケアを無償で提供するサポート体制を作る。検察➡裁判と進むテンポは、被害者の回復度合いに応じて運用する、という仕組みを作る、という案はいかがでしょうか? 今回に間に合う提案でなくて申し訳りませんが。

2024/03/19
user_icon_photo
荒木陽子
頑張ってください

2024/03/19
user_icon_photo
中島 牧恵
警察でも検察でも被害者の犯罪被害での心身へのダメージを斟酌しないわりに犯罪者の社会的立場への阿り、心身の状態を気遣うやり方に憤るにも余りある気持ちが、ずっと積み重なりながら生きてきました。 被害者を警察や司法の仕事の材料として扱うのを止めて欲しい。 人権があるのは加害者だけというのは、何のための警察と司法なんでしょうか。 警察と司法は癒着を防ぎながら連携をとる方法を考え出し実行し、被害者の人権も公平に扱って欲しいです

2024/03/19
user_icon_photo
山崎 泰
日本は性犯罪の刑が軽すぎです

2024/03/19
user_icon_photo
飯島真理
私にも娘がいます。 悪質な性犯罪者を野放しにしないでください。 今回の事件で不起訴になれば、味を占めて、より残虐な性暴力を繰り返すことが目に見えています。

2024/03/19
user_icon_photo
宮本史織
性暴力は絶対に許されてはならない犯罪です。重罪として裁かれるように変わって欲しいです。

2024/03/19
user_image
長谷美智子
性被害後のPTSDについて解明されてきているのに、やり方を変えない司法を変えていく必要があります。警察、検察、裁判所のセカンドレイプを止めてください。

2024/03/19
user_icon_photo
鈴木祥子
事件後10年経っても人間らしい暮らしは出来ずにいます。家の前の通りにも出られない。地下鉄にも乗れなくなりました。これが私の目指してきた人生なのでしょうか。誰にもこんなつらい思いをさせたくありません。

2024/03/19
user_icon_photo
浅井八城
性犯罪加害者を起訴して下さい。僕は性同一性障害当事者(FtM)です。以前自宅に泥酔した男が鍵を破壊して侵入して来ました。息の荒い男が家の周囲をうろついていた時点で身の危険を感じ、侵入に気付きトイレに隠れ鍵をかけました。その後弟が帰宅し男に対応したのですが、その際に男が弟を女性だと勘違いして胸をまさぐりました。その後警察が来たのですが、警察は「犯罪じゃ無いからそのまま家に返す」「トイレに行きたい様だから貸してやってくれ」としか言いませんでした。他人の家に侵入した件についても問題ですが、胸をまさぐられた弟が女性じゃないから「犯罪じゃない」のでしょうか?男性でも問題だと感じます。また、別件で僕は昨年2023年に見知らぬ男から強姦されました。あまりのショックから警察には相談できず、ひたすら陰鬱とした日々を過ごしました。後に警察に相談しましたが、名前や男についての情報、証拠が無かった事もあり捜査はして貰えず、嘘では無いかとすら言われて苦しい思いをしました。元々患っていたうつが悪化して働けなくなり、今年の初めまで休養、退職しました。警察に行った時の対応がかなりキツかったです。二次加害とはこれかと思い知りました。近所の老人に暴行された時は老人が自宅に帰る様子を動画撮影していて男も罪を認めた為、警察はすぐに来て僕の身体や被害を受けた時の状況再現などを写真に収める、聴き取りの書類作成はしましたが男の逮捕には至りませんでした。これらの経験から、警察に不信感しかありません。少々脱線ましたが、性加害による心身へのダメージは不可逆で、人生の多くの時間と幸福を奪われます。警察の性暴力二次加害を許さず、性被害者の人権を守る法律が必要です。

2024/03/19
user_icon_photo
小田真弓
日本でも性犯罪は重犯罪だと認識されるような仕組みになりますように!

2024/03/18
user_icon_photo
玲月クリス
性被害者の一刻も早い回復を応援しよう!

2024/03/18
user_icon_photo
小林穂高
時代とともに変えていかなきゃいけないこともある。変えなきゃいけないと考える人が、そのままでいいと考える人と同じくらいになったのなら、少なくとも必要。自分や自分に近しい人が被害者になることや、加害者が自分に近しい人になることも想像して。

2024/03/18
user_icon_photo
井上美波
司法は全く被害者に寄り添ってないと感じます。性犯罪の厳罰化を求めます。

2024/03/18
user_icon_photo
中村 有
性被害はただでさえ言語化しづらく、客観的に話すことも難しく他人に伝わりづらいものです。それを何度も何度も言わされるなんてハラスメントだと思います。

2024/03/18
user_icon_photo
吉田かな
高校生の尊厳を司法が踏み躙るな

2024/03/18
user_icon_photo
小野田 裕子
性犯罪に厳罰を!性犯罪が野放しにされている日本社会は異常で、女性にとって地獄だ。検察も裁判官も、女性の性被害を軽視するな!

2024/03/18
user_icon_photo
増田都子
性被害者の人権を守るための法律は絶対に必要です❗️

2024/03/18
user_icon_photo
大木 沙都
頑張ってください。

2024/03/18
user_icon_photo
応援したいです!良い方向へ変えていきたいです!

2024/03/18
user_icon_photo
荒木晴香
日本の警察、検察、裁判所は性被害者の人権を守ってください。加害者を起訴し罪を償わせて、再び被害者を出す可能性をゼロにする努力をしてください。 女性たちはもうすでに声をたくさんあげています。まともな男性たちもどうか連帯してください。HENTAIは日本の文化なんて世界から蔑まれて恥ずかしくて情けないです。

2024/03/18
user_icon_photo
高橋真由美
1日も早く立法され、被害者が守られますように。みんなで声を上げましょう。声を集めましょう。

2024/03/18
user_icon_photo
赤井キツネ
性被害者の方の精神ダメージやPTSDについて、そして男性組織である警察、検察、裁判所で性被害に遭われた方たちが自身の被害を訴えることに激しい困難があることを知ったのは本当につい最近です。この事実をより広く知らしめることと共に、性被害に遭われた方々の心のバリアを取り除き、より容易に被害を訴えられるような警察や司法の仕組みが構築されることを強く望みます。

2024/03/18
user_icon_photo
村山飛鳥
男性も女性も等しく人として尊重されている。 そう心から思える社会にしたいのです。 だから男女問わず、被害者は守られ支援されるよう願います。

2024/03/18
user_icon_photo
HIROKO KAMEJIMA
活動ありがとうございます。賛同します。

2024/03/18
user_icon_photo
林潤一
いつまでも恥ずかしい国のままにしておいてはいけません。性加害者が厳しく罰せられ、被害者の人権が守られる法改定を進めてください。

2024/03/18
user_icon_photo
喜多幡 千代
検察は性犯罪加害者を起訴して下さい。二次加害を防ぎ、性被害者の尊厳回復のため十分なケアが受けられる法的措置を求めます。

2024/03/18
user_icon_photo
真鍋幸枝
性加害者は罰せられ、最教育されるのが当たり前の社会に。ていうか性犯罪多すぎ、なかったことにされすぎ。どうもありがとうございます。

2024/03/18
user_icon_photo
水島 淳
性犯罪者の不起訴処分は、検察が再犯を促す様なもの。一方で被害者の心の傷は一生続く。初犯であっても、即処罰対象にすべきです。

2024/03/18
user_icon_photo
能崎美緒
頑張ってください!

署名 / エールを贈る