署名の受付が終了いたしました。

ご協力大変ありがとうございました。

※エールは現在も贈れます。皆さまの応援・お気持ちをお伝え頂けます。

「完了報告」が経過報告に投稿された後、一定期間後に締め切られます。


STOPマスク差別・マスクハラスメント!
高知県知事、高知市長、教育委員会はマスク解消も視野にマスクハラスメント禁止やマスク差別解消推進を!

STOPマスク差別・マスクハラスメント! 高知県知事、高知市長、教育委員会はマスク解消も視野にマスクハラスメント禁止やマスク差別解消推進を!
  • 提出先:高知県 高知市 高知県教育委員会 高知市教育委員会
  • 担当者:高知県知事 濵田省司 高知県議会議員 高知県教育委員会 高知市長 岡崎誠也 高知市議会議員 高知市教育委員会
作成者:あゆずし

活動詳細

KUMONの創立者公文公さんを育んだ高知県。不要不急のマスク解消も視野に、マスクハラスメント禁止に立ち上がるきっかけとしての署名を集めさせていただきます。

公文公さんのふるさとである高知市民の皆さん、私は、ノーマスク社会などコロナと仲良くする社会の構築に向けた第一歩として、健康上甚大な影響が懸念されること及び下記の理由、経過から、マスク強要などマスクハラスメント、マスク差別は人権侵害であることの啓発強化およびマスク解消の推進、これに違反するあらゆる法案への反対を要望致します。

マスクハラスメント禁止を求めて立ち上がりましょう!

マスク差別とは、次の行為を言います。

①大声を出さないのに、マスクをしないからという理由だけで会話まで禁止する。

②室内外問わず、マスク着用を強要する。

③着ける着けないを、個人の判断に委ねない。

④鼻だしマスク・顎マスクを注意する。

https://docs.google.com/forms/d/1cCP3SVsJfT1XtzTa8AbIFK73cDtOzLv7ffhibrZkhAs/viewform?pli=1&pli=1&edit_requested=true#responses

より

マスクハラスメントとは

体調不良や社会的場面でコロナ前からつけていたなど着用が必要な正当な理由もないのに(以下、不要不急のマスク)、着用できない人や着用を望まない方に次の行為をして不利益を与えたり社会的環境を破壊したりする行為をいいます。

1. 着用の強制・同調

2. 着用しないことのみを理由とした所属先での不利益取扱い(雇止め・退職勧奨など)や入場制限

3. 着用しない理由を問い詰める

4. 着用の有無を第三者に明示する


■ 活動立ち上げの背景・理由
私は会社帰りに公文式教室に通ってフランス語を学習しています。

おかげさまでフランス文学過程に入り、仏検準2級も視野に入るところまで学ぶことができました。

コロナ禍の中、コロナをあおるテレビもなく、響いてくるのは子どもたちの元気な挨拶と鉛筆の音や音読の音、音源の音、先生のお声しかありません。

ホッとできる一時です。指導者さんには本当に感謝しています。

■ 社会(提出先)がかかえる問題点は何か?
しかし、公文では不要不急のマスクや消毒の強要が横行しています(特に小児)。

小児のマスク強要や不要不急のマスクは科学的根拠もなく、健康や発達に悪影響です。

【科学的根拠等】

コロナウイルスの存在証明が世界中のどこにもない。マスク騒動が始まってから2年半以上経過しているにも関わらず、誰も研究していない。

マスク着用が感染防止になると言う科学的根拠を示す論文がない。

世界的に感染対策の全廃がすすんでいる。


  • コロナ感染とされる人のマスク着用率が70%を超える。
  • ウイルスは空気中を漂い、マスクを容易に通過する。

空気感染はマスクでは防げない。マスクがウイルスの排除に有効という論文は存在しない。

マスク着用は酸欠状態が続き、神経細胞が不可逆的に破壊されていく。破壊された細胞は元に戻らない。

マスク着用により、めまい、頭痛、動悸、肌荒れ、口内炎、口角炎等の症状が出ているとの報告が各種SNSで上がっている。

マスクの着用とウイルスの感染の防御効果の間に関連性があることを証明した研究は存在しない。

感染リスクを減らすマスク着用の有効性を支持するエビデンスはほぼ皆無である。

マスクは細菌感染症の温床である。マスクの雑菌はトイレの床の60倍。

【厚生労働省の見解】

マスクの表面は汚れていると考え、触らないようにしましょう。また、触ってしまった場合には手洗いをしましょう。感染者からの飛沫を防ぐ効果は期待できないため、過信しないようにして下さい。マスクは症状などある方が飛沫によって他人に感染させないために有効です。他人からの飛沫を防ぐ効果は、相当混み合っていない限り、あまり認められていません。

【マスク業者の見解】

この商品は、コロナウイルス及びその他のウイルス、感性性物質に対する防御効果はありません。

また、去る5月23日に内閣官房が発出した「新型コロナウイルス感染症対策基本的対処方針(変更版)」の25頁には、国民へのメッセージとして、「本人の意に反し、マスク着脱を無理強いしないよう、丁寧に周知する」と明記されました(別紙2参照)。



このことは、ノーマスク運動を全国展開している谷本誠一呉市議会議員が、内閣官房を通じて厚労省新型コロナウイルス感染症対策推進本部に直接問い質しています。即ち、事実上のマスク警察禁止に係る本記述について、

「保育所等や学校に止まることなく、社会生活全てに関わり、当然職場も対象である」との回答を得ています。しかもこのことは普遍的な方針であるというのです。

マスクハラスメント禁止は科学的根拠のない感染対策の全廃につなげる第一歩です。

とりわけ、使い捨てマスクはプラスチックごみとなり海を汚染します。


高知の豊かな海を守るためにも、県内の事業者におけるマスクハラスメント禁止は急務です。

また、次の法令にも違反しており人権侵害であることは明らかです。

憲法

11条基本的人権の尊重

12条自由と権利の保障

13条幸福追求権

14条法の下の平等

18条奴隷拘束の禁止

19条思想・良心の自由

21条言論・表現の自由

22条職業選択・移転の自由

27条勤労の権利と義務

人権教育啓発推進法

第1条信条による差別禁止

第6条人権尊重に対する国民の責務

感染症法第4条

正しい知識を持ち、人権が損なわれることを禁じており、マスク着用の感染症予防効果を国は証明できない中で、ノーマスク者の人権抑圧は、同法違反。

新型インフルエンザ等対策特別措置法第5条

国民の権利抑制は最小限でなければならないとし、基本的人権の尊重を掲げており、マスク着用強制は同法違反。

労働基準法

第3条

使用者には信条を理由とする差別の禁止を定めている。

第5条

労働者の意志に反する動労の強制を禁じている。

マスク着用を強制することが、同法の精神に違反しているのは明らか。

労働契約法

マスク着用が感染症対策との理由から、会社のルールだと言い張るなら、第3条(労働者と使用者が対等の立場における合意に基づく労働契約を締結する)の精神に違反。

ルールより条例が上、条例より法律が上、法律より憲法が上である。憲法98条に憲法は国家の最高法規としているのであるから、憲法違反のルールは全て無効。

マスク着用の強要は、例え未遂に終わったとしても、懲役3年以下の刑法223条の強要罪で罰せられます。

マスク着用を強要することで、万一住民の健康が害されたら、貴職は果たして責任が取れるのでしょうか?

今こそ、高知県知事や高知市長、教育長は住民とともにマスク差別やマスクハラスメント(「任意」の範囲を逸脱する同調圧力、マスク警察、マスクをしないと入店禁止等々)は決して許されないと声を上げるときです。

■ 活動内容の詳細

そこで、高知県知事や高知市長に次のことをお願いいたします。

  1. 県内すべての事業者に、マスク差別やマスクハラスメントはマイナスしかないことを伝え、すみやかな解消をお願いいたします。
  2. 高知市長は公文教育研究会と高知県学習塾協会に対し、不要不急のマスク解消も視野に、マスクハラスメントやマスク差別は絶対に許されないと強く要請してください。
  3. 高知県知事は県内の他の自治体にも同様の対応をお願いしてください。
  4. 高知県(市)教育委員会は高知市はじめ県内すべての自治体に、公立学校や所管する教育、科学技術、文化、スポーツ関連施設や団体にも同様の対応を求めてください。
  5. 知事や市長、教育長はマスクハラスメントやマスク差別は絶対に許されないとの強いメッセージを出すとともに、少なくとも屋外から不要不急のマスクを外してください。
  6. 高知県や市町村主催イベントのうち、少なくとも屋外イベントや小児・若者向けの県主催、市主催イベントではマスク差別やマスクハラスメントの禁止、不要不急のマスク解消を推進してください。
  7. 高知県議会や高知市議会にもこの問題に関心をお持ちいただきますとともに、政府にコロナの感染症からの除外や新しい生活様式廃止を求めていただきますと助かります。

よろしくお願いいたします。

高知県民、高知市民の皆さん、加藤厚生労働大臣がコロナの扱い緩和を口にした今こそ立ち上がるときです!

マスク差別やマスクハラスメントをなくし、健全な生活を取り戻しましょう!

■エールの使用法
ご寄付は任意ですので、ご署名だけ頂くことでも全く構いません。
それでももし頂けるようでしたら、お気持ちに感謝し、大変ありがたくお受け取りさせて頂きます。
また、皆様のお気持ちを無駄にしないよう、最後まで一層の責任を持って提出させて頂きたいと思います。

~~~~~~~~~

■ 団体(代表)プロフィール

コロナ悪用に反対する発達障害者です。

仕事やしょうがいを抱え、公文や畑など多忙の中で孤軍奮闘しています。

こんな中、文章作り・拡散・提出など、時間や労力を割いてがんばっていますのでご協力よろしくおねがいします。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

■ SNS

twitter:

https://twitter.com/mamechance1?t=8061EjGo4cMEj7Wt0OzcAg&s=09

Facebook

https://m.facebook.com/miyazaki.haruna?fref=nf&ref=m_notif¬if_t=feed_comment



新着報告

2022/12/22
お知らせがございます。

この署名のご好評やマスク差別解消をもとめる社会情勢を考慮し、署名受け付けを31日まで延長させていただきます!

皆さん、マスク解消にはわたしたちの奴隷根性はもはや通用しないという意識改革から始まります。

ご協力よろしくおねがいします。


2022/12/04
勇気ある高知県民の皆さんへ。励ましのメッセージが届きました。

マスクハラスメント、マスク差別と戦う高知県民の皆さんに励ましのメッセージが届きました!ご紹介させていただきます!

みなさんもこのメッセージを高知県にお住まいのご親族やお友達、お知り合いに拡散しましょう!

マスクの強要・差別は明らかな人権侵害です! いごっそう&はちきんさん、高知県民の誇りと「自由」のために引き続き頑張って下さい。 大好きな高知のために、心から応援しています。

ありがとうございます!


2022/12/03
中間報告|署名期間の延長にあたり、実務可能な仲間を募集します。

この署名活動にご賛同いただいた皆さまへ。

現時点で署名者数55名、エール4000円、そして多数のコメントをいただいており、これだけのご賛同をいただけたことに驚き、感謝するばかりです。本当にありがとうございます。

皆さまからのコメントを、1つ1つ読ませていただきましたが、何か行動を起こす必要性を感じつつ、どうしていいかわからないという、もどかしい思いがたくさんの方々から伝わってきました。そして、私が抱くのと全く同じ危機感を、多くの方々と共有していることを感じ、勇気をいただきました。

私は、現在不要不急のマスクが引き起こしている社会的状況に問題を感じた一人の発達障がい者です。

仕事や障がいを抱え、限られた時間を活かして、ボランタリーに孤軍奮闘しています。

不要不急のマスクをはじめとするコロナ問題に立ち向かうためには、こういった市民による取り組みを広げ、無関心を解消することが重要です。

皆さまにおかれましても、ぜひ、高知県のご親戚やお知り合いに呼びかけてネットワークを形成し、高知県や県内市町村への働きかけ、市民の啓発に取り組んでいただきますようお願いします!

また、一点お知らせがあります。

行政に対して有効な形でメッセージを伝えるため、また、今後も中長期的にコロナ悪用に立ち向かうためには、たくさんの調整や実務作業が必要です。

そこで、私と共に現実社会を変えるために行動したいという方を募集します。例えば、

・簡単なチラシや文書の作成

・リサーチ・データ入力(エクセル等)

・広報

・街歩きなどの活動

・活動の企画(茶話会、勉強会等)

・広報物の作成(パンフレット、フライヤー等)

など、それぞれの能力やご経験を生かし、実際に高知県内のお住まいの市町村周辺で活動に関わろうという方を探しています。

活動できる時間帯や、長さについては、もちろんそれぞれのご事情があると思いますので、配慮させていただきます。

ご関心をお持ちのかたは、こちら(mamechance@gmail.com)までご連絡お願いします。


皆さまからのサポートに、重ね重ね感謝申し上げます。


あゆずし


メッセージ

2022/12/05
森野 誠
マスクは健康な人には害! 活動頑張って下さい。

2022/12/03
佐川敦子
マスクの強要・差別は明らかな人権侵害です! いごっそう&はちきんさん、高知県民の誇りと「自由」のために引き続き頑張って下さい。 大好きな高知のために、心から応援しています。

2022/12/03
小野元見
ノーマスク 頑張ろう! マスクは健康にも良くないです

2022/12/03
早川ユミ
こどものこころの発達に笑顔がたいせつ。あんしんと微笑みをこどもたちにとりもどしたいです。

2022/12/03
那須野
私は去年から子供達の通う 小中学校にマスクについての資料を 持ち、何度か足を運びましたが 結局のところ、教育委員会からの 指示がないと学校の先生方は、動けないんだそうです。 子ども達の教育現場の過剰な感染対策が少しも変わらず困っています。マスクで合唱し、黙食終わりの通達も未だ学校には届いてないようです。遅すぎませんでしょうか?子どもたちをもっと大事にしていただきたく教育委員会への後押しをお願いしたいです。

2022/12/02
川島 彰
無症状者には害しかないマスク社会をやめさせよう! 頑張って下さい。

2022/12/02
井上 龍一
是非、頑張ってください

2022/12/02
力丸尚土
マスクは義務ではなくお願いだ!

2022/12/02
村尾章子
ありがとうございます!

2022/12/02
武田早苗
孤軍奮闘されている貴方に 頭が下がります。 どうぞ、頑張って下さい。 わたしは応援します。

2022/12/02
生川ちか
素晴らしい活動をありがとうございます。全国に広がりますように。

2022/12/02
森野 純子
最後まで諦めずに頑張って下さい!

2022/12/02
結城 修悦
マスク差別、ハラスメントがない高知県になりますように

2022/12/02
松山由記
応援してます! 北川村や周辺市町村からもマスク撤廃必要です。これはもう無意味な強制で、洗脳に近いです。

2022/11/26
小関克
応援してる

2022/11/16
高山真理子
声を上げてくれてありがとう!

2022/11/16
秋山勉
同調圧力によるマスクハラスメントは、仕方なく付けている人が居る限り無くなりません。必要かどうかは個人がしっかりと考える、行動する!誰かが言ってくれるだろう、自分は矢面に立ちたくない等の考えは社会的弱者を犠牲にするうえ、差別やハラスメントに加担してるということ!活動を支持します。

2022/11/16
酒井美季
1日でも早く脱マスクができますように

2022/11/14
古川由里子
マスクハラスメントをやめる社会を目指しましょう!特に小児にとっては害が大きいのですから。 もはや新型コロナは過剰な対策が必要な病気ではありません!

2022/11/13
吉井美智子
バスや電車で誰もしゃべっていなくても、マスク着用と会話自粛のアナウンスに辟易しています。 マスクは酸素を取りめないので脳にとって有害なのは殆ど常識であるはずなのに、言葉は丁寧であれ延々と繰り返されるアナウンスに、公共機関に携わる人たちの人権意識の希薄さ(通達でもあるのか?)が窺い知れ、早々にマスクを外した諸外国と比べて日本ってこんな国だっただろうかと改めて驚愕しています。

2022/11/12
吉尾一寿(福岡市南区)
マスクは席エチケットさえまもれば、するも自由、しないのも自由だと思います。応援してます。

2022/11/12
山本愛
素晴らしい活動!

2022/11/08
鈴木佳央里
脱マスクに向けてわたしも応援します。 マスク自由化へ!

2022/11/08
唐澤国洋
マスク外しましょう!全ての間違った感染症対策は撤廃させましょう!

2022/11/07
Tacksue
こんな馬鹿げた非科学的な全体主義は終わりにしてもらいたいです。

2022/11/07
【沖縄】子どもたちへのコロナワクチン接種を考える会
マスクはいりません。 美味しい空気を吸って健康に!!

2022/11/06
石川真理香
このような署名を立ち上げて下さり、本当にありがとうございます。 海外では次々にマスクを外しています。マスクをし続け、ワクチンを打ちまくった日本では新規陽性者が世界一ですね、それらに疑問を持って、デメリットの大きかった間違った対策を辞めていく時です。 日本では同調圧力の矛先が一番に子供達に向けられています。 呼吸を制限する声かけを大人達がこぞって子供達に高圧的にしています。 どれだけ子供達に異常なことをしているのか、自覚しておかしな声かけを今すぐ辞めさせて下さい。 強制では無いといいながら実質の強制を強いている人たちを止めて下さい。 本当は任意なのだということを大人達が子供達に教えていくべきです。 そしてマスクをしたい人たちは、そもそも2時間おきに取り替えて適切にマスクを使っているのでしょうか?同じマスクをし続けることで温かく湿った場所で、雑菌が好んで大繁殖するのを後存知ですか? 空気感染のコロナに呼吸し続ける人間がマスクをして呼気はどこに消え去っているつもりなのですか? 2メートルの距離の設定は忘れてしまったのですか?そもそも空気感染のウイルスにマスクは無意味です。 首相が、海外ではマスクを外して高齢者と握手をし会話をし、会談をしているのを知っていますか? 家族と会話するときも、飲食をしながら話すときもウイルスが都合良く消えるつもりでしょうか? 矛盾だらけの大人達に子供達は振り回されています。 今までのことを反省し、今までの分の、強制を辞めさせるように、同じくらい強く指導していくべきです。

2022/11/05
加藤 豊
同調圧力に屈しない。

署名 / エールボタンへ