いじめ防止対策推進法に罰則規定を設けて下さい

いじめ防止対策推進法に罰則規定を設けて下さい
  • 提出先:衆議院議長
作成者:いじめ撲滅.COM 普津澤峻

活動詳細

 教職員の労働環境を改善させ、地方自治体が調査委員会設置の予算を十分に確保すれば、いじめ対応の質は向上し、不備は減少するでしょう。国や地方自治体は、この問題についても、しっかりと議論するべきです。

 しかし、それよりも先にいじめ防止対策推進法を「子どもたちの命『確実に』守る法律改正しなければなりません

毎年、14人から32人の子どもたちが、いじめを放置されたことにより、自殺しているからです。



 最も優先されるべきは、子どもたちの命であり、教職員の労働環境の改善や、他の業務は、二の次です。

 そこで、本署名人は、今後、学校学校の設置者(教育委員会等)が、いじめ対応や、重大事態の報告・調査を、怠ることがないよういじめ防止対策推進法に、罰則規定を設けることを強く求めます。


 具体的には

1 懲戒処分権者は、「児童生徒や保護者から『いじめにより重大な被害が生じたという申立てを受けたにも関わらず、重大事態の報告・調査を怠った、学校の教職員又は教育委員会の職員減給以上の懲戒処分としなければならない。

2 懲戒処分権者は、児童生徒が、自殺をしたり、重篤な後遺障害を負ったりした場合であって、その後の第三者委員会の調査等により、①いじめと「自死又は重篤な後遺障害」との因果関係学校の対応の不備双方が一部でも認められた場合は「対応の不備を指摘された学校の教職員又は教育委員会の職員を、停職又は免職懲戒処分としなければならない。

3 懲戒処分権者は、「学校の教職員又は教育委員会の職員の対応が、本罰則規定に該当しているにも関わらず、該当しないと主張する管理職員を、免職の懲戒処分としなければならない

 といった内容が考えられます。


 「大人たちの命を守るため」の議論や「他の予算の減額又は削除」についての議論は、「子どもたちの命を守るため」の法律を作った後に、好きなだけやって下さい。



■エールの使用法

ご寄付は任意ですので、ご署名だけ頂くことでも全く構いません
それでももし頂けるようでしたら、お気持ちに感謝し、大変ありがたくお受け取りさせて頂きます。
また、皆様のお気持ちを無駄にしないよう、最後まで一層の責任を持って提出させて頂きたいと思います。


■ プロフィール

いじめ撲滅.COM 普津澤峻(ふつざわしゅん)
昭和63年2月7日生まれ(34歳)

住所:神奈川県藤沢市辻堂元町4丁目17-3 Sフェリーチェ402号室

電話番号:080-7857-1021

■ SNS

twitter: https://twitter.com/LOOK_HILL_LS

YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCYgUMbQrdZ1sOgWVK55nRdQ

新着報告

新着情報はありません

メッセージ

2022/11/23
長谷川陽平
私も他サイトで類似した署名を立ち上げました。 「いじめとパワハラに罰則を設けよう」というもので 教育委員会よりも、法律で規定してペナルティーを科した方が抑止力あるのかなと思いまして。 がんばってください。

2022/11/07
柴田
まったくもって同感です。

2022/11/01
徳丸明美
子供が死を選ぶことがどんな状態なのか、いじめる子供についても、もっと考えるきっかけになると思います。

2022/10/31
見廣
いじめ撲滅へ向けて頑張りましょう!

2022/10/30
新谷孝栄
いじめ撲滅へ向けて頑張りましょう!

2022/10/30
山本一英
荒廃仕切った教育界からいじめ撲滅

2022/10/30
土谷直人
頑張って下さい。

2022/10/30
谷 耐
ここまで具体的な内容で罰則規定案があれば安心しつ署名できます! 実現させたいです!

署名 / エールボタンへ