署名の受付が終了いたしました。

ご協力頂きまして心より感謝申し上げます。

※エールは現在も贈れます。皆さまの応援・お気持ちをお伝え頂けます。

「完了報告」が経過報告に投稿された後、一定期間後に締め切られます。

【静岡県浜松市】
学校に行かない選択をした子たちの学びに補助金を! 

top-img-mobile

【静岡県浜松市】 学校に行かない選択をした子たちの学びに補助金を! 

  • 提出先:浜松市長/教育委員会教育長
user_icon
作成者:不登校・登校渋りから学ぶ会リンク

活動詳細

■ 署名の手順※重要※

確実に署名を届けるためにお読みください。

①「署名で応援する」ボタンを押す

②お名前、メールアドレスの入力 必須

③応援メッセージの入力 任意

 公開か非公開か選べます。

   公開にした場合はこの署名サイトのコメント欄にお名前とともに表示されます。

 非公開の場合はお名前もメッセージも掲載されません。

④利用規約に同意して登録する。

⑤登録したアドレスに確認メールが送られてくる。

メールに記載されたリンクをクリックして開くと署名が完了となります。



■ はじめに

この活動は学校以外の学びに支援補助金を交付してほしいという内容ですが、

学校に行かない選択をしたばかりの頃は勉強が手につかない子もたくさんいます。

学びを続けるためには、心を充分に休めることが最優先です。

そのあとお金の心配なく次の一歩が踏み出せるようになってほしい。そのためにも必要な制度だと考えます。


■ 活動を立ち上げた理由

「子どもが学校に行けない(行かない)!」

そうなったとき、"学び"を続けるにはどんな選択肢があるでしょうか。

フリースクール、オンライン学習、家庭教師、問題集いまは選択肢が様々にあります。

でもこれって誰がお金を出しますか?

 

様々な学びの選択肢を探して試して、探して試して…。

お金だけでなく時間も浪費し、仕事の時間を減らしたり、退職したりする保護者もいます。

収入は減るのに支出は増えるばかり。

 

子ども一人当たりの教育費に投入される税金額は文部科学省のホームページによると

1年間1人あたり

・小学生 約94万円

・中学生 約107万円

となっています。

学校が合う子どもは教育を無償で受けられますが、合わない子どもは保護者に丸投げ。

家庭の状況によって受けられる支援に差が出てくるのが現状です。

本来は自分の子どもに使われるはずの年間約100万はいったいどこにいっているのでしょう。

教科書代・人件費・設備費など差し引いても月数万は浮いているのではないでしょうか。

 

「不登校はお金がかかる!」

親の会でみなさんのお話を聞いていると必ずといっていいほど出てくる話題です。

食費、水道光熱費、交通費、活動費学校の代わりに経験を!給食の代わりに栄養を!

と思っても個々の家庭の努力には限界があります。

そこで、学校に行けない(行かない)子どもたちに使われるはずだった教育費を多様な学びの支援補助金として交付してほしい。

そう考えこの活動を立ち上げました。


■ 社会がかかえる問題点①
小中の不登校者数は全国で30 万人を超え、社会問題の一つとなっており、浜松市の不登校者数も増加の一途をたどっています。

下記の表は2023年5月25日付けの浜松市のデータです。   

   

 浜松市公式ホームページより

・小学生 803人

・中学生 1407人

浜松市の不登校者数は合計で約2200人になっています。

2000人以上の子どもの学びの場は、校外まなびの教室(旧適応指導教室)を利用する子どもが一部いる他は、ほとんど親任せの状況となっています。       

そして、子どもの教育の機会を確保するべく、経済的に苦しいながらもフリースクールやホームスクーリングを選択している家庭もあります。そもそも入会金や月会費の高さに面くらって申し込みさえためらう家庭も少なくありません。

子どもの学びを維持するためには、保護者の金銭的・精神的負担が強いられているのが現実です。

そして、この負担は保護者だけのものではありません。

フリースクールの平均費用は入会金が約5万円、月謝は約3万円となっていますが、運営者の方々の努力によってこのような価格に抑えられているところが大半です。フリースクールやオンラインスクールなど民間の教育機関はギリギリの費用で子どもたちのサポートをしてくださっていることも忘れてはなりません。


■ 社会がかかえる問題点②

文科省は2017年2月 教育機会確保法 を施行させました。この法律では子どもたちの学ぶ権利を保障個々の状況に合わせた支援の必要性を掲げています。

さらには2019年に「不登校児童生徒への支援の在り方について」という通知で「フリースクールなどの民間施設やNPO等と積極的に連携し、相互に協力・補完することの意義は大きい」と明記されています。

それによって学校以外の学びの重要性は国に認められているにも関わらず、現実はそれに見合うものではありません。

しかしながら、不登校家庭に支援補助金の交付を始める自治体が近年増えてきています。例をだすと新潟県上越市、神奈川県鎌倉市、茨木県近江八幡市など。月額上限4万円が支給される自治体もあり、住む場所によって支援の格差がうまれています。

政令指定都市である浜松市。2023年11月には市のホームページに不登校支援のページが作られるなど、不登校対策に力を入れてきれいるように感じています。不登校支援/浜松市 (city.hamamatsu.shizuoka.jp)

この署名活動がさらなる支援の後押しになり、全国に広がっていく一助になることを願っています。


■ さいごに

学校に合わないだけで自分は人生のレールから外れたと感じ、自分を責めてしまう子どもたちが多くいます。

学校に入る前の子どもは真っすぐで、素直で、好きなことに目をキラキラさせて取り組んでいませんでしたか。学校に入って変わってしまったのは子どものほうですか。

大人が、社会が変わるときがきているのではないでしょうか。

子どもたちが一生懸命、声にならない声をあげて、心を削って訴えてくれています。

これを読んでくださっている皆様のお力で、子どもたちの声を署名という形にして行政に届けませんか。

どうかお力をかしてください。

子どもたちのために、未来のために、どうぞよろしくお願いいたします!




■ 参考資料

「不登校・いじめ緊急対策パッケージ」の策定・文部科学大臣メッセージの発出について

以下は202310月文部科学省のFacebookから引用したものです。https://fb.watch/o8cquEATUn/

 先日公表した令和4年度問題行動等調査において、不登校児童生徒数、いじめ重大事態の発生件数が過去最多となるなど、憂慮すべき状況が明らかになりました。

 この状況を踏まえ、取組の緊急強化を行うため、本日、「不登校・いじめ緊急対策パッケージ」を策定するとともに、盛山文部科学大臣メッセージを子供たちと教育委員会・学校に向けて発出しています。

▶資料等はこちら

「不登校・いじめ緊急対策パッケージ」

https://www.mext.go.jp/content/000258018.pdf

以上。



■エールの使用法

ご寄付は任意ですので、ご署名だけ頂くことでも全く構いません。

それでももし頂けるようでしたら、お気持ちに感謝して

・印刷費
・交通費
・その他活動費や雑費

にあてさせて頂きます。皆様のお気持ちに心より感謝いたします。今後の活動も精一杯努めさせていただきます。


■ 団体(代表)プロフィール
不登校・登校渋りから学ぶ会「リンク」  

【代表 】辻加奈子
不登校の娘をもつ2児の母。娘が登校を渋りだしたが無理やり学校に行かせること2年。その後付き添い登校を2年。現在は取り出し授業に行ったり行かなかったり。学校が怖いと言い、学校のように子どもが集まる場を避ける娘の居場所はまだ見つかっていません。
渦中にいるとき孤独感があったこと、情報難民だったことから、定期的に集まる場をつくろうと仲間と会を立ち上げました。不登校関連の情報や浜松市の教育・支援の情報発信をinstagramで行っています。

■ SNS等

LINE オープンチャット「【ゆるつな浜松】ゆる〜くつながる不登校親の会」

https://line.me/ti/g2/iCPbFK4j2Cv-mgIgK8qpOxzRAPkQkM490kOpFg?utm_source=invitation&utm_medium=link_copy&utm_campaign=default

Instaglam 不登校・登校渋りから学ぶ会 リンク   

https://instagram.com/linkhamamatsu?igshid=MTNiYzNiMzkwZA==

 メールアドレス info@linkhamamatu.net


新着報告

2024/04/06
署名終了のお知らせとお礼

11月から始まった署名活動も4/5をもって終了となりました。

ご署名いただき、誠に有難うございます!

200名以上の皆様のご署名とご尽力に心から感謝申し上げます。


署名簿、コメントに要望書も合わせて4月半ばに教育委員会へ提出いたします。


その様子は、こちらの「経過報告」や、インスタグラムで報告させていただきます。


皆様の思いを、浜松市教育委員会へ確かに届けて参ります。


引き続き、どうぞ宜しくお願いいたします。



2024/02/06
チラシ作成のご報告と動画のご紹介

皆様こんにちは。署名活動を始めて約3ヶ月がたちますが、現在160名の方にご協力いただいています!

この度、こちらに寄せていただいたエールを活用しチラシを作成いたしました。ご寄付いただいた皆様、本当にありがとうございます。

この署名活動は「多様な学びに支援補助金を求める」ことを掲げておりますが、学校に行けないだけで苦しむ現状を変えたいという想いもあります。

そのために何ができるか…。

①教育機会確保法という法律があり、学校に行くことは強制されるものではなく、多様な学びが保証されていること。

②悩んでいるのは自分だけじゃないと思える支援や情報交換の場があること。

これらを不登校・登校渋りの当事者、保護者、関係者に知ってほしい。特に①は当事者や保護者関係なく多くの方に知ってもらいたい…いや、認知されるべき内容です。このチラシをスーパーや公共施設などに掲示をお願いするなどして少しでも理解を広めることができたらと思います。

浜松市内の掲示や配布に協力して下さる方がいらっしゃいましたら、info@linkhamamatu.netまでメール、もしくはInstagramなどでDMをいただけたら嬉しいです。


先日、こちらでもご協力をお願いしたNPO法人多様な学びプロジェクトさんの「不登校の子どもと保護者、不登校経験者の実態とニーズ全国調査」のシンポジウムがあり、そちらの動画がYouTubeで公開されていますのでお知らせします。https://youtu.be/pJlGI4jpxSs?si=WVxj1IqwzUmbfEYU

2時間以上ある動画ですが、チャプターごとに見ることもできます。第1部でアンケートの調査報告がされていますのでぜひご視聴ください。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。


2024/01/24
応援メッセージをいただきました③

皆様こんにちは。署名活動にご賛同いただきありがとうございます。

今回は、浜松市で約20年前から開かれているフリースクール、ドリームフィールドの大山浩司様からメッセージをいただきましたのでご紹介します。

* * * * * * * * * * *

2016年に制定された「教育機会確保法」は学校以外の育ちの場所を積極的に認めてゆく法律です。


そこでは

・子どもにも休む権利がある。

・国及び地方公共団体は保護者や生徒に対して、フリースクールなど学校以外の育ちの場を紹介しなければならない。

・国及び地方公共団体はフリースクール等学校以外の場における活動に対して必要な財政上の措置を講じなければならない。

と言った内容が明記されています。


つまり、

学校以外の場所で育つのもOK。

学校は学校以外の場所を積極的に紹介すべき。

市町村は学校以外の育ちの場を利用する際の保護者の負担を軽減するよう経済的な支援をすべき。

ということが、法律で決まっているのです。


しかし現状では、

「学校に来ないのはよくない」

「学校に来れるようにしなければならない」

と考える先生はたくさんいます。

「学校に行けなければ将来どうなってしまうんだろう?」と

精神的に追い込まれてしまう子どもたちや保護者の皆さんもたくさんいます。


それだけではなく、学校からはフリースクールなど適応指導教室以外の育ちの場所の存在すら紹介してもらえず、

紹介されたとしても

「フリースクールはお金がかかるから」

と諦めてしまうケースもたくさんあります。


そもそも「教育」は公的支援の下にすべての子どもたちに対して公平にその機会を与えられるべきものです。

フリースクールそのものへの直接的な支援というよりも、

学校以外の育ちの場を必要としている子どもたちと保護者の皆さんがそれぞれにあった場所を自由に選択し、伸び伸びと育ってゆけるよう、

各家庭への直接的な支援=バウチャー制度の実現を強く望みます。


子どもたちと保護者の皆さんが自分たちにとって必要な場所、自分たちに合った場所を主体的に選択し、

子どもたちの未来を主体的に選んでゆけるような社会を願っています。

* * * * * * * * * * *

このメッセージにあるように、私も学校から学校以外の場があることや、教育機会確保法のことを教えてもらうことはありませんでした。

自分で調べてやっとたどり着く、その頃には親子で疲弊していて動く気力がない、新しい場所に踏み出す元気がない、そういう状況でした。


2016年に制定された「教育機会確保法」まだ周知がすすんでいないように感じます。文部科学省の冊子をこちらに載せますので、この署名活動とともにシェアをして広げていただけると嬉しいです⇨「教育機会確保法」って何?

また、大山さんのFacebookで前川喜平さん(元文科省事務次官)とのトークが投稿されています。そちらも興味深い内容なのでシェアします⇨大山浩司Facebook

引き続きよろしくお願いいたします。


メッセージ

2024/04/05
user_icon_photo
平出芽未
子どもはまだ未就学児ですが、私自身が現在の教育の在り方に大きな疑問を感じています。 また、いざわが子が学校へ行きたがらなくても私自身はそれでいいと感じていますが、やはり親だけでなんとかしようというには色々な面で限界があるのではとも思います。 いま現在、悩まれているお子さん、親御さんのためにも、これからの子どもたちのためにも、ぜひ応援させてください!

2024/04/05
user_icon_photo
今村優利子
この輪が全国に広がることを願っています。

2024/04/05
user_icon_photo
眞鍋瞳
学校に行けなくたって全然構わない!色々な子どもたちが希望を持って、安心して生きていける社会を作りたい!学校教育だけが全てじゃなくて、多様な学びが必要で、学びは勉強だけじゃない!

2024/04/05
user_icon_photo
板東あゆみ
不登校の子どもを持つ親です。 日本全国で学校以外の学びの場が増えることを祈っています。

2024/04/05
user_icon_photo
岡野敦子
応援してます!

2024/04/05
user_icon_photo
宮脇 僚
応援してます!

2024/04/05
user_icon_photo
尾崎 純子
とても素晴らしい取り組みだと思いました。心から応援しております。

2024/04/05
user_icon_photo
永桶憲一
応援します。

2024/04/05
user_icon_photo
小宮 邦明
不登校の子たちの学びの場が広がるよう期待してます。

2024/04/04
user_icon_photo
杉本 望
ひとりの勇気のactionが波動となり共感の輪が広がり、必ず環境を変えてゆくと確信します🌈 どこまでも希望を持ってfighting⤴️🙌

2024/04/04
user_icon_photo
加藤久美子
署名するかずっと迷っていました。どうしたら良いか考えていました。 どうしたら市は補助金を出せるでしょうか。どうしたら市は市民を信頼できるでしょうか。 「私達一人ひとりにももっと出来ることがある。しなければいけないことがある。」 我が子達が不登校になって気付いた、今まで教育を学校や政治に任せきりだった自分へ自戒の念を込めて、それを考え続け実行していくことを基に 署名致します。 本当に苦しんでいるご家族に支援がとどきますように。

2024/04/03
user_icon_photo
作井みか
浜松市でも不登校支援金制度ができてほしいです。 本当にお金かかるんですよね。 学校給食や学年費を学校に支払い、子供は家で毎日昼食をとる。個人に合う問題集を買う。授業を受けられない分通信教材で毎月高額な出費。 中野市長や担当各所の方にご理解頂ける事を祈っております。

2024/03/31
user_icon_photo
新井 純子
学校に行かない子どもたちも健やかに育ってほしい。子ども一人ひとりに行き届く公的な学びの支援を望みます。

2024/03/31
user_icon_photo
戸塚えい子
1人1人の幸せ^_^ 笑顔^_^が1番大切^_^ 一番大切な自分に一番優しくしよう

2024/03/29
user_icon_photo
戸塚 晶
長い人生 いろいろ有るよ! 社会に出れば関係ないよ!

2024/03/18
user_icon_photo
田口幸
我が子は中学で不登校でした。今は定時制の高校に通っていますが、ちゃんと卒業できることが今の目標です。子供の心がつかめず孤独でしたので、こういったつながりがあるのはとてもありがたいことだと思います。自信をなくした子供たちが心から笑顔になれますように!

2024/02/26
user_icon_photo
中道柾伍
1人でも多くの子どもたちが学ぶことができるように!!

2024/02/13
user_icon_photo
梶岡和香奈
どんな子供たちにも安心して過ごせる場がありますように。

2024/01/14
user_icon_photo
焔硝岩香奈子
私もなにかできることがないか、ご協力したいです。よろしくおねがいします。

2024/01/13
user_icon_photo
田代真理
自分にできること、なんでも協力したいと思います。

2023/12/30
user_image
少しでも環境を良くする
学校教育前提の教育のあり方・社会を見直し、学校教育以外の学び方・居場所を拡充することはもちろんのこと、それを使いやすくすることが必要です。

2023/12/26
user_icon_photo
榊原 泉
Instagramで繋がりました所沢フリースペースえんじんのです。すごく共感して、所沢市でもこの学校を広めたいなぁと思っています。応援しています!

2023/12/17
user_icon_photo
鴻野裕美
学び方はいろいろ!自分に合った場所、学び方で良いと思います。

2023/12/12
user_icon_photo
小笠原静
当事者の思いを代表して声に出していただき、感謝です。ありがとうございます。

2023/12/12
user_icon_photo
山本明子
必要なことだと思います。 頑張ってください

2023/12/12
user_icon_photo
下澤未希
息子も不登校の時期があり 学校以外の居場所の大切さを痛感しています。

2023/12/11
user_icon_photo
今城裕子
浜松のデモクラティックスクールに通っています! とても素敵な学校で、子供も大好きで通っています。 フリースクールの存在に助けられています、どうかよろしくお願い致します。

2023/12/11
user_icon_photo
後藤由紀
浜松市富塚町で デモクラティックスクール び~だ というフリースクールを運営しています。 この活動に共感、感謝致します!

2023/12/09
user_icon_photo
清水陽子
学校機関、フリースクール、家庭などに平等な負担軽減や助成金の支給、協力、共存を強く望みます 子供達が安心できる社会を希望しています!

2023/12/09
user_icon_photo
清水保全
素晴らしい活動ありがとうございます。応援してます。子ども達に多くの選択肢が与えられる事を臨みます。大人も子どもも幸せになる権利は全員にある!

2023/12/09
user_icon_photo
土屋千春
ご自身も不登校のお子さんをお持ちのお母さんなのですね。支援が必要と思っても、ここまで行動されるパワーに頭が下がります。 不登校になったら、まず心を休める、というメッセージなど、経験者ならではの気持ちがこもったお話をじっくり読みました。 この取り組みに応援したい人はたくさんいるはずです。立ち上げてくださりありがとうございます。 私はフリースクールのスタッフです。フリースクールでは、年齢の違い関係なく仲間といることを楽しんで過ごしています。 しかし、不登校の中でもフリースクールなどに行っている人は一部です。外とのつながりを持っていない人にも同じように情報や支援が行きますように。ぜひ公の力が必要です。

2023/12/09
user_icon_photo
愛田恵
このような活動素晴らしいと思います。同じ学校に行かない子を持つ親として私も選択肢のなさや親の負担が大きすぎると感じています。活動応援しています。

2023/12/09
user_icon_photo
西村 美佳孝
2008年からフリースクールを運営しています。 フリースクールの子どもたちの家庭は教育費の二重払いを強いられているため、国が家庭に補助金を支給する(親が払った税金を返還する)ことは当然であり、今の状況は税金ドロボーであると考えています。 フリースクールにも国からの補助金は1円もないので、多くの運営者はバイトで食いつないでいます。 私もこの15年間、土日や早朝深夜にバイトをしながら、生き辛さを抱えた子どもと保護者のケアをしてきましたが、そろそろ限界を感じています。 静岡県は他県に大きく遅れをとっていますが、不登校の激増にさすがに焦ったのでしょう、ようやく重い腰を上げて公教育と民間施設の連携に向けて動き出しました。 浜松市教委も、フリースクールなどの民間施設のリストを作るということで、まず施設訪問から始めるようですが、とにかく遅い!もっとスピードを上げてください。子どもたちの成長は待ったなしです。 やると決めたなら本気で全力でかかって来てください。私も今までやってきたことを全力で伝える用意があります! NPO法人フリースクール空 理事長  西村美佳孝

2023/11/30
user_icon_photo
鈴木梨香
ひとりじゃない♥

2023/11/24
user_icon_photo
山崎加奈子
こどもたちの環境を整えていきましょう!

2023/11/24
user_icon_photo
小田早希子
共に頑張りましょうー!

2023/11/22
user_icon_photo
田中香里
どんな子にもその子らしさがある!学校では学べないこともたくさんある!いろんな学びの場があっていいと思う!!

2023/11/17
user_icon_photo
鈴木千浩
日本の未来を担う子どもたち♡ 子どもたち一人ひとりが笑顔で過ごせるように。どんな選択肢をしても胸を張って過ごしてほしい♡ ありのままで大丈夫な居場所をたくさん増やしていこう!

2023/11/17
user_icon_photo
川合英恵
素晴らしい活動ありがとうございます!

2023/11/17
user_icon_photo
林志織
すべての子供たちが心地よく過ごせる環境整備を!素敵な活動応援しています♡

2023/11/16
user_icon_photo
久保真佐美
早く学校が変わるように、これ以上子どもが心を殺さないですむように、一緒に頑張りましょう

2023/11/16
user_icon_photo
京楽千恵美
学びの機会を奪われているこどもたちがたくさんいます。 いい加減にどうにかして欲しいです。

2023/11/16
user_icon_photo
鈴木好子
我が子たちも不登校です。 みんなが学びやすい環境になるように応援しています!

2023/11/15
user_icon_photo
栗原友香
共感しました。私も不登校2児の母です。頑張って声を上げていきましょう!

2023/11/14
user_icon_photo
大谷可奈子
フリースクールは子どもファースト。学校は残念ながらカリキュラムファーストなのが現状です。学校は選ばれる施設になるよう頑張ってください。フリースクールはお金を払ってでも選ばれる世界。金銭面での格差は基本的人権の侵害です。補助金は必須です。

2023/11/14
user_icon_photo
下村ネヴィンとみ
『学校』が誰でも疲れず楽しんで行ける場所になるまで、フリースクールは必須です。特別支援級・不登校特例校・等と同じような扱いで捉えるべき。そもそもこんなにたくさんの子供達があぶれちゃっている時点で根本の教育システムを見直すべきなのではないか?その責任があるのは政府・大人たち・社会全体だと思います。

2023/11/12
user_icon_photo
酒井朋子
不登校の子ども達の学び、人権を守る皆さまの活動、応援しています。私もどんな小さな事でも一つ一つ出来る事をやっていきます‼️

2023/11/12
user_icon_photo
中島寿子
フリースクール、オルタナティブスクールにも補助金を!!多様性の学びが必要です!

2023/11/11
user_icon_photo
岸本德子
子供そして保護者のため、より良い日本のためにありがとうございます

2023/11/11
user_icon_photo
齋藤浩司
子どもを社会で支えましょう!

2023/11/11
user_icon_photo
中島みどり
うちの子も、学校に行かない選択をした1人です。全国に仲間はいます。 あなたの、お母さんの勇気ある一歩を応援しています! 一緒に前を向いて歩いて行きましょう^ - ^

2023/11/11
user_icon_photo
下道りえ
私も不登校の子どもを持つ保護者です。応援しています。

2023/11/11
user_icon_photo
齋藤純子
全く同じ気持ちです。 応援しております(^-^)

2023/11/11
user_icon_photo
檜山江美
この活動が、全国に広まりますように。 応援しています!

2023/11/11
user_icon_photo
町田直子
頑張ってください 長野から応援しています

2023/11/10
user_icon_photo
こだわり太郎
ひとたび不登校になると、子どもへの対応、自分自身をいかに浮上させるかのケアだけで手いっぱい。そんな時期が、年単位であっという間に過ぎていきます。学びの機会も、手からボロボロこぼれ落ちていきます。 そんななか、同じ状況の子供達、保護者達の力になりたいと、実際に行動に移すことは並大抵のことではないと思います。応援しています。実が結びますように…。

署名 / エールを贈る