「東京都パートナーシップ宣誓制度」創設に待った!

「東京都パートナーシップ宣誓制度」創設に待った!
  • 提出先:小池百合子東京都知事、東京都議会、東京都
作成者:「東京都パートナーシップ宣誓制度」を憂慮する保守の会

活動詳細

私たち慎重派・保守派の‟多様な声”にも耳を傾けてください!

東京都が今年(令和4年)秋に制度開始を予定している「東京都パートナーシップ宣誓制度」について、私たちの訴えにご賛同いただける方は、ぜひともご署名をお願いいたします。

はじめに

私たちは性的マイノリティLGBTQの方々の人格を尊重し、不当な差別があれば解消されるべきだと考えています。

しかし、人格を尊重することと、その要望や主張をそのまま受け入れることは、同じではありません。
私たちが当事者の一部の要望や主張に反対したとしても、そこに当事者への差別的意図はないことを、まず、ご理解いただきたいと思います。
その上で、「東京都パートナーシップ宣誓制度」(素案)について、再考していただきたい点を幾つか列挙いたします(以下、短縮版)。
※キャンペーン文の全文をお読みになりたい方はこちら☟
https://note.com/stop_tokyo/n/nba03b4f437b6


1.制度創設の目的「多様な性に関する都民の理解を推進するため」について
――「多様な性」に関して一面的な考え方を一方的に押し付けないでください!

現状では、ごく一部の活動家や同性パートナーシップ・同性婚推進派の主張に偏った理解促進になりかねず、東京都を起点に日本社会全体に影響や混乱が拡がることが懸念されます
性的指向が実は流動的であるとの研究が出てきたり、うつや不安など他のメンタルの不調を性別違和と誤認しているケースも指摘されるなど、LGBTへの知見はまだまだ確立されていません。
理解増進の前に、思想的、政治的偏りのない、正確な知見を確立する努力が必要だと考えます。

2.制度創設の目的「性的マイノリティの生活上の不便等の軽減」について
――ほとんどの「困りごと」は個別に対応できるのでは?

都の事前調査(中間結果)では、「困難経験あり」と回答した当事者は約3割にとどまっています。
その内容も「誰にも相談できない」「親など周囲に理解してもらえない」「好きな服が着られない」など、パートナーシップ制度とは関係ない、相談窓口で対応するのが適切なものばかりです。
現在では同性パートナーを生命保険の受け取り人に指定できるサービスもあり、病院の付き添いや面会を断られることもほとんどないと、当事者自身も証言しています。
一部の性的マイノリティの方々が挙げるほとんどの「困りごと」は、本制度を創設しなくても対応できる、というのが実情ではないでしょうか。

3.制度の対象について
――「自己申告」は不正利用の恐れがあります

性的マイノリティかどうかは、事実上、自己申告に委ねられており、制度の不正利用の懸念を拭えません。
特に「性自認」については、当事者ではない男性が「心は女性」と称して女子の浴場に侵入する事件も起きており、「自己申告」で性的マイノリティと認定する証明書の発行は社会的混乱を招く恐れがあります。

制度の概要について ――「子供の最善の利益」を考えてください

制度の概要で、「当事者の希望に応じて」、当事者の子供の名前を補記できるとしていますが、欧米には「同性カップルの子育てには悪影響がある」との研究もあり本制度の対応は子供の福祉を損なう恐れがあります

「お父さんが2人」「お母さんが2人」など、婚姻・家族制度に混乱をもたらすことも危惧されます。

5.ヒアリングを行った有識者が推進派や活動家ばかり

都がヒアリングを行った「有識者」の大半が、同性パートナーシップ・同性婚推進派や活動家で占められています。逆に慎重派や保守派が一人も含まれておらず、最初から結論ありきで、行政の中立性の観点からも問題があります

6.事前調査の最終集計結果が公表されていなかった

都が昨年(令和3年)10月~11月に調査した「性自認及び性的指向に関する調査」の中間集計結果しか公表されておらず、「最終集計結果」の公表予定はパブリックコメントが終了する3月末とされています(追記:募集期間は4月11日午前10時まで延長)。
都民の声を集めるのであれば、当然、事前に調査結果を公表すべきです。結果を公表できない、何か不都合な事実(真実)でもあるのでしょうか?

(追記:3月30日に最終集計結果がついに公表されました。推進派にとって「不都合な真実」については末尾の記事をご確認ください)

以上、「東京都パートナーシップ宣誓制度」素案などをもとに、私たち慎重派や保守派が問題視する点を列挙しました。
私たちの訴えにご賛同いただける方は、ぜひともご署名をお願いいたします。
私たち慎重派・保守派のような‟多様な声”があることを、小池都知事をはじめ、東京都議会、都民、さらには日本国民にも示して参りましょう!

ご協力のほど、どうぞ宜しくお願いいたします。

※当会が取得した個人情報は、上記宛先に署名を提出するなどの目的以外には一切使用いたしません。
なお、いただいた「ご意見」については、プライバシーに十分配慮した上で、SNSなどで発信させていただく場合がございますので、どうぞご了承ください。

「エール」(募金)の使用法

ご寄付は任意ですので、ご署名頂くだけで全く構いません。もし頂けるようでしたら、お気持ちに感謝し、広報や啓発活動などにあてさせて頂きます。

団体プロフィール

東京都が今年秋に制度開始を予定している「東京都パートナーシップ宣誓制度」について懸念を抱き、今年3月、首都圏在住の数名によって結成。

SNS

Twitter:@StopTokyo2022

note:https://note.com/stop_tokyo


関連記事

なぜ当キャンペーンがChange.orgから突如削除されたのか?


東京都「性自認及び性的指向に関する調査」結果の真相を明らかにする


ご署名いただいた方々の「ご意見」(1)



新着報告

2022/05/17
署名数が4,000名を突破!
これまでにご署名いただき、誠に有難うございます。

5月17日(火)の時点で、署名数が4,000名を突破いたしました!


6月3日までの期限まで、あと17日!

まずは1万名突破!

情報の拡散など、署名数の倍増にぜひご協力をお願いいたします!


2022/04/27
署名数が2,000名を突破!

これまでにご署名いただき、誠に有難うございます。

4月26日(火)の時点で、署名数が2,000名を突破いたしました!

ここ最近、署名数が着実に増えてきています。

2万名の目標にはまだまだですので、引き続き、情報のシェア・拡散などご協力をお願いいたします


また、埼玉県「性の多様性」理解増進条例案について、意見募集の締め切りが5月2日までとなっています。

4月24日には、大阪市内の商業施設の女性トイレに、「女装した男性が現れた」とのツイート(投稿)がありました。



実際に「性自認」差別禁止条例のない所でも、このようなことが起こっているのです。

もし、埼玉県で「性自認」を公に認める条例が制定されればどうなるか、容易に想像できるでしょう。


以下のリンクにこの条例案の問題点などをまとめています。ぜひご一読いただき、東京都のパートーナーシップ

制度と合わせて、「待った!」の声を上げましょう!全国どなたでもご応募可能! 5月2日まで

https://note.com/stop_tokyo/n/n0118d5bc0e57


2022/04/20
延べ3,000件を突破!

これまでにご署名いただき、誠に有難うございます。

本署名キャンペーンは、当初、Change.org(チェンジ・ドット・オーグ)という署名サイトで1,104名からご署名いただきましたが、運営側によって突如削除されてしまったため(詳細は「活動詳細」の関連記事をご確認ください)、Googleフォームに移行。Googleフォームでも866名からご署名いただきました。


4月5日からはこちらのVoiceを利用し、一昨日(19日)、Voice上で1,000名を突破!

そして、昨日(20日)に延べ3,000名を突破いたしました!

目標とする2万名にはまだまだこれからですので、引き続き、情報のシェア・拡散などご協力をお願いいたします


また、前回の「経過報告」でもお伝えしました、埼玉県の「性の多様性」理解増進条例案についても、皆様にご意見の応募をお願いしています(5月2日まで)。

以下のリンクにこの条例案の問題点などをまとめています。ぜひご一読いただき、東京都のパートーナーシップ宣誓制度と合わせて、「待った!」の声を上げましょう!全国どなたでもご応募可能

https://note.com/stop_tokyo/n/n0118d5bc0e57


メッセージ

2022/05/18
狩野浩一
がんばれー👊😆🎵

2022/05/18
吉田禎行
間違った世の中に、なって欲しくはないです。 相手を思いやることの出来る社会であって欲しいですが、このパートナーシップ宣誓制度は、違うと、思います。

2022/05/18
中村幸子
正しい事、応援します!

2022/05/17
遠藤千春
応援しています!頑張ってください!

2022/05/17
山口裕子
応援しています!必ずストップできますように!

2022/05/17
管原 健一
家庭再建を望みます。少子化対策に於いても健全な家族構成を望みます。

2022/05/17
山裾 綾子
正しい事を発信する力に応援します!

2022/05/17
藤井直克
たくさん署名集めよう。

2022/05/17
大西俊通
東京パ—トナ—シップ宣誓制度に反対します!

2022/05/17
腰高順一郎
社会の秩序を破壊するような左翼活動家にだまされてはなりません。 頑張ろう。

2022/05/17
岡本 泉
男は男として女は女としての人間創造本来の人格と個性を慎重に理解すべきです。 育った環境などで勘違いを起こすこともあるかと思いますが、適切なカウンセリングなどで訂正の努力すべきです。

2022/05/17
長内 隆幸
頑張って下さい…!

2022/05/17
村松真人
家庭の価値と少子化問題に対応していきましょう。

2022/05/17
水野有美
頑張ってください!!私たちも頑張ります!!

2022/05/17
宇都宮 裕見子
「東京都パートナーシップ宣誓制度」創設に待った❗️の活動を応援しています!

2022/05/17
高橋和男
家庭破壊の元凶つくる左翼を許すな!ぜひ制度に待ったを掛けよう!

2022/05/17
石倉 尚
頑張ってください!

2022/05/17
鳥海洋子
最後に愛は勝つ! 諦めずにがんばりましょう!!

2022/05/17
佐藤和明
パートナーシップ宣誓制度の創設に反対

2022/05/17
梶栗本子
LGBTで葛藤して苦しんでいる人には心を寄せてあげる必要がありますが、パートナーシップ制度をつくるのではなく、何より日本の国の未来のために『幸せな家庭づくり』を推進し、夫婦関係や子育てで困っている人を支援し、人口減少の問題を国民全体で意識し取り組むべきではないでしょうか。

2022/05/17
朝比奈利廣
何でもアリは間違っている

2022/05/17
鈴木雅樹
普通に暮らす男性、女性を守ることを、忘れないで下さい。

2022/05/17
渡辺三佐世
自然のままを尊重するのが、いいと思います。

2022/05/17
角口俊幸
つくる必要性を感じません。

2022/05/17
大田聡
健全な家庭と子供達の教育のために応援します

2022/05/17
林裕人
より全うな世の中を!真な世の中を!

2022/05/17
熊谷栄佐雄
頑張って下さい。

2022/05/17
中島明子
子を持つ母として、子供の心と体の健全な成長を願っております。 子供たちは非常に素直で繊細な感性を持っております。 男のお父さん、女のお母さんがいる本然の家庭のモデルをはっきりと子供に示す世の中であってください。 どんなに性転換手術をしても男に子宮は持てません。 女に種は作れません。 男は男、女は女なのです。 性格的に中間の人はいると思いますが。 自然のその大原則を覆して健全な社会ができるとは思えません。 どうしてもご自分の性に違和感がある方には個別に対応していただける社会としていただけたらよいかと思います。

2022/05/17
松本由香里
反対です。絶対やめてください!

2022/05/17
相谷浩史
署名を通して、この運動が広まって間違った社会を正しくしていけるように切に願います

2022/05/17
ファロッキ ハミッドレザ
妻から話を聞きました。この活動に賛同します!

2022/05/17
井上健一
僕の結婚を変○と一緒にされたくないです。頑張ってください!

2022/05/17
柴田富美子
頑張ってください!応援いたします!!!

2022/05/17
田中美貴子
LGBT活動反対です

2022/05/16
吉田美智雄
家族制度の根幹を守りましょう。

2022/05/16
田中 清二
個人的課題に行政が介入する必要は無いと思います。 もっと他に検討する事があるのでは。

2022/05/16
矢吹弘子
東京パートナーシップ宣誓に反対します!結婚は神聖なもの。

2022/05/16
縣 重雄
過激な性教育の再燃になる危険性があります。 青少年の健全な育成をしてあげてください。

2022/05/16
大高賢雄
 「性自認」の定義では、自己申告による性別をそのまま認めることにつながり社会的混乱を招く。 「性自認」を安易に認めることは、主として女性に不利益をもたらし、女性の権利を侵害する。  女性と名乗れば女性、男性と名乗れば男性と認められると、海外でもさまざまな社会的混乱を引き起こしている。

2022/05/16
塩野 金一
条例を作ることで、大多数の98パセントの正常な夫婦の子供を守つたり、将来に渡って未来図が描けない社会や、権利、義務、のはき違いがないようにしたい、法律は、現在の個人主義中心を保護していますが、大きな観点から将来を見つめるとき、どちらが良いか、おのずと、わかってくるとおもいます、。

2022/05/16
田中好枝

2022/05/16
志賀 進
LGBTで差別を強調しすぎです。性犯罪が増えるだけです。

2022/05/16
梅野和成
正しい判断を。

2022/05/16
千秋 英二
男は男らしく、女は女らしく 家庭を守って行こう!

2022/05/16
城石春枝
当事者が必要としていない制度は無駄なので、応援します。

2022/05/16
白木みゆき
女性の公衆トイレや浴場に、男性の身体を持つ人が入ってきたら、女性の人権はどうなるのでしょうか?また、女性を騙る男性が入ってきて性犯罪を犯した場合、どう責任を取るのでしょうか?パートナーシップ断固阻止をお願いします。!!

2022/05/16
伊藤佳央
東京都パートナーシップ宣誓制度」創設に反対します!

2022/05/16
池田豊
単なる時代的な風潮だけで制度だけ作ればよいものではなく、個々の方々への個別な対応を皆が考える社会づくりが必要かと。P制度創設反対を応援します。

2022/05/16
村田明美

2022/05/16
久保田旬
当事者の多数が必要としていないものを導入するのはなぜなのか? こうやって悪目立ちすることで、LGBTは自己中心だと誤解されている。 その延長線上にある本当の目的はなに? LGBTをだしにして、何をしたいのですか?

2022/05/16
打越 雅之
自認の悪用問題が危惧される中、悪意を持った輩(自称トランスジェンダー)が、浴場等で、覗き、痴漢行為、レイプ等を行なった場合、誰が責任を負うのか? 自称トランスジェンダーの入場を許可した浴場等の運営者は、責任を逃れられるのでしょうか? そうだとしたら、賢明な女性は、健康ランド等には近寄らなくなり、業界は崩壊すると思われますが、そこで働く人に対し、誰かが責任を負ってくださるのでしょうか?

2022/05/15
溝口幸司
応援してます!

2022/05/15
髙橋隆司
慎重に検討して欲しい。子供の健全な成長する環境に悪影響を及ぼす危険を感じます。応援しています。

2022/05/15
木村智子
全く同感です。

2022/05/15
飯野美枝子
頑張ってください、応援させていただきます。

2022/05/15
黒岩幸雄
同性婚反対

2022/05/15
加納竹子
応援しています

2022/05/15
椎葉権成
節度と常識、そして本当の意味での相互理解と平等を考えるように動いていただけるよう、お願いします。

2022/05/15
黒岩三江子
パートナーシップ反対です。

2022/05/15
鈴木智子
性犯罪者が利用するような法律は反対です❢ 心は見えないので自分の心は女性だと言って女性用のトイレやお風呂に平気で入って来るのでは!? 怖いです!!

2022/05/15
谷口美恵子
お風呂場やトイレでの混乱を将来ある子供たちに見せたくないです。

2022/05/15
麻生智子
同性愛はあくまで個人的な問題だと思う。それを法令化するべきではない。 差別するべきものではないが、お互いを認め合う社会を作ればよいだけのことに思える。

2022/05/15
末松壽子
パートナーシップは、いりません 勝手に作らないで下さい やめて下さい

2022/05/15
清水典男
父母の愛により子育てしやすい社会が出来ることを願います。応援しています。

2022/05/15
宮本京子
頑張ってください。

2022/05/15
櫻井歩
賛同し、応援したいと思います。

2022/05/15
泉谷昭雄
東京都パートナシップ宣誓制度は、伝統的な家庭制度を崩壊しようとする勢力の目論見です。断固反対します。

2022/05/15
中村州子
頑張って下さい、

2022/05/15
佐藤牧子
子供達の将来にも関わる重大なな問題です。 慎重に議論してほしいです!

2022/05/15
下條佑輔
日本の中心である東京都でパートナーシップ宣誓制度が制定されれば、更に加速していく懸念もあるでしょう。応援しております。

2022/05/15
吉澤 茂
男女の別は、身体的特徴のみで判断すべきである。そうしないと女性の側が被害を被る恐れがあります。

2022/05/15
内山雅守
間違った考え方は正さなければなりません。

2022/05/15
内海淳子
がんばれ

2022/05/15
羽鳥秀樹
性的マイノリティーの方の人権はもちろん、人格も考え方も尊重するべきだと思いますが、共生社会を実現するには、それ以外の人々の人権も人格も考え方も尊重されて成り立つものと思います。まずは性的マイノリティー当事者の声を十分に聴き、それ以外の人々の意見を充分に聴いた上での慎重な議論を望みます。 頑張ってください!

2022/05/15
藤村幸夫
東京都パートナーシップ宣誓制度に反対します

2022/05/15
長坂秀雄
健全な東京、日本となりますように

2022/05/15
増田ますみ
反対しております

2022/05/15
唐川敬司
頑張って下さい。

2022/05/15
丸岡邦幸
新たなる既得権益の設定により、 まじめに生活しているサイレントマジョリティをないがしろにしないでほしい。 生活者として同じ目線で考えてほしい。

2022/05/15
中村恵子
創設に待った!応援しています。

2022/05/15
久木田沙也
がんばって下さい!

2022/05/15
河内美智子
ともかくともかく応援しています!

2022/05/15
西村優紀子
東京都パートナーシップ宣誓制度に反対します。 反対署名活動を支持します。 ありがとうございます。

2022/05/15
高田英雄
LGBTの方の人権を守らないといけません。しかし、それを政治利用する事には反対します。

2022/05/15
マツイセイコ
未来の為に…正しい世を築きましょう

2022/05/15
土蔵千里
性自認は、根拠のない観念的なもので、法的制度の中における規定にはそぐわない。 護るべき方は、キチンと医療機関等における診断を受けた方に限定すべきです。

2022/05/15
和西恵
平和な世界を創る為に、受けとめていかなければなりませんが、制度として認めるわけにはいきません!

2022/05/15
荒瀬ゆきこ
本当に、多様な声に耳を傾けていただきたいです‼️

2022/05/15
南英昭
本当の公平、公正な社会の実現の為に頑張りましょう!

2022/05/14
菊地 玲
是非頑張って下さい

2022/05/14
斎藤知久
よくぞ!この活動を立ち上げてくださいました!LGBTに関する法整備が!この日本で、特に首都東京で始まった事が恐ろしい事です!断固反対の声を上げて行きましょう❗️

2022/05/14
デイジーリボン
異なるアイデンティティの悩みを一元的に解決しようとするやり方に疑問を感じます。LGBTは政治のための駒ではありません。生殖器の尊重は人権の尊重。生殖器の尊さを教えずして人間の尊さを教育するなどできません。LGBTという言葉より先に生殖器を尊ぶ教育が一般的になればと思い署名いたしました。

2022/05/14
小堺 篤
頑張りましょう!

2022/05/14
永瀬直子
自由を認める社会 大事だと思いますが、これ以上少子化を進めないためにも、制度創設にはもっと慎重にすべきだと思っています!

2022/05/14
小田 進
同性愛者が気持ち悪いわけではない。情報を隠蔽してこの法案を通して政治目的を達成させようとする活動家に吐き気をもよおす

2022/05/14
斎藤玉子
この条例は家庭崩壊が発生し、社会の混乱を招くので、大反対です。

2022/05/14
與川ひろみ
とても希望的です。頑張ってください。応援しています。

2022/05/14
斎藤尚久あたn
私は同性愛や同性婚は神様の願いに反する行為なので、認められません、 したがっ性の多様性という言葉が理解できないし、理解する気持ちにはなりません。 この条例は当事者たちが望んでいるものでしょうか?このようなことに無駄な時間とお金は使わないで、コロナ禍で苦しんでいる人々の救済、努めたくださいね、

2022/05/14
山田潤次
創設阻止‼️。

2022/05/14
西村 昭彦
日本の家庭の価値観を破壊しようとする試みと推進する勢力に断固反対します!

署名 / エールボタンへ