Googleマップのクチコミは、評価される側の承諾を得て欲しい。
Google Maps reviews should require the consent of the party being reviewed.

top-img-mobile

Googleマップのクチコミは、評価される側の承諾を得て欲しい。 Google Maps reviews should require the consent of the party being reviewed.

  • 提出先:首相官邸 (Prime Minister's Office of Japan), 国会 (the Diet of Japan), グーグル (Google LLC), アルファベット (Alphabet Inc.), ホワイトハウス (The White House), アメリカ合衆国議会 (The United States Congress), 国際連合 (The United Nations)
  • 担当者:内閣総理大臣 (Prime Minister of Japan), 衆議院議長 (Speaker of the House of Representatives of Japan), 参議院議長 (President of the House of Councillors of Japan), グーグルCEO (Google LLC CEO), アルファベット創業者 (Founders of Alphabet Inc.), アメリカ合衆国大統領 (President of the United States of America), アメリカ合衆国副大統領 (Vice President of the United States of America), アメリカ合衆国下院議長 (Speaker of the United States House of Representatives), 国際連合事務総長 (Secretary-General of the United Nations)
  • ※担当者は提出先の機関内の担当者や関係者を想定しており、提出先を想定しています。本活動と直接関りがない前提でのご記載です。
user_icon
作成者:Googleクチコミ被害者の会 Google Review Victims Association

活動詳細

■ はじめに (Introduction)

私たちはグーグルマップにより誹謗中傷や営業妨害などの被害を受けた被害者と、被害者の支援者からなる「Googleクチコミ被害者の会」と申します。お店や医療機関など(以下、施設と書きます)は無断でグーグルマップに掲載され、匿名のユーザーによって個人情報や虚偽の情報を書きこまれたり、誹謗中傷や営業妨害などをされています。この無法状態を改善する活動を行っています。ご賛同いただける方は誰でも参加できます。署名サイト「Voice」で署名した人を会員とします。グーグルマップが施設に迷惑をかけていることについて、グーグルを相手に集団訴訟を行っています。

We are the "Google Review Victims Association," comprised of victims and supporters of victims who have suffered from damages such as defamation and business interference due to Google Maps. Businesses and medical institutions (hereinafter referred to as "facilities") are listed on Google Maps without permission, where anonymous users post personal or false information, leading to damages such as defamation and business interference. We are engaged in activities to improve this lawless state. Anyone who agrees with our cause can join. Members are those who have signed through the "Voice" petition site. We are conducting a class action lawsuit against Google LLC in Japan for the inconvenience caused to facilities by Google Maps.

グーグルマップには以下のような明らかな問題点があります。
(1) 施設は勝手に掲載され、無関係の人に施設情報を変えられてしまう。
(2) 施設は施設情報を守るためにグーグルへの入会を強制される。
(3) 間違った施設情報を修正依頼しても対応されないことがある。
(4) 事実と異なる「混雑している時間帯」が勝手に表示され営業妨害されることがある。
(5) あからさまな侮辱が削除されないばかりか、侮辱を続けるユーザーがグーグルから表彰され、サービスなどを無料提供されるなど実質的にお金をもらっている。
(6) 「ここがどこか知らない」と書いている低評価のクチコミさえも放置されている。
(7) 「性犯罪をされた」などの明らかな名誉棄損のクチコミが放置されている。
(8) 顔写真や住所・電話番号などの個人情報が勝手に書きこまれ放置されている。
(9) 他人の病気や障害を勝手に書いて侮辱しているクチコミが放置されている。
(10) 上記のような明らかにグーグルポリシー違反のクチコミを報告しても削除されないことが多い。
(11) 悪いクチコミを書くと脅迫したり、悪いクチコミを消すかわりに金銭を要求したり、高い料金で虚偽の良いクチコミを書く悪徳業者が放置されている。
(12) 危険で不適切な治療を行う医療機関が推奨されていることがある。

Google Maps has clear problems, as detailed below:
1. Facilities are listed on Google Maps without consent, allowing unrelated people to alter facility information.
2. Facilities are forced to join Google to protect their information on Google Maps.
3. Even when facility owners request Google to correct incorrect information on Google Maps, Google sometimes does not respond.
4. False "busy times" are displayed without basis, leading to business interference.
5. Not only are insulting reviews containing words such as "bitch" not removed, but users who continuously write such reviews are rewarded by Google with free services, essentially receiving money.
6. Even low-rated reviews stating "I don't know this place" are left unaddressed.
7. Clearly defamatory reviews, such as "I was sexually assaulted by a doctor here" are left unaddressed.
8. Personal information such as photos, addresses, and phone numbers are posted without consent and left unaddressed.
9. Reviews that insult someone's illness or disability are left unaddressed.
10. Reports of reviews that clearly violate Google's policies are often ignored and not deleted.
11. Threats to write bad reviews or refusal to delete bad reviews unless paid off, and fraudulent businesses that charge high fees for fake good reviews, are left unchecked.
12. Medical institutions that perform dangerous and inappropriate treatments are sometimes recommended.

当会代表はグーグルマップで大きな被害を受けたわけではなく、自分の施設に書きこまれたクチコミを消して欲しいから活動をしているわけではありません。私たちはグーグルマップにある危険な機能の改善を求めています。誰もがトラブルに巻き込まれる危険性があるからです。そして、グーグルマップによってトラブルに巻き込まれた多くの被害者を助けたいと思っています。

Our representative has not suffered significant damage on Google Maps, and he is not doing this because he want reviews written about him to be removed. We are demanding that Google fix dangerous features on Google Maps because everyone is at risk of becoming involved in trouble. Our goal is to help the many victims who have been troubled by Google Maps.

■ 表現の自由について (Freedom of Expression)

私たちの活動が表現の自由を制限することはありません。私たちは表現の自由は最も重要なものの一つで守らなければならないと考えています。グーグルマップに虚偽の情報が掲載されることは表現の自由には該当しないばかりか、真の表現の自由を損なうと考えています。医療機関は守秘義務があるためグーグルマップのクチコミに対して反論がほとんどできません。匿名のユーザーが、グーグルマップで医療機関を一方的に批判することは、一方的なプロパガンダを流すことと同じように表現の自由を損なうと考えています。これは間違った情報が人々に拡散される原因になります。そして、一方的に批判されてしまう側の人々は、生活が脅かされることから委縮して自由な表現ができなくなります。私たちはこの活動によって真の表現の自由を守りたいと考えています。

We do not seek to limit freedom of expression, which we consider one of the most important rights that must be protected. However, the posting of false information on Google Maps does not constitute freedom of expression and actually undermines true freedom of expression. Medical institutions, bound by confidentiality, cannot effectively respond to Google Maps reviews, allowing anonymous users to unilaterally criticize medical facilities, which amounts to one-sided propaganda. This spreads misinformation and restricts the freedom of expression of those being unfairly criticized. Medical workers who are criticized unilaterally may become afraid and unable to express themselves freely. We aim to protect freedom of expression through our activities.

■ 私たちの理念 (Our Philosophy)

(1) グーグルマップが引き起こす誹謗中傷や営業妨害などの問題がなくなり安心して暮らせる社会を目指して活動します。
(2) 可能な限り多くの人々が賛同して活動に参加できるよう努めます。

1. We strive to create a society where the problems of defamation and business interference caused by Google Maps no longer exist, allowing people to live their lives without such concerns.
2. We endeavor to involve as many people as possible in our activities.

■ 私たちの目標 (Our Goals)

グーグルマップのような大きな欠陥のあるウェブサイトに他人の情報を掲載して営利活動を行うのであれば、掲載される側の承諾を得て欲しいと思います。目標は以下の3点です。
(1) グーグルマップに誤った情報を記載されないようにすること
(2) グーグルマップによる誹謗中傷や営業妨害を可能な限り防ぐこと
(3) グーグルマップに掲載された施設がクチコミの対象となるか選択する権利を得ること

If a website with significant flaws like Google Maps is going to post other people's information for commercial purposes, we believe it should obtain the consent of those whose information is to be posted. Our goals are as follows:
1. To ensure that incorrect information is not posted on Google Maps.
2. To prevent defamation and business interference by Google Maps as much as possible.
3. To ensure that facilities have the right to choose whether they are subject to reviews on Google Maps.

■ 私たちのポリシー (Our Policy)

(1) 私たちの活動はグーグルマップのシステム改善を求めるものであり、個別具体的な事例に対する活動はしません。
(2) 公益のために活動し、一部の人々の利益のための活動はしません。
(3) 個人情報を保護し、誹謗中傷を受けた被害者の二次被害が起きないようにします。
(4) グーグルとも可能な限り友好的な関係を築き、改善策を提示するなど建設的な活動を行います。

1. Our activities focus on improving the Google Maps system, not on individual cases.
2. We act for the public good, not for the benefit of specific individuals.
3. We protect personal information and prevent secondary harm to victims of defamation.
4. We strive to maintain a cooperative relationship with Google and engage in constructive activities, such as proposing improvements.

■ 私たちの活動 (Our Activities)

(1) SNSや署名サイト、集団訴訟公式サイト等から情報を発信します。
(2) 署名サイト「Voice」で署名活動を行い、集まった署名は意見書とともに政治家やグーグルに送付します。
(3) 具体的な改善策について意見を集め提案をします。
(4) グーグルマップが施設に迷惑をかけていることについて、グーグルに対する集団訴訟を行います。
(5) 全ての被害者が訴訟に参加するためにクラウドファンディングを行います。
(6) 可能な限りメディアの取材に対応します。
(7) 可能な限り多くの人々の意見を取り入れます。

1. We disseminate information through social media, petition sites, and the official website for our class action lawsuit.
2. We conduct signature campaigns on the petition website "Voice", the signatures from which will be sent to politicians and Google along with a written statement of our opinion.
3. We collect opinions on specific improvement measures and propose them.
4. We will engage in a class action lawsuit against Google for the inconvenience caused to facilities by Google Maps.
5. We conduct crowdfunding to enable all victims to participate in the lawsuit against Google.
6. We accommodate media inquiries as much as possible.
7. We incorporate the opinions of as many people as possible.

グーグルマップの問題について具体的な改善案をグーグルや社会に提示していく必要があります。改善案がある方は差し支えなければご教示いただけますと幸いです。

It is necessary to propose specific improvement measures to Google and society regarding the problems with Google Maps. We would appreciate any suggestions on how to fix these issues with Google Maps.

■ グーグルマップの問題点 (Problems with Google Maps)

グーグルマップは現在世界中で最もよく使われているインターネット上の地図の一つです。グーグルは施設を無断でグーグルマップに掲載しています。グーグルマップには誰でも勝手に施設の情報を変更できるようになっており、しばしば嫌がらせや営業妨害に使われています。施設管理者は施設の情報を守るためにグーグルビジネスプロフィールの登録を事実上強制されています。

Google Maps is one of the most widely used online maps globally. Google lists facilities on Google Maps without permission. Anyone can change facility information on Google Maps, and it is often used for harassment and business interference. Facility managers are essentially forced to register with Google Business Profiles to protect their information.

グーグルマップにはグーグルレビューという施設にクチコミを書き込める機能が付いており、施設を星の数で評価できるようになっています。グーグルマップのクチコミは誰もが匿名で書き込むことができ、しばしば間違った情報が書き込まれ、誹謗中傷や営業妨害などが行われる無法地帯となっています。

Google Maps includes a function called Google Reviews that allows users to write reviews and rate facilities. Since anyone can write reviews anonymously on Google Maps, incorrect information is often posted, creating a lawless zone where defamation and business interference occur.

グーグルマップにはルールとしてグーグルポリシーが定められていますが、これはグーグルが作ったものに過ぎず、違反の判定はグーグルが恣意的に行っています。悪質なクチコミは削除依頼できますが、多くの場合は拒否されています。ポリシー違反と判定されない場合は違法な書き込みであっても放置され、裁判所から命令されるまでグーグルは削除に応じていません。グーグルが営利活動のために作ったグーグルマップが施設をトラブルに巻き込んでいるにも関わらず、施設が自分でトラブルを解決させられるのはおかしいです。このような欠陥のあるグーグルマップのクチコミ機能の対象にされるかどうかは、施設側に選択権があるべきです。

Google has established rules in the form of Google policies. However, these policies are created by Google, and decisions on violations are made arbitrarily by Google. While malicious reviews can be requested for deletion, they are often denied. If a review is not judged to be a policy violation, even illegal postings are ignored until a court orders Google to delete them. It is unreasonable that facilities have to resolve issues caused by Google Maps, which Google has created for profit. Facilities should have the right to choose whether to be subject to Google Maps' review function.

悪質なクチコミを訴えるためには多額の費用がかかり、勝訴しても全額回収できないことが多いです。裁判には大きな労力がかかり、クチコミが削除されるまで長い期間がかかります。裁判自体が施設のイメージに良くありません。逆恨みした加害者が嫌がらせをする場合もあります。理不尽なことに、虚偽のクチコミを裁判で削除するには、書かれた側が虚偽の証明を要求されます。裁判所は、悪質なクチコミを書いた人にこそ、書いた内容が真実であることの証明を要求するべきです。悪質なクチコミが削除されても、書いた人は簡単に新たな悪質なクチコミを書くことができます。裁判で簡単に解決するわけではないのです。

In Japan, suing for malicious reviews involves significant costs, and even if one wins, not all costs are recoverable. Litigation requires significant effort, and it takes a long time for reviews to be deleted. Being involved in litigation itself is not good for a facility's image. There are even situations where perpetrators of harassment retaliate. Unfortunately, Japanese courts unreasonably require that the reviewed party must prove the falsehood of the claims in order to have them removed. Instead, Japanese courts should require the person who wrote the malicious review to prove that what they wrote is true. Even if malicious reviews are deleted, the person who wrote them can easily write new malicious reviews. Resolving issues through litigation is not easy in Japan.

フェイスブックなどのSNSとは異なり、施設は強制的にグーグルマップに掲載されており辞めることができません。グーグルマップ上では閉業扱いにする方法はありますが、事実と異なる記載になってしまう上、誰でも営業中扱いに戻すことができます。グーグルマップに書き込まれた誹謗中傷が原因でうつ病になり自殺した人々がいることが報告されています。グーグルマップに誹謗中傷を書いた人が反撃されて自殺したケースも報告されています。

Unlike social media platforms like Facebook, facilities are compulsorily listed on Google Maps and cannot opt out. Although there is a way to change a facility’s status to “closed” on Google Maps, this would inaccurately portray the operating status of the facility. In addition, anyone can change a facility’s status back to “open.” There are reports of people who have become depressed and committed suicide due to defamation written on Google Maps. There are also reports of people who wrote defamatory content on Google Maps and then committed suicide when retaliated against.

グーグルマップのクチコミには返信することができますが、施設管理者以外は返信することができません。施設はクチコミに反論するとイメージが悪くなる可能性があります。医療機関は守秘義務があるためクチコミに反論することが極めて困難です。そのため、悪質なクチコミを書かれた医療機関は十分に反論することができず、ユーザーは匿名で一方的に医療機関を誹謗中傷することができます。

Facility managers can respond to reviews on Google Maps, but no one else can. If a facility responds to a review, it may negatively affect its image. It is extremely difficult for Japanese medical institutions, bound by confidentiality, to respond to reviews. Therefore, medical institutions that have been maliciously reviewed cannot adequately respond, and users can anonymously unilaterally defame medical institutions.

グーグルマップには問題が発生してもグーグル社員が直接対応する問い合わせ窓口がありません。グーグルの日本法人には問題に対応する十分な権限が与えられていません。日本で起きた問題であっても、多くの場合、米国のグーグル本社に英語で連絡することを求められます。グーグルマップで誹謗中傷や営業妨害などをされた被害者が連絡をしても、グーグルは何もせずに放置することが多いです。多くの日本メディアが取材依頼をしてもグーグルは無視しています。

Even when there are issues with Google Maps, there is no support helpline available in Japan where Google employees can directly handle inquiries. The Japanese subsidiary of Google does not have sufficient authority to deal with problems. Even if the issue occurs in Japan, in many cases, one is required to contact Google's headquarters in the U.S. in English. When victims of defamation or business interference on Google Maps contact Google, Google often does nothing and ignores them. Many Japanese media requests for interviews are also ignored by Google.

グーグルは2023年に1億7千万件以上のポリシー違反のグーグルマップのクチコミに対処したと公表しています。このように、グーグルマップには膨大な数のポリシー違反のクチコミがあるにも関わらず、2018年に総務省が立ち上げた有識者会議「プラットフォームサービスに関する研究会」の調査によると、グーグルは日本国内にグーグルマップのクチコミの削除要請に対応する部署や責任者を置いていません。

Google announced in 2023 that it had addressed over 170 million policy-violating reviews on Google Maps. Despite there being such a vast number of policy-violating reviews on Google Maps, Google does not have a department or responsible person in Japan to handle requests for deleting reviews on Google Maps, according to a study by a panel of experts called the "Platform Services Study Group," launched by Japan's Ministry of Internal Affairs and Communications in 2018.

グーグルマップは無料サービスなのだから相談窓口がなくてもよいのではないかという意見もあります。しかし、グーグルマップは利用者にとっては無料サービスなのであって、勝手にグーグルマップに掲載されて迷惑をかけられている施設にとってグーグルマップはサービスではありません。サービスを受けるどころか損害が生じています。

There are opinions that Google Maps does not need a customer support service because it is a free service. However, while Google Maps is a free service for users, it certainly does not act as a service for facilities that are listed on Google Maps without their consent and are inconvenienced by Google Maps. If anything, facilities suffer damage due to Google Maps.

皇居や宗教施設すらグーグルマップに点数評価やデマ・誹謗中傷が書き込まれています。グーグルマップでは誰もが知らないところで自分の個人情報を書き込まれてしまう可能性があります。他人の名前を名乗って誹謗中傷を書き込むことも可能です。患者が他の患者を侮辱することも起こり得ます。子供が誹謗中傷を書き込んだケースもあります。グーグルが悪質なクチコミの削除を拒否することが多いため、「グーグルのクチコミに誹謗中傷を書く」と脅迫を受ける事例や、誹謗中傷を消す代わりに金銭を要求される事例が増加しています。

Even the Imperial Palace and religious facilities are subject to ratings and false information and defamation on Google Maps. Google Maps allows anyone to post personal information without the individual’s knowledge. It is also possible to defame someone using another person's name. Patients can also insult other patients. There are even cases where children have written defamatory reviews. Because Google often refuses to delete malicious reviews, there are increasing instances of threats to write defamatory content on Google reviews or demands for money in exchange for removing defamatory reviews.

■ グーグルマップが日本の医療にもたらす深刻な問題 (Serious Problems Google Maps Poses to Japanese Healthcare)

グーグルマップによる誹謗中傷や営業妨害などによって、日本の医療機関は特に深刻な被害を受けています。それは主に以下のような理由によると考えられます。

Defamation and business interference via Google Maps severely affect Japanese medical institutions in particular, mainly for the following reasons:

日本では高齢者が多く、患者自身が支払う医療費は少ないため、多くの患者が医療機関を受診しており医療機関の負担は非常に大きくなっています。日本では、患者は医療機関を受診すると実質的に国からお金をもらうことになります。そのため、政府は医療機関に対し、医療の質の水準を一定以下に下げるよう義務付けています。医療機関には患者の身勝手な要求を拒否し、医療費の無駄遣いを阻止する使命があります。しかし、上記に対する患者の不満は行政ではなく医療機関に向けられています。COVID-19の影響で医療機関への受診が困難になったことも影響しています。日本には客や患者が店や医療機関より偉いと勘違いした人々がおり、店員や医療従事者への深刻なハラスメントが起きています。医療機関の仕事は深刻な内容であり、患者は体調不良から精神的に不安定な状態にあることも、グーグルマップによる医療機関への誹謗中傷が深刻になる原因です。

In Japan, there are many elderly people, and patients pay little for medical care out of pocket. As a result, many patients visit medical institutions, increasingly burdening such institutions. In Japan, when patients receive medical care at a medical institution, they essentially receive money from Japan. Therefore, the government requires medical institutions to keep the quality of medical care below a certain level. Medical institutions have a mission to refuse patients' selfish demands and prevent wastage of medical expenses. However, patient dissatisfaction with such policies is directed at medical institutions, not the administration. The difficulty of visiting medical institutions due to COVID-19 has also affected this. In Japan, there are people who mistakenly think that customers or patients are more important than business establishments or medical institutions, leading to serious harassment of shop staff and medical personnel. The work of medical institutions is serious, and patients being in poor health can make them mentally unstable, exacerbating the severity of defamation on Google Maps.

「医師にはホスピタリティが足りない」と言う人がいますが、これは職業差別につながると思います。ホスピタリティがある医師もいればない医師もいるでしょう。これはどの職業でも同じことです。医療全体の質については医師個人の責任ではなく、管理している行政に責任があります。

Some people say that doctors in Japan lack hospitality. We believe that this sentiment leads to occupational discrimination. There are hospitable and inhospitable doctors, as in any profession. The quality of healthcare overall is the responsibility of the managing administration, not individual doctors.

日本では医師は強い立場にあると誤解されることが多いですが、実際には医師の立場は弱いです。日本の医師は患者を選ぶことができず、料金を自分で決めることもできません。医師には守秘義務があり、誹謗中傷を受けても真実を公開して反論することはできません。医師は個人情報を公開されており、勤務場所や勤務の日時も公開されています。医師は裁判で不利に扱われた事例が多数あります。医師は行政により支配されており、奴隷のように働かされている医師が大勢います。彼らの膨大な無給労働によって日本の医療は成り立っています。日本では、一部のメディアやグーグルマップ等により医師へのヘイトが煽られています。その結果、医師が殺されたり、クリニックが放火されたりしています。

In Japan, doctors are often misunderstood as being in a strong position, when in actuality, their position is weak. Japanese doctors cannot choose their patients and cannot set their fees. Doctors are bound by confidentiality and cannot publicly reveal the truth to counter defamation. Doctors' personal information is public, and their workplaces and working hours are also public. There are many cases where doctors are disadvantaged in court. Doctors are controlled by the administration and a significant number of doctors are forced to work like slaves. The vast unpaid labor of these doctors sustains Japanese healthcare. In Japan, some media and platforms like Google Maps incite hatred against doctors. As a result, doctors have been killed, and clinics have been set on fire.

グーグルマップによって日本の医療広告ガイドラインが台無しになっています。危険で不適切な治療法を行う医療機関や患者の違法な要求に応じる医療機関がグーグルマップで高評価を受けています。グーグルマップでの誹謗中傷を恐れて医療機関が悪質な患者の違法な要求に従う事例が多数報告されています。その結果、無駄な医療費が増大し、不適切な抗菌薬の使用により耐性菌が増えています。日本では、医療費が増大して国民皆保険が崩壊すれば、限られた人しか医療を受けられない社会になります。

Google Maps has ruined Japan's medical advertising guidelines. Medical institutions that perform dangerous and inappropriate treatments or comply with illegal patient demands receive high ratings on Google Maps. Fear of defamation on Google Maps leads medical institutions to comply with malicious patients' illegal demands, as reported in numerous cases. As a result, unnecessary medical expenses increase, and inappropriate use of antibiotics leads to more resistant bacteria. In Japan, if medical expenses increase and national health insurance collapses, only a limited number of people will be able to receive medical care.

コロナ禍において、医療機関が事前連絡なしに来院した発熱患者を院内に入れることができず、患者がこれに対して悪いクチコミをグーグルマップに書きこむことは全国で多発していました。今後、新たな危ない感染症が現れる可能性はあります。その時、このような患者の言いなりになる医療機関が増えてしまうと、危険な感染症の感染拡大を起こし、感染症に弱い糖尿病患者などは命を落とす可能性もあります。このように、グーグルマップでは感染対策を適切に行わない方がクチコミが良くなるため、感染症対策の面でも良くないと考えられます。

During the COVID-19 pandemic, medical institutions were unable to admit patients with fever who came without prior notice, and resentful patients frequently posted negative reviews on Google Maps in Japan. There is a possibility that new dangerous infectious diseases will appear in the future. If more and more medical institutions become obedient to these patients, this could lead to the spread of dangerous infectious diseases, and diabetic patients who are vulnerable to infectious diseases may even lose their lives. In this way, on Google Maps, Japanese medical institutions have better reviews if they do not take infection control measures. It is not a good idea to subject Japanese medical institutions to Google reviews from the perspective of infection control.

■ グーグルマップが裁判所にもたらす問題 (Problems Google Maps Poses to Courts) 

グーグルマップには非常に多くの悪質なクチコミが記載されていますが、グーグルは十分な対応をしておらず、多くの場合、裁判所に問題を丸投げしています。しかし、これは裁判所の負担になっています。裁判所は無料で運営することはできません。裁判所の事務処理能力には限度があります。

There are so many evil Google reviews being posted, but instead of taking action themselves, Google is letting the courts do the work for them. But this places a burden on the courts. Courts cannot operate free of charge. The courts' processing capacity is not unlimited.

このように、グーグルマップという無責任な営利活動は、日本の裁判所というインフラにただ乗りしており、裁判官などの裁判所職員に過大な負担をかけています。このようなことは、裁判の質の低下を誘発することにもつながります。

Thus, Google Maps, an irresponsible commercial operation, is free riding on the infrastructure of the Japanese courts. This could lead to a decline in the quality of Japanese courts.

■ 私たちの考え (Our View) 

大事故の背後には多くの小さな事故やインシデントがあると言われています。グーグルマップにも同様のことが言えます。極端に悪質な誹謗中傷だけを防いでも問題は解決しないと考えます。根本原因はモラルが崩壊していることにあるからです。モラルが崩壊している理由はグーグルマップの機能が出発点から間違っているからです。他人を勝手に地図に掲載して、虚偽の情報や誹謗中傷も書きこめる無法なクチコミ機能の対象となることを強制するべきではありません。幸せな人がグーグルマップで誹謗中傷や営業妨害をすることはないでしょう。犯罪は教育だけで防ぐことはできず、環境も重要です。「嘘つきは泥棒の始まり」と言われるように、小さな罪を犯すことで人はより悪い人間へと変わってしまいます。グーグルマップは不幸な人々が繰り返し罪を犯すことを促進しています。

It is said that behind major accidents are many small accidents and incidents. This applies to the current situation with Google Maps. Preventing only extremely malicious defamation will not solve the problem because the root cause is a breakdown in morality. The reason for this moral breakdown is that the features of Google Maps are wrong from the start. Facilities should not be forced to be subject to a lawless review function that allows anyone to post false information and defamation; this is especially so since they have been posted on Google Maps without their permission in the first place. Surely, happy people would not defame or interfere with businesses on Google Maps. Crime cannot be prevented by education alone; the environment is also important. As the saying goes, "Lying is the start of thievery." Committing small sins leads people to become even worse. Google Maps encourages unfortunate people to repeat their sins.

グーグルマップのクチコミは世界に公表されるため、本来のクチコミとは全く異なります。真実であっても世界に公表してはならないことがあります。例えば、他人の病気を勝手に世界に公表すべきではありません。人格に点数やクチコミを付けて公表することは、物に対するクチコミとは次元が異なります。極端に悪いクチコミであれば誰もがすぐに悪いと判断できますが、善悪の判断が難しいクチコミも存在します。しかし、書かれた側が「悪いクチコミ」だと思えば、そのクチコミは書かれた側にとっては間違いなく悪いクチコミなのです。グーグルマップのクチコミを書くことは書く人の人生にほとんど影響はないですが、誹謗中傷のクチコミを書かれた側は人生を狂わされる可能性があります。悪いクチコミもないとフェアではないという意見は、クチコミを利用する側のことしか考えず、クチコミで人権を侵害される人々のことを無視していることが多いと思います。私たちは人権侵害をしてまでグーグルマップを利用する権利はないと考えます。

Google reviews are published to the world on Google Maps, so they are completely different from old-fashioned word-of-mouth reviews. Some things should not be published to the world, even if they are true. For example, one should not reveal someone else's illness to the world. Rating and reviewing a person's personality publicly is completely different from reviewing objects. While anyone can immediately judge extremely bad reviews as bad, there are reviews where it is difficult to judge good from bad. However, if the reviewed party thinks the review is bad, then for them, it undoubtedly is. Writing a review on Google Maps has little impact on the writer's life, but the party reviewed can have their life turned upside down. The opinion that having no bad reviews would be unfair only considers the needs of those who consume the reviews while ignoring the rights of those whose rights are violated by them. We believe that people’s rights to use Google Maps does not extend to violating others’ human rights.

グーグルマップは20年前には存在しなかったもので、なくても問題ないものです。利便性を優先して他人の権利を侵害してはならないと考えます。グーグルマップは医療機関を選ぶための適切な手段ではありません。医療機関の質を担保するのは行政の仕事であり、そのために資格があります。医療機関を探す時は、まずは各種資格や専門分野、経歴等を確認した方が良いと考えます。

Google Maps didn't exist 20 years ago, and we can do without it. Convenience should not take precedence over infringing on others' rights. Google Maps is not an appropriate means to choose medical institutions. Ensuring the quality of medical institutions is the job of the administration, which is precisely why qualifications exist for such professions. When searching for medical institutions, it is better to check various qualifications, specialties, and backgrounds first.

インターネット上の誹謗中傷を防止するための法改正が進められています。誹謗中傷は法的概念にないという意見があるため、まずは「誹謗中傷は違法行為である」と明確に法律に定めることを求めていきます。

Legislation to prevent online defamation is being advanced. Because some believe defamation is not a legal concept, we first seek to clearly define how "defamation is an illegal act" in the law.

■ 私たちの活動のねらい (Our Objectives)

法律の専門家からは、本件でグーグルを刑事裁判で訴えることはできないと言われています。日本の民事裁判ではグーグルマップの機能改善を求めることはできず、原告の個別具体的な被害について賠償を求めることしかできません。それでもグーグルに集団訴訟する意義は大きいと考えます。裁判により被害者の存在が公的に認められ、被害を止める責任がグーグルに発生し、事実としてウィキペディアなどに記録されます。裁判をすることでグーグルの見解が明らかになり意見交換ができます。期待する判決が得られなくても、現行法の問題が明らかになります。そして、社会にこの問題を認識していただけます。

Legal experts have said that it is not possible to sue Google criminally in this case. In Japanese civil litigation, it is not possible to demand the improvement of Google Maps' functions, and only possible to seek compensation for each plaintiff's specific damages. Nevertheless, we believe there is significant merit in suing Google collectively. Litigation will lead to the public recognition of the existence of victims, making Google responsible for bringing an end to the damage. This will be recorded as fact on platforms such as Wikipedia. Litigating allows for an exchange of views with Google and clarifies Google's perspective. Even if the desired verdict is not obtained, it clarifies the problems with current law, and society becomes aware of the issue.

グーグルが対策を進めても、過去に起こった被害への責任が免責されるわけではなく、集団訴訟は行うことができます。グーグルがグーグルマップの改善を進めること自体は歓迎しますが、アピールするだけで本質的な改善を伴わないパフォーマンスでは評価に値しません。時々、グーグルは多数の悪質なクチコミを削除したとアピールしていますが、逆に言えばそれまでは大量の悪質なクチコミが存在したということであり、今も削除されていない悪質なクチコミが多数あるということです。私たちの活動によって、グーグルが本気で本質的な問題を解決するように促していきます。

Even if Google advances measures to combat this issue, they are not exempt from liability for past damages, and class action lawsuits can still be conducted. We welcome Google's progress in improving Google Maps, but merely making a display without substantive improvement does not deserve praise. Google has sometimes touted that it has deleted numerous malicious reviews. However, this means that a large number of malicious reviews existed until that point and many still do. Our activities aim to urge Google to seriously resolve the fundamental issues.

グーグルマップを改善しても、昔のグーグルマップと類似のサービスが現れて問題を起こすだけで意味がないのではないかという意見がありますが、私たちはそうではないと考えます。グーグルにグーグルマップを改善させることになる判決が下されれば、全企業がその判例の影響を受けることになります。グーグルは自社だけが不利になることは望まないでしょうから、グーグルマップの方針を変える時はインターネットのルールを変えようと動くでしょう。グーグルマップほどの影響力を持ったインターネット上の地図は当分現れないと考えており、最大の影響力を持つグーグルマップが改善されれば大きな進歩だと思います。

There is an opinion that even if Google Maps were to be improved, a service similar to the old Google Maps could appear and render the improvements meaningless. We do not think that this will be the case. If a judgment is made that forces Google to improve Google Maps, all companies will be affected by this precedent. Google would not want its company to be at a disadvantage, so when it changes the policy of Google Maps, it will move to change the rules of the internet. An internet map with as much influence as Google Maps will not appear for a while, and if Google Maps, the most influential map, is improved, it will be significant progress.

グーグルマップに書き込まれる誹謗中傷やサクラに対策をしても、イタチごっこになるだけで意味がないという意見もあります。それでは、昔から法律や警察があっても強盗などの犯罪はなくなりませんが、法律や警察はいらないのでしょうか?そんなわけがありません。対策は必要であり、改善する必要があります。

There is also the opinion that even if measures against defamation and shills on Google Maps are taken, it will only be a game of whack-a-mole. Does the persistence of crimes such as robbery, despite the establishment of laws and police, make laws and police unnecessary? It certainly does not. Therefore, measures are necessary and improvements are needed.

■ 巨大プラットフォーマーが引き起こす問題 (Problems Caused by Major Platforms) 

これまではインフラに支障が出たら速やかに対処されるのが当たり前でした。しかしインターネットの世界的巨大プラットフォーマーはそうではありません。窓口がなく、日本で日本語を話さず、問題を放置します。このような企業が日本でも勢力を急拡大しています。

In Japan, it used to be normal to quickly address any issues with infrastructure. However, major global internet platforms are not like this. They have no customer service, do not speak Japanese in Japan, and leave problems unaddressed. Such companies are rapidly expanding their influence in Japan as well.

グーグルマップは、過去にあった「2ちゃんねる」とは次元の違うものです。「2ちゃんねる」はアングラ的なものという共通認識があり、あくまで便所の落書きと同じ扱いでした。見ようとしなければ「2ちゃんねる」の書き込みを見ることはありません。それに対しグーグルマップは世界最大手の会社が運営する誰もが見る地図です。グーグルマップの影響力は非常に大きく、そこで発生する人権侵害は大変深刻です。

Google Maps is different from Japan's past "2channel" (4chan in the English-speaking world). "2channel" was recognized as underground, and treated the same as bathroom graffiti. If one did not look, one would not see posts on "2channel." In contrast, Google Maps is a map viewed by everyone, operated by the world's largest company. The influence of Google Maps is very large, and the human rights violations that occur there are very serious.

世界的な巨大プラットフォーマーが引き起こす問題は一人で解決することはできません。しかし、誰かが変えてくれるのを待っていても変わることはありません。皆で団結し、できることから行動しなければなりません。

The problems caused by major global platforms cannot be solved by one person. However, waiting for someone else to change it will not change anything. We must unite and start doing what we can.

プラットフォーマーが引き起こす問題を本質的に改善するためには、まず法改正が必須であると考えます。次に、世界中の人々がこの問題は誰にとっても他人事ではなく深刻な問題であることを知る必要があります。そして、世界的巨大プラットフォーマーに自らインターネットのルールを改善させる必要があります。

The first necessary step to fundamentally improve the problems caused by such is to make legal amendments. The next step is to raise awareness among people around the world that this issue is a serious problem for everyone, and not just someone else's problem. Finally, major global platforms must improve the rules of the internet themselves.

メタの詐欺広告の被害者の方々など、私たちと本質的に同じような巨大プラットフォーマーが引き起こした問題に直面している方々と、当会は協力関係になることを希望しています。当会代表は匿名で活動しており売名行為はしていません。グーグルに対する集団訴訟は赤字になることが想定されており、私たちに個人的利益はありません。私たちは公益のために活動しています。

We hope to form a cooperative relationship with others facing essentially similar problems caused by major platforms, such as victims of Meta's fraudulent advertisements. Our representative acts anonymously and does not engage in self promotion. The class action lawsuit against Google is expected to be unprofitable, so there is no personal gain for us. We act for the public good.

メタの詐欺広告などの、巨大プラットフォーマーが引き起こした他の問題の被害者の方々と、私たちが具体的に協力できることには以下のようなものがあります。

There are specific ways we can cooperate with victims of other problems caused by major platforms:

(1) お互いに情報交換して問題点をまとめることで、プラットフォーマーの本質的問題を指摘できます。
(2) 被害者の方々が訴訟を提起した場合、私たちと同じような展開になることが予想されるため、お互いに情報交換をすることで有益な情報が得られます。
(3) 情報発信する際に、プラットフォーマーに共通する問題としてお互いの活動を取り上げることで相乗効果が生まれます。
(4) 政治家に法改正を要求する際に力を合わせることができます。
(5) プラットフォーマーとの交渉でお互いに協力することで、突破口を開ける確率が高まります。

1. By exchanging information with each other, we can summarize and point out the fundamental problems of major platforms.
2. If other victims file lawsuits, we expect the progression of their lawsuit to be similar to ours. Therefore, exchanging information with each other can provide useful information.
3. When disseminating information, highlighting each other’s activities to bring awareness to common problems with internet platforms can create a synergistic effect.
4. We can join forces when demanding legislative amendments from politicians.
5. By cooperating with each other in negotiations with platforms, we increase our probability of making a breakthrough.

■ 被害の実態 (The Reality of the Damage) 

たとえば、性犯罪をしたなどとグーグルマップに書かれてしまう人もいます。このような明らかな名誉棄損は、真偽不明であっても書かれた側に取り返しのつかない大きな被害を与える恐れがあります。それにも関わらず、グーグルはこのような書き込みの多くを放置しています。

There are, for example, people who have been written about on Google Maps as having committed sexual crimes. Such clear defamation can cause great irreparable damage to the party being written about, even if the truth is unknown. Nevertheless, Google leaves many such writings unaddressed.

グーグルマップによる被害
(1) 施設を勝手に閉業したことにされた。
(2) 施設の名前や住所、電話番号、営業時間などを間違った記載に勝手に変えられた。
(3) 知らない間に自宅が表札付きで写真掲載されていた。
(4) グーグルマップに書かれた間違った情報を、オーナーがグーグルに報告しても修正を拒否された。
(5) 事実と異なる「混雑している時間帯」が勝手に表示され営業妨害された。
など

Damage caused by Google Maps includes, but is not limited to:
1. Facilities being treated as if they had closed without permission.
2. Names, addresses, phone numbers, and business hours of facilities being changed to incorrect information without permission.
3. Personal homes being posted with doorplates in photos without the owner knowing.
4. Corrections to incorrect information on Google Maps being refused, even if the owner reports it.
5. False "busy times" being displayed without basis, leading to business interference.

グーグルレビューによる被害
(1) 職員の顔写真や本名、住所、携帯電話番号などの個人情報を勝手に掲載された。
(2) 悪いクチコミの削除と引き換えに金銭を要求したり、金を支払わなければ多数の悪いクチコミを書く犯罪集団がいる。
(3) 要求に従わなければ悪いクチコミを書くと脅迫して、料金の支払いを拒否しようとする犯罪者がいる。
(4) 高額な料金で虚偽の良いクチコミを書く悪徳業者がいる。
(5) 誹謗中傷を書くと脅迫して不正な医療を受けようとしたり、違法な要求を拒否されたことを逆恨みして誹謗中傷を書き込む悪質な患者がいる。
(6) 自社に良いクチコミを書き、競合他社に悪いクチコミを書いて回る会社がある。
(7) 店に犯罪行為を止められた客が逆恨みして誹謗中傷を書き込んだ。
(8) 無関係の人の書いたグーグルマップの間違った情報のせいで、客が店に辿り着くことができず、店に低評価のクチコミを付けた。
(9) あからさまな侮辱のクチコミがたくさん書かれており、グーグルに通報されても消されず大量に残っている。
(10) 病気や障害、容姿、知能、学歴、職業を侮辱するクチコミがたくさん書かれており、グーグルに報告しても削除されなかった。
(11)「性犯罪をした」などの明らかな名誉棄損となるクチコミが書かれ、削除されずに残っている。
(12) グーグルマップに多数のあからさまな侮辱を書いたユーザーが、グーグルから高レベルのグーグルローカルガイドとして表彰され、サービスの無料提供を受けるなど実質的にお金をもらっている。
(13) 低い評価を付けられた親の子供がいじめられた。
(14) 開業前から低評価のクチコミを書かれたり、TVで見ただけの人々に低評価のクチコミを書かれた。
(15) 「この場所は知らない」と書かれた低評価のクチコミですら違反報告しても削除されずに残っている。
(16) 他の店に対する低評価のクチコミが書き込まれた。
(17) 金品と引き換えに良いクチコミを顧客に要求し、職員にも良いクチコミを書くよう強制する会社がある。
(18) 危険で不適切な治療法を行う医療機関が高評価されている。
(19) 人種や宗教を差別するクチコミや、戦争や民族の迫害を煽るクチコミがある。
など

Damages caused by Google Reviews includes, but is not limited to:
1. Personal information such as staff photos, real names, addresses, and mobile phone numbers being posted without permission.
2. Criminal groups writing numerous bad reviews unless paid off, or demanding money in exchange for deleting bad reviews.
3. Criminals threatening to write bad reviews unless their demands are met, refusing to pay fees.
4. Fraudulent businesses charging high fees for fake good reviews.
5. Malicious patients writing defamatory reviews after being denied illegal medical treatment or holding grudges for being refused illegal demands.
6. Companies writing good reviews for themselves and bad reviews for competing businesses.
7. Customers who have been stopped from conducting criminal acts at stores holding grudges and writing defamatory reviews.
8. Customers being unable to reach the store due to incorrect information written by unrelated people on Google Maps, resulting in the store receiving low-rated reviews.
9. Numerous reviews containing clear insults not being deleted and remaining in large numbers, and even after being reported to Google.
10. Numerous reviews insulting diseases, disabilities, appearances, intelligence, educational backgrounds, and occupations which are not deleted, even after being reported to Google.
11. Clearly defamatory reviews such as "I was sexually assaulted by a doctor at this hospital" remaining undeleted.
12. Users who have written numerous clear insults (such as "bitch") on Google Maps being recognized as high-level Google Local Guides by Google, receiving free services and essentially receiving money.
13. Children of parents who received low ratings being bullied.
14. Instances where low-rated reviews are written before the opening of the facility, or by people who only saw the facility on TV.
15. Low-rated reviews, even those stating "I don't know this place," remaining undeleted despite being reported as violations.
16. Low-rated reviews being written about other stores.
17. Companies demanding good reviews from customers in exchange for money and goods, that also forcing their own staff to write good reviews.
18. Medical institutions performing dangerous and inappropriate treatments are highly rated.
19. Reviews discriminating based on race or religion, or inciting wars or persecution of ethnic groups.

■ Googleクチコミ被害者の会を結成するまでの経緯 (Formation of the Google Review Victims Association)

2021年に当会代表はグーグルマップが大変危険な機能を持つことに気が付きました。時々、当会代表が経営するクリニックに、患者さんが隣の商業ビルの駐車券を持って来るようになったのです。クリニックが隣の商業ビルのテナントであると間違った情報がグーグルマップに記載されており、患者さんは無料になることを期待して駐車券を持ってきていることが分かりました。当会代表は施設のオーナーとしてグーグルにこのことを報告しました。しかし、グーグルはグーグルマップの情報が正しく、当会代表の報告が間違っていると言って、この間違った記載を修正しませんでした。その結果、グーグルマップ上では当会代表のクリニックは1年以上も隣の商業ビルにいることになっていたのです。

グーグルマップに危険な機能があることに気が付いた当会代表は、グーグルマップが他の施設で引き起こしているトラブルについて調べてみました。その結果、グーグルマップでは虚偽の情報や誹謗中傷が数えきれないほど記載され、多数の営業妨害が行われているにも関わらず、グーグルは対応を拒否することが多く、大量の問題を放置していることが分かりました。

In 2021, the representative of our association noticed that Google Maps has a very dangerous function. Occasionally, patients started bringing parking tickets from the commercial building next door to the clinic managed by our representative, expecting free parking. Google Maps incorrectly listed our representative's clinic as a tenant of the neighboring commercial building, and patients brought parking tickets based on that information. Our representative, as the facility owner, reported this to Google. However, Google stated that the information on Google Maps was correct and that our representative's report was incorrect, refusing to correct this wrong listing. As a result, Google Maps continued to list our representative's clinic in the neighboring commercial building for over a year.

Realizing the danger of Google Maps' functions, our representative investigated the issues caused by Google Maps to other facilities. As a result, he found that Google Maps contains countless false pieces of information and defamatory statements, causing numerous instances of business interference. Despite this, Google often refuses to respond, leaving many problems unaddressed.

当会代表は様々な方法を用いてグーグルのCEOと創業者にこの問題を伝えました。その結果、「我々も深刻な問題だと思っており改善する。」と回答されました。そしてグーグルマイビジネスはグーグルビジネスプロフィールに変更されましたが、本質的な改善はなく状況は悪化を続けていました。

Our representative contacted Google's CEO and founders using various methods to convey this problem. As a result, he received the response: "We also think it is a serious problem and will improve it." However, while Google My Business was changed to Google Business Profile, no substantive improvement occurred, and the situation continued to worsen.

グーグルマップのクチコミ削除業者を調べたところ、詐欺業者や、虚偽の高評価のクチコミを投稿する業者など、悪質な業者が多いことが分かりました。グーグルマップを利用した犯罪は増え続けています。

After researching companies that delete reviews from Google Maps, our representative found many fraudulent businesses as well as businesses posting fake high-rated reviews. Such crimes using Google Maps are continuously increasing.

日本医師会に助けを求めたところ、多くの人々がグーグルマップのクチコミ機能の改善に挑戦したものの成功例はなく、グーグルの幹部から返事をもらうことすら当会代表が初めてであることが分かりました。国会議員に助けを求めたところ、インターネットでの誹謗中傷などについて国会で法改正が検討されていますが、「表現の自由」の問題もあり時間がかかっていることが分かりました。

When our representative sought help from the Japan Medical Association, it was found that many people had tried to improve the review function of Google Maps without success, and that our representative was the first to receive a response from Google's executives. When seeking help from members of the Diet, our representative learned that legal amendments regarding online defamation and other issues are being considered in the Diet, but that it is taking time due to "freedom of expression" issues.

グーグルマップの問題について大手の弁護士事務所や元検察官に助けを求めたところ、多くの大手弁護士事務所はすでにグーグルと顧問契約を結んでおり、グーグルを訴えることができないことが分かりました。グーグルを訴えるにしても刑事裁判の対象とはならず、民事裁判で訴えるしかないことが分かりました。ほとんどの弁護士はこの問題でグーグルを訴える能力がなく、能力のある専門の弁護士であっても割に合わない仕事と判断し受任を拒否することがほとんどであることが分かりました。弁護士は顧客や依頼を選べるため、受任を拒否されてしまうと事実上裁判ができない状況となってしまいます。

When seeking help from major Japanese law firms and former prosecutors regarding Google Maps' problems, it was found that many major law firms had already signed advisory contracts with Google and could not sue Google. Even if one were to sue Google, Google cannot be subject to criminal prosecution in Japan, so suing in civil court is the only option. Most Japanese lawyers do not have the capability to sue Google, and even specialized lawyers capable of doing so often refuse to accept the case because they believe it is not worth it. Since lawyers can choose their clients and cases, being refused practically means that litigation cannot be conducted.

グーグルマップの状況は悪化の一途を辿っており、グーグルマップの無法状態を改善するため、2023年3月に「Googleクチコミ被害者の会」を結成しました。

The situation with Google Maps has continued to deteriorate, and to improve the lawless state of Google Maps, the "Google Review Victims Association" was formed in March 2023.

■ 署名サイト運用ポリシー (Signature Site Operation Policy)

(1) 当サイトへのメッセージには返答できません。
(2) お問い合わせは事務局にお願いいたします。
(3) 事務局への連絡先は集団訴訟公式サイト(http://g.todasogo.jp/?page_id=13)に記載されています。
(4) グーグルへの集団訴訟に被害者全員が参加できるようにするため寄付を募集しています。
(5) いただいた寄付金はグーグルへの集団訴訟の他、Googleマップの機能改善を求める活動に活用します。
(6) 寄付金の用途は明細を後日公表します。

(1) We cannot respond to messages sent to this site.
(2) For inquiries, please contact the secretariat.
(3) Contact information for the secretariat is listed on the official website (http://g.todasogo.jp/?page_id=261).
(4) We are seeking donations to enable all victims to participate in the class action lawsuit against Google.
(5) In addition to filing a class action lawsuit against Google, the donations we receive will be used for activities calling for improved functionality of Google Maps.
(6) Details of how the donation will be used will be announced at a later date.

■ 団体プロフィール (Group Profile)

『Googleクチコミ被害者の会』事務局
〒335-0023 埼玉県戸田市本町2-10-1山昌ビル3階
弁護士法人戸田総合法律事務所
電話番号:050-1751-1328
顧問弁護士 中澤佑一弁護士 (埼玉弁護士会所属)
集団訴訟公式ウェブサイト: g.todasogo.jp
Xアカウント: @GoogleMapsNo

Office of Google Review Victims Association
Toda Sogo Law Office
3F, Yamamasa Building, 2-10-1, Honcho, Toda City, Saitama Prefecture, Japan
TEL:+81-50-1751-1328
Legal advisor: Nakazawa Yuichi
Class action lawsuit official website: http://g.todasogo.jp/?page_id=261

X: @GoogleMapsNo

新着報告

2024/03/21
グーグルに対する集団訴訟を開始しました。 We have initiated a class action lawsuit against Google.


■ グーグルに対する集団訴訟 (Class action lawsuit against Google)

2023年の春に、集まった署名を意見書とともに日本の内閣総理大臣、Google LLCのCEO、Alphabet Inc.の創業者、アメリカ合衆国大統領に提出しました。残念ながら返答はいただいておりませんが、各界から多くのご支援をいただいております。現在、署名者は550名を超えています。厚く御礼申し上げます。引き続き署名活動は継続し、署名数が増加したら再度提出する予定です。グーグルには話し合いすらしていただけなかったことから、私たちはやむを得ずグーグルに対して集団訴訟を提起することにしました。本件の分野を専門とする弁護士の方々が顧問となり、グーグルマップによって生じた損害の賠償を求めて、グーグルに対する集団訴訟を2024年4月18日に開始しています。今回の集団訴訟では原告団は医療機関に限定していますが、今後は全被害者によるグーグルへの集団訴訟も行う予定です。

In the spring of 2023, we submitted our collected signatures along with a written opinion to the Prime Minister of Japan, CEO of Google LLC, founders of Alphabet Inc., and President of the United States. Unfortunately, we have not received a response despite the wealth of support we have received from a variety of quarters. Currently, we have over 550 signatories. We are deeply grateful. We will continue to collect signatures, and we plan to resubmit them when the number of signatures has grown. Because Google would not even negotiate with us, we have had no choice but to file a class-action lawsuit against Google. Advised by lawyers who specialize in this area, we initiated a class-action lawsuit on April 18, 2024, seeking compensation for damages caused by Google Maps. The plaintiffs in this class-action lawsuit are limited to medical institutions, but in the future, we also plan to proceed with a class-action lawsuit against Google by all victims.

■ 寄付金について (Donations)

これまで寄付金は募集していなかったにも関わらず、多額の御寄付が集まっています。大変ありがとうございます。

Although we had not previously solicited donations, we have received a large amount through people's kind contributions. Thank you very much.

現在の寄付金総額 (Current total donations): ¥1,365,000 
手数料等を引いた受取金額 (Amount received less fees): ¥974,610

これまでの寄付金の用途は以下の通りです。
To date, donations have been used for the following purposes.

意見書作成費用 (Cost to prepare written opinion): ¥3,942
読んでもらえる可能性を高めるため、贈答用の封筒等を使用しており費用が高くなっています。
To increase the likelihood of being read, we used gift envelopes, etc., which raised costs.

郵送料 (Mailing costs): ¥4,684
相手に届く可能性を高めるため、複数の窓口に送付し、簡易書留や国際郵便を使用しているため費用が高くなっています。
To increase the likelihood of reaching recipients, we sent to multiple contact addresses and used recorded delivery and international mail, which raised costs.

翻訳料 (Translation fees): ¥7,350
外国人宛ての手紙の文章は翻訳家に英語への翻訳を依頼しています。
We hired a translator to translate the text of letters to foreigners into English.

弁護士相談料 (Lawyer consultation fees): ¥11,000
「Googleクチコミ被害者の会」の設立や、グーグルに対する集団訴訟についての相談料です。
These are consultation fees for establishing the Google Review Victims Association and for the class-action lawsuit against Google.

弁護士顧問契約料 (Lawyer advisory contract fees): ¥330,000
グーグルに対する集団訴訟の顧問契約料です。具体的には訴状作成や集団訴訟公式ウェブサイト構築などの料金です。
These are the advisory contract fees for the class-action lawsuit against Google. Specifically, these fees include preparing the complaint and building the official website of the class-action lawsuit.

集団訴訟原告団組成サポート料 (Class-action plaintiff group formation support fees): ¥220,000
事務局による原告団募集や取材対応等にかかった料金です。
These are fees accrued by the secretariat in recruiting plaintiffs, responding to media inquiries, etc.

費用合計 (Total costs): ¥576,976

寄付金の残金は全被害者によるグーグルへの集団訴訟の準備等に使用します。現在は、全被害者による集団訴訟準備のため寄付金を募集しております。

The remainder of the donations will be used to prepare for a class-action lawsuit against Google by all victims. We are currently accepting donations to prepare the class-action lawsuit by all victims.

■ 私たちの活動についての報道 (Reporting on our activities)

私たちの活動は全世界で多くのメディアに報じられています。
例として、ごく一部を以下に示します。

Our activities have been reported by many media outlets around the world.
Below are just a few examples.

日本のメディア (Japanese media)
NHK: https://www3.nhk.or.jp/news/html/20240418/k10014426121000.html
読売新聞 (Yomiuri Shimbun): https://www.yomiuri.co.jp/national/20240418-OYT1T50155/

日本国外のメディア (Media outside Japan)
AP News: https://apnews.com/article/google-japan-lawsuit-doctors-33816ddf481345ed5e270898a5a568f0
AFPBB News: https://www.afpbb.com/articles/-/3515808?act=all
The Washington Post: https://www.washingtonpost.com/business/2024/04/19/google-japan-lawsuit-doctors/c4725996-fe26-11ee-87ac-20f7e67cbe29_story.html

■ 団体プロフィール (Group profile)

『Googleクチコミ被害者の会』事務局
〒335-0023 埼玉県戸田市本町2-10-1 山昌ビル3階
弁護士法人戸田総合法律事務所
電話番号:050-1751-1328
顧問弁護士 中澤佑一弁護士(埼玉弁護士会所属)
集団訴訟公式ウェブサイト: g.todasogo.jp

Office of Google Review Victims Association
Toda Sogo Law Office
3F, Yamamasa Building, 2-10-1, Honcho, Toda City, Saitama Prefecture, Japan
TEL:+81-50-1751-1328
Legal advisor: Nakazawa Yuichi
Class action lawsuit official website: http://g.todasogo.jp/?page_id=261

■ Social media

X: @GoogleMapsNo


メッセージ

2024/06/01
user_icon_photo
五條 和郎
健康保険の費用を請求しても高いとGoogleに書き込みされました。明細も渡しています。 無料の診療所を作れば良いのでしょうか。 一方的に誹謗に晒される現状は許し難いです

2024/05/30
user_icon_photo
松田貴之
頑張ってください。応援しています。グーグル社が悪質なクチコミを放置している現状は、社会を混乱させるもので、真面目に頑張っている多くの人々が理不尽な悲しみに苦しんでいます。表現の自由があるからといって、誹謗中傷まで認められるべきではないと思います。

2024/05/25
user_icon_photo
南林 智子
経緯を読ませていただいて、これほどひどい状況と知り憤りを感じています。巨大IT産業Googleはこれだけの被害に目を背けクチコミを改善する気がないとしか思えません。旧Twitterでも誹謗中傷に耐え切れず、自ら命を絶ってしまうという悲しい事件が起こっています。私自身、罵詈雑言を書き連ねた事実と異なる複数のクチコミに、閉院を考えてしまうこともしばしばです。 大変ないばらの道とは思いますが、声をあげてくださったことに心から感謝しております。 応援いたします!

2024/05/17
user_icon_photo
春日浩二
Googleのクチコミを見かけるたびにうんざりです。 応援しかできませんが、よろしくお願いいたします。

2024/05/12
user_icon_photo
佐藤久美子
重要な社会問題に一石を投じた勇気と正義に心より尊敬しています 適切な医療と医療従事者のメンタルを守るために応援しています

2024/05/06
user_icon_photo
Tomoki Yokota
レビュー(批評)の域を超えた特定の人物の誹謗中傷を書く当事者は当然のこと、プラットフォームを運営するグーグルが放置することは断じて許せない。もしも、レビューが要因で精神を病んだり、命に関わるようなことになったら書き込みの当事者やグーグルは責任を取れるんでしょうか?大げさではなく身近な人で悩んでいる人を知っているので、思わずこちらに署名とコメントをさせていただきました。応援しています。

2024/05/06
user_icon_photo
山本由紀子
活動ありがとうございます。応援しています!

2024/05/05
user_icon_photo
星智子
応援しています!近所のとてもいい病院のクチコミがひどい書き込みであふれています。患者の私達も不安になるし先生にもストレスになりそうで心配です。Googleは全く管理出来ていないので改善してほしいです。

2024/05/04
user_icon_photo
坂元勝弘
内も口コミ被害で困ってます。迷惑口コミが無くなる様頑張って下さい。

2024/04/29
user_icon_photo
五十嵐 孝之
私も被害者の一人です。不当なクチコミには同業者が関係していますよね。しかし,無法地帯を放置しているGoogleにも大きな責任があります。応援しています。頑張ってください。

2024/04/28
user_icon_photo
河埜裕子
多くの人にこの問題を知って欲しいです。Googleのクチコミにはこのような歪みがあることを殆どの人は知りません。 性質はトイレの落書きだと言われても、正面玄関のところに書かれた落書きです。 貴会の活動を心から応援しています。

2024/04/27
user_icon_photo
イシヌキ ナオノリ
活動に有って抗議デモなどへの参加を希望はしますが?活動内容的には?デモ等は無いのでは?共受けっとって居ます。応援出来る範囲内での自身の活動として行きます。

2024/04/24
user_icon_photo
坂詰歯科・矯正歯科
うちも、よく、わからない、クレーマーとおもわれる投稿があります。医療は便利屋ではありません。医療機関は病気を治すところです。

2024/04/23
user_icon_photo
柴田 優
私も咳止めを出してくれない、抗生剤を知らないのか、もう二度と行かない、など本人の思い込みや医学的に誤った考えからきた理不尽な書き込みをされています。患者の誤った要求を毅然として拒絶するのは医師の責任です。ウェブサイトからGoogleに削除請求をしましたが、根拠も明示されず一方的に斥けられます。このように、不適切な書き込みに対する対応が皆無です。このようなサイトが放置され、人権を侵害し、利益を貪っているのは容認できません。心から応援しています。

2024/04/23
user_icon_photo
小野博正
Googleの無法に立ち向かう勇者たちを応援します!  頑張ってください!!

2024/04/22
user_icon_photo
朝倉
頑張ってください。全力で応援しています。 せめてGoogleMAPに載せない選択ができるようにして欲しい

2024/04/22
user_icon_photo
中島博樹
歯科医院です。被害を受けており、応援します。脅され、迷惑料を取られ、書き込みされました。 頑張って下さい!

2024/04/19
user_icon_photo
吉川真美
飲食店経営者、会員制で営業していましは GoogleMAPに限らずですが、ネットの評価は悪意ある方もいるので制限を掛けて欲しいです。

2024/04/19
user_icon_photo
神谷富美恵
どこの誰なのかわからない 悪質口コミに日々悩まされ、個人の無力では 抵抗できないのかと 諦めていました。是非 頑張って下さい。

2024/04/19
user_icon_photo
神谷 隆裕
悪質な口こみに悩まされ、悪質口こみを削除する有料業者までいます。本人しか削除できないのに有料業者が悪質口こみしてるのかと疑っている次第です。最近は退職する従業員からも悪質口こみされるのかと思うと 営業妨害です。 勿論 googleにも削除依頼の連絡しましたが全く対処無しです。 内容一部ですが「治療説明せずに いきなり治療した。」そんな事あり得ません。

2024/04/18
user_icon_photo
カワイ
頑張っれ

2024/04/17
user_icon_photo
盛實勲
完全に支持します。 Googleには変わって欲しいですね。

2024/04/17
user_icon_photo
M.Takahashi
教育機関も同様にGoogleの口コミ対応に困っています。医療機関と同様に、守秘義務があるので返信なんてできませんし、大学と異なり、情報分野に強い教職員が常駐しているとは限りませんのでビジネスオーナーとして登録することもできません。一方で、少しでも気に食わないことがあると「ネットに書き込むぞ」とすごむ保護者や生徒が近年増えていると感じています。こんなことが全国どこの学校でも増えてきて、今では情報リテラシー教育なんて教員が萎縮してしまって、とてもできていません。応援しています!

2024/04/13
user_icon_photo
山上亮子
応援します!! 自営業ですが、己の感情と解釈だけで最低なクチコミを書いてくる輩がおります。実際は事実と違うのにも関わらず。 それなのに削除もされない、こちらからはなにも出来ないなんてあまりにも酷い話です! ぜひ頑張って頂きたいです!!

2024/04/11
user_icon_photo
花山
裁判に賛成です。①知り合いの個人経営の自転車屋さんをたまたまマップでみたら、何故か最悪の評価。お店に教えたら「商売敵が多いもので」と言われたが、店主の人格を中傷するような書き込みだったので疑問を持った、②サイクリングしようとルートチェックしていたら「○○解放会館」と明らかに部落施設の表示があり、興味本位で評価をみると、こちらも最悪点。ほかにも政党、寺院、宗教団体とかもあるので、たしかに腹の立つ組織もあるにはありますが、マップ上でやりあうべきではないと言う点では一致できます。法務局が介入しないのはどうかしていませんか?

2024/04/06
user_icon_photo
佐々木悠妃
私の職場の口コミにも悪質なものがありますが削除されずに困っています!たくさんの署名が集まりますように!

2024/04/04
user_icon_photo
小田辺 莉奈
医療事務(受付事務)をしています。いつも罵声を浴びせられたら何のために対応しているのかわからなくなります。あなたたちの活動に感謝を込めて応援いたします。

2024/04/03
user_icon_photo
Tak M
自営業をしている私も、Googleクチコミに対してどうして良いか分からない状態が続いています。この運動が大きくなって、状況の改善につながることを心より祈っています。本当に応援していますし、注目されますよう。

2024/04/01
user_icon_photo
ケータイショップ店員
ケータイショップ店員ですが頭のおかしなクレーマーに私の実名入り誹謗中傷クチコミを書き込まれています。内容も「コイツは馬鹿」「早く仕事やめろ」「死ねクズ」などクチコミとは思えないような暴言ばかりです。会社に言っても何も対応してくれません。私は末端従業員なので会社のマニュアルに従って業務を行う権限しかないのに私を名指して誹謗中傷する意味がまったくわかりません。退職してもクチコミは残ったままです。今後の就職活動に影響が出たらGoogleは責任取ってくれるんでしょうか?

2024/03/31
user_icon_photo
さお
初めまして。この度yahooニュースで拝見して賛同した者です。 私自身も批判的口コミな口コミを書かれて困っている一人です。 医院の受付をしておりますが、私の対応が気に入らなかったのか、私の身体的特徴とともに批判的な言葉で書かれています。 書かれている事と矛盾点や疑問がいくつもあり、正直悲しくなります。 今回の活動が実を結び、口コミへの対応が改善されることを願います。

2024/03/31
user_icon_photo
寺田淳子
私共も日々独りよがりな口コミに悩まされております。 頑張ってください

2024/03/31
user_icon_photo
寺田隆
私共も日々独りよがりな勝手な口コミに悩まされております。 支援いたします。 改善していきましょう。

2024/03/31
user_icon_photo
三浦武彦
賛同します。

2024/03/31
user_icon_photo
小森啓右
好き嫌いで、なんとでも書ける。 個人の合う・合わないを、感情を込めて書くので、憂さ晴らしに書いている人がいる。

2024/03/31
user_icon_photo
松永茂樹
賛同します。明らかに事実でない書き込みもあり、迷惑しております。是非頑張ってください。

2024/03/31
user_icon_photo
竹内典之
応援しています!

2024/03/23
user_icon_photo
木許 泉
この口コミサイトがなくなることを切に願います。

2024/03/04
user_image
MinatoPD
うちのクリニックも開業当時にやられました。 訴訟頑張ってください

2024/03/01
user_icon_photo
自転車店店主
どうにもならないので書き込みを見ず無視していますが悪質な書き込みを元に来店してくる者がおり(そう言ってくる)営業妨害になっています。一方的な事であり国として動いてくれるよう運動を応援します。

2024/02/29
user_icon_photo
澁澤義明
Googleとの戦い方としては、弁護士さんの力を借りなければならないと言う事が分かり、今まで対応を躊躇していました。 他にも沢山の方が悩んでいたと思います。 本来なら必要のない苦しみを味わっている人達を救ってください。

2024/02/29
user_icon_photo
木村裕史
飲食店経営です。 ほんと、口コミにはウンザリしています。養殖サーモンも天然魚の一級品も同じ値段で食べられると思っているキチガイが口コミで喚いたり。 そしてそれを真に受けられたり迷惑極まりありません。牛丼屋の待ち時間で出てくると思ってるやからとかも。エールで寄付もしますね。

2024/02/29
user_icon_photo
北村哲嗣
税理士法人を運営しております。 弊社も勝手な解釈と一方的な感情で口コミを書かれました。 口コミの返信で真摯にこちら側の主張とともに、異論がある場合は直接の連絡を依頼したところ、口コミは削除されました。しかし、評価は星1をつけられたまま残っています。Googleに星の削除を依頼しましたが、何のレスポンスもないままです。 推測ですが、相手の口コミ履歴等を見ると同業他社と思われます。 このような状態を放置されるとGoogle自体が営業妨害をしていると感じ、憤りを感じています。医師だけではなく、弊社のように迷惑を被っている事業者は多くいると思われます。 署名にて応援させていただくとともに、医師以外でも集団提訴をするのであれば参画したいと思います。

2024/02/29
user_icon_photo
吉田貴成
私もショップを経営しております。 Googleの口コミには非常に迷惑しており、常に頭を悩ませております。 是非応援させて頂きたいです。

2024/02/26
user_icon_photo
田中 聡
理由もコメントもなく星一つだけで逃げ去る匿名性には辟易しています。こちらは実名を出しているわけですからせめて理由と根拠 できれば実名で評価を頂きたいです。

2024/02/21
user_icon_photo
ひな
たまに、そこを実際利用してみたら自分も不快な思いをして「普段からここはこういう所で、きっと誰もがこう思ったんだろうな」と思わせる投稿は確かにあります。 でも悪評価の多くは個人がその時不快に思ったことをもとに一方的に感情的に投稿し、「ざまあみろ」と言いたげな評価となっていることが多い。 口コミ評価なんて要りません。 ただ単に、車椅子やベビーカーが入れるかとか、おむつ交換台があるかとか、子連れでも安心かとか、子連れが多いから子どもが苦手な人はやめたほうが良いとか、そういう情報のみあれば良いです。 ずっと言われていることなのに改善されないのは職務怠慢だとおもいます。頑張って欲しい

2024/02/19
user_icon_photo
法橋 秋
精神科クリニックの院長です。私も被害にあっています、頑張ってくださいね!

2024/02/09
user_icon_photo
K
レンタカー店をしています。無断延長、無断キャンセル、明らかに自分でつけた傷、書類の不備など 困る旨を伝えると逆ギレ 店の接遇が悪いと評価1 店が100%悪いとの記入が横行しています。グーグルに削除依頼しても駄目。弁護士費用も高額でこれで儲けてる業種だとしか思えません。せめてグーグルに載せない自由もあって良いのではと考えてます。個人の攻撃は自殺を生む為に制限されてくると思いますが、企業も潰れたら同等。なぜ規制が入らないのか不思議です。とても応援しています。

2024/02/06
user_icon_photo
山田沙紀
なぜ芸能人等の誹謗中傷に対しては厳しい措置をとられているのに、飲食店や医院などの口コミに対して我々は無抵抗でいなければならないのか。口コミに対して酷く病んでしまう経営者もいます。 口コミはこちらの承諾を得て欲しいです。

2024/01/26
user_icon_photo
住谷和宣
口コミを管理する努力が足りないです。アンフェアな状態で口コミさせることにも反対です。口コミを書く側にも個人情報の開示もしくは管理をさせて責任を持たせる必要を感じます。

2024/01/16
user_icon_photo
高木 剛
全力応援します

2024/01/06
user_icon_photo
倉橋 豊
本人の同意もなく書き込めるクチコミは子供たちのいじめと通じるところがあります。巨大企業の暴挙だと思っていました。許されないことだと思います。心から応援します!

2024/01/01
user_icon_photo
及川 光照
応援しています。一方的なコメントで心が痛みます。

2023/12/30
user_icon_photo
岡本 一徳
情報の非双方向性と犯罪の温床化に反対します

2023/12/29
user_icon_photo
前田亜希子
ぜひ頑張っていただきたいです。同じように口コミで辛い思いをしている医師です。

2023/12/28
user_icon_photo
藤田秀隆
頑張って、口コミ廃止に持って行ってください

2023/12/28
user_icon_photo
高橋 誠治
私も何回か弁護士に相談しましたが、弁護士は全くやる気がありません。それなりにお金かかりますけど、やりますかぁ?という態度です。Googleに削除依頼をしても全く動く気はありません。 医療というのは、美容や飲食と違って、誰もが正しく評価できるものではありません。思った通りにならないからと言って平気でGoogleに誹謗中傷を書き込まれると、職員の士気にも影響します。また、自分の気に入らないことに執着して口コミを書き込むような人間には普通では考えられないような精神的な問題を抱えているような人も多く見かけます。このような口コミをこちらの意思とは関係なく表示するというのはあまりにも強権的なやり方ではないでしょうか?とにかくGoogleが大企業であるという権力をかさに着てこちらの望みもしないような口コミ投稿を強制的に表示するということには憤りを禁じえません。 ぜひ、私も原告団に加わらせていただいて裁判を戦いたいと思います。

2023/12/25
user_icon_photo
荻田匡樹
医療法人ですが、散々なことを書かれます。昼休みも削って、診療時間外でも痛いと言われれば夜の八時九時でも受けていますが、用事があるから来れない、学校は休めない、でも自分の行きたい時間に予約が取れないとあそこは予約を取ってくれないと星1つを付けられます。 このようなクチコミに本当に毎日疲弊していますので、ぜひ現状打破できるよう応援しています。原告団に加わることも検討します。

2023/12/13
user_icon_photo
山田玄米茶
頑張ってください。口コミとは良い口コミのことを示します。 他人に悪口を告げばかりいる人ふ、友達でもなく、尚更匿名での場合は暴力です。つまりGoogle口コミは悪口コミです。

2023/12/03
user_icon_photo
金子堯一
活動に賛成します。ぜひ頑張って下さい。

2023/12/01
user_icon_photo
鈴木崇之
私も書き込まれました Google 対応 メール  警察にも対応お願いしましたが相手にされず すべて記録は残してます 個人でやるのは難しいので応援してます

2023/11/30
user_icon_photo
多幡秀隆
レストラン、医療機関は一般人しろうとの変な書き込みに四苦八苦しています。精神を病んで自殺した人もいます。改善をお願いします。

2023/11/28
user_icon_photo
内田 雄
本当にそう思います。 匿名投稿自体おかしな話ですが、そもそも口コミ自体、社会に必要ないものだと考えます。 頑張って下さい。

2023/11/27
user_icon_photo
とある経営者
大いに賛同致します。評価される側の承諾を得ること無しに口コミを勝手に紐付けし、営業を妨害し続けている現状を一刻も早く改めていただきたいです。本当にアンフェアであり、書き込む側の悪意や恣意的な企みがこれほど手軽に表面化され、それらがグーグルによって保護され続けている不本意がまかり通っていることが信じられず、辛く、苦しいです。是非、応援させてください。

2023/11/27
user_icon_photo
田中庸二
根拠のない誹謗中傷にあたる匿名の口コミを野放図に掲載するGoogleの姿勢は問題である。より良い医療の後退を招くだけである。

2023/11/27
user_icon_photo
佐藤三千代
Googleに誠心誠意ある行動してほしいと思いましたので微力ながら応援したいです!

2023/11/26
user_icon_photo
井田泰示
グーグルマップの口コミは、事実無根でも、誹謗中傷を容易に書き込めるので、大変問題と思っていました。医療機関は、患者さん情報の観点からも口コミ記載を承認制にするのが望ましいと思います。

2023/11/23
user_icon_photo
平野 孝和
応援しています

2023/11/23
user_icon_photo
北山徳行
頼んでもいないクチコミ欄を勝手に設定し、根拠のない誹謗中傷の削除を依頼しても拒否し、放置するGoogleの姿勢は傲慢そのもの。明らかな営業妨害です。

2023/11/22
user_icon_photo
花輪純子
このような活動が始まり本当に喜ばしいことです。 私もこちらに正当な理由があるのに処方を断ったと言って、散々な評価されました。更にGoogle側へ削除を依頼しても、評価する権利があると拒否されました。 皆で声を挙げて行きましょう。 評価を気にして心を病み、閉院する先生があるなどもっての外です。 勿論、些少ですが寄付させて頂きます。

2023/11/22
user_icon_photo
斉藤 昭
匿名の書き込みは削除出来るようにしてほしいものです。実名の書き込みを原則とするのがただしのではないでしょうか。 グーグルの対応もひどいものです。 是非、応援致します。

2023/11/22
user_icon_photo
かわじり みえ
私も同様の事を以前より考えていました。口コミを書けないように、受け付けないように登録できないことは、フェアではないと思います。他のSNSでしたら、コメント非表示の設定ができるのですから。応援しています。

2023/11/22
user_icon_photo
松本文昭
以前からGoogleの口コミには迷惑しております。承諾なしに(頼んでもいないのに)口コミを勝手に受け付けて公開するのは止めていただきたいです。 巨大企業が相手で大変ですが頑張ってください。

2023/11/22
user_icon_photo
柏木孝夫
一方的な書込みによる誹謗中傷は社会悪と考えております。全くもって賛同致します。

2023/11/22
user_icon_photo
奥村尚威
本当に不公平極まりない口コミです。 誤っている内容でも弁解すらできない。 Googleには積年の恨みがあります。

2023/11/21
user_icon_photo
濱本 博美
不当な内容の口コミで被害を受ける側の人権も守っていただきたいと思います。

2023/11/20
user_icon_photo
金本 高明
コメントなしの星1つ、一方的な低評価の書き込みに困っています。こちらは情報を全て公開しているのに、投稿者は匿名で書きたい放題なのは納得できません。

2023/11/20
user_icon_photo
鈴木 博史
是非、頑張ってください!応援しております。

2023/11/20
user_icon_photo
功刀諒
Googleクチコミによる個人事業者などへの規制少なき攻撃は誰もが知っている当たり障りの無い大手チェーンに客足を誘導する構図になると考えています。 また当方は整体院を経営していますが「医療用語や治る」などの文言は厳しく規制されており、良いクチコミは全てと言って良い程反映されません。非常に不公平で悪意を感じています。

2023/11/20
user_icon_photo
平出 敦夫
根拠のない誹謗中傷により実害が出ている場合、Googleは当然削除依頼に真摯に対応すべきところを、現状一切責任を負いません。ぜひこの集団訴訟で勝訴を勝ち取り、誹謗中傷が撲滅されることを心より願います。

2023/11/19
user_icon_photo
福島 淳
頑張ってください。

2023/11/19
user_icon_photo
嶋田寿文
飲食店と医療機関を混同した書き込みに困っています。頑張って下さい。

2023/11/19
user_icon_photo
播摩谷 敦
活動主旨に完全に同意いたします。応援いたします。

2023/11/19
user_icon_photo
酒井 淳
賛同します。 頑張って下さい。

2023/11/19
user_icon_photo
今井信行
この一方的なコメントを匿名で載せるシステムは、無責任の極まりですので迷惑千万ですので是非止めて頂きたい。載せるなら実名にして責任の所在を明らかにして投稿するべきです。

2023/11/19
user_icon_photo
とある開業医
悪意や誤解による口コミには困っています。 口コミを書き込むのは不満のある方はほとんど。 しかも匿名なので書きたい放題。 事実で無いものも多く、反論も出来ないので 精神的にも疲れます。 たまに応援してくれる口コミや評価もありますが、たいていの人は口コミを見ることがあっても書き込みはしません。 施設の評価が不満を持った匿名かつ数%の人達の評価で決められるのは理不尽だと思っています。

2023/11/19
user_icon_photo
斎藤 英樹
この理不尽なシステムを変えるため、是非頑張って下さい。

2023/11/19
user_icon_photo
高村一郎
発信人が不明のまま無責任なメッセージを投稿することは悪意がなくとも他人をきづつける事になります。相手の了承をえるか、または発信者を明らかにして責任を持って投稿していただく必要があると考えます。

2023/11/19
user_icon_photo
桐谷 麻美子
本当に困ります。グーグルはやめてほしい

2023/11/17
user_icon_photo
高橋 史年
ちゃんと説明してるのに理解してなく都合の良い所しかつまんで理解してない。そういう患者に限ってグーグルの口コミが非道い。保険診療は薄利多売な状態なんですよ。署名しか出来ませんか頑張ってください。

2023/11/15
user_icon_photo
福井 晋
応援しています。

2023/11/15
user_icon_photo
森由香里
本当にそう思う!!もっとこの運動を広めます。悪意のある口コミも困るし、ここが困った。という口コミが削除されるのも困るけど、口コミする人が圧倒的なパワーを持つのはおかしい

2023/11/15
user_icon_photo
高濱 勉
是非とも応援させて頂きます

2023/11/14
user_icon_photo
魚里亮平
開業医です。医療は口コミで判断される業種ではないです!

2023/11/03
user_icon_photo
菅原 圭
本当に頑張ってほしいです。

2023/10/27
user_icon_photo
手塚真紀
心から応援しています。 この活動を始めてくださってありがとうございます。

2023/09/24
user_icon_photo
藤森俊希
頑張ってください!

2023/09/17
user_icon_photo
佐藤博紀
全くの賛同です。Google側にはいくら頼み込んでも全く取り合ってくれず、頼んでもいないところで精神的なダメージを受けるサービスなんて不要です。 せめて、口コミを書けない仕様を選べる配慮が必要です

2023/09/15
user_icon_photo
渡場孝弥
口コミを書く業者や削除する業者もいたりして、口コミのクオリティ自体が信じられない。 表現の自由という考え方もあるかもしれないし、どこからが誹謗中傷かというラインを引くのも難しいかもしれないが、いじめの問題と同じで評価される側が誹謗中傷と感じるのなら誹謗中傷と判断されるのが妥当だと思う。

2023/09/12
user_icon_photo
岩脇槙佑
賛同します! 虚偽を書かれた側が証明するのは事実上困難であり、せめて相手の身元がわかるような情報の開示が全例できるようにすべきです。

2023/09/09
user_icon_photo
高原操
Googleはクレーマー製造プラットフォームです。匿名に拘るなら、せめてアカウント開示を簡略化すべきです。「前日の天ぷらを出している」と飲食店として致命的な投稿をされましたが東京地方裁判所は却下でした。集団訴訟期待しております。

署名 / エールを贈る