【子どものコロナワクチン接種について、 法を重んじ、科学的な考察を】 教育の内容が接種の有無により区別される、といった不法かつ非科学的な行為をなくすため、皆様のご協力をお願いします

【子どものコロナワクチン接種について、 法を重んじ、科学的な考察を】 教育の内容が接種の有無により区別される、といった不法かつ非科学的な行為をなくすため、皆様のご協力をお願いします
  • 提出先:報道機関など(この活動は、行政や特定の団体等への訴えではなく、ワクチンに関する科学的・法律的知見を広く紹介することを主な目的としています。活動の趣旨については、以下の文章をご覧ください。)
作成者:Think Vaccine

活動詳細

誰のために、何のために、打つのか

ウイルスが子どもに与える影響、接種の意義、人権、子どもを守る大人の役割などについて、以下の文書に意義があるとお感じの方のご署名をお願い申し上げます。(文書の要旨をお知りになりたい方は、このページの下部にある【文書の要旨】をご覧ください。)

📒新型コロナワクチン接種と子どもの権利に関する見解および提

この文書は、2021年12月現在で得られているエビデンスを基に、国内外の医療関係者や法律家等の助言を得て、Think Vaccine(任意団体、ウェブサイトThink Vaccine(thinkvaccine.info)を運営)が作成しました。文書に関するより詳しい情報が、thinkvaccine.info/petition/に掲載されています。この文書を基に、今後、例えば5~11歳への接種開始と同時期に、専門家・有識者の協力を得て、意見表明および提案を行う場やシンポジウム等を設けたいと考えています。その際、ご賛同者がいらっしゃること(ご賛同者の人数など(個人情報を開示することはありません))やご賛同者のコメントを紹介させていただければ幸いです。また、エールを頂ける場合、イベント費用などにあてさせて頂きます(詳細については下記「いただいたエールの用途」をご覧ください)。

新型コロナワクチンの有効性や効能については様々な見解があります。また、今後のウイルスにおける変化やワクチンに関するデータの蓄積により、見解は変化してゆく可能性があります。一方、コロナ禍でも子どもには健康・健全に成長して欲しい、子どもを守りたいという思い、あるいは大人に適切な判断をして欲しいとの思いは、普遍かつ不変であり、多くの方が共有できるのではないでしょうか。その思いを共有し、子ども達にとって必要なもの、子ども達にとって良い方策を、科学と法に則り皆様と共に考えてゆくきっかけが生まれれば、幸いです。

この署名活動に意義があるとお考えの場合、ご無理のない範囲で、活動を他の方にもご紹介下さると幸いです。

同じ趣旨の署名活動をChange.orgのシステムでも展開しています。Voice(本サイト)あるいはChange.orgのいずれかでご署名をお願いいたします。二重のご署名が生じた場合、お一人のご署名に統合いたします。


いただいたエールの用途
エール(ご寄附)は以下の目的のため使わせていただきます。

・上記文書の内容に関する記者会見やシンポジウムなどのイベントを開催する費用
・アンケート調査(学術的に意味のある調査を行うには、ある程度の回答数が必要となり数万円~数十万円の費用が発生します。)
・その他活動費・雑費
(本活動が終了した時点でご寄附が余った場合、ご寄附を下さった皆様のご意見をうかがい、その用途を決定いたします。
Think Vaccineのメンバーの活動は全てボランティアです。イベント開催地への交通費等にご寄附を使わせて頂くことはあっても、メンバーが自らの労力や時間を費やして行う活動自体にご寄附をあてることはありません。随時、また2022年3~4月頃に、ご寄附の使用に関する明細を含め活動報告を行う予定です。)

皆様のお気持ちに感謝申し上げます。もちろん、ご寄附は任意ですので、ご署名を下さるだけでも大変ありがたく存じます。なお、本サイトでご寄附を下さった場合、ご寄附の一部が、サイトを運営する一般社団法人Social Goodに支払われます。内訳は以下の通りです。

[システム利用料25%+決済代行手数料3.6%]

詳細については、
ガイド&ヒントのページの「署名活動の立ち上げに費用はかかりますか?」の欄をご覧ください。


【文書の要旨】

・日本での感染は、主に大人の社会から子どもの社会へ拡がっている。重要なのは大人が子どもを守ることであり、子どもに大人を守ってもらうことではないはず。
・日本の子どもにおけるウイルスのリスク(あるいは、接種の意義)は、日本の0~18歳のデータに基づき検討すべき。日本の何倍~何十倍もリスクが高い国のデータは、参考とすべきだが、それに依存すべきでない。
・感染力の強い変異株に対して、接種により感染を抑制できるというエビデンスが乏しい。感染抑制に対し接種は諸刃の剣である。接種に社会的な意義を与えることが妥当とは言えない。
・教育現場などにおいて、接種者と非接種者を区別する医学的・科学的根拠はない。
・接種の有無による区別は、日本国憲法や国連の子どもの権利条約に反する、不法な行為、あるいは恣意的な行為となり得る。


主催:Think Vaccine(thinkvaccine.info)
メールアドレス:info@thinkvaccine.net
電話:090-9897-1248
twitter: @ThinkVaccine
YouTube: https://www.youtube.com/channel/UCyabystG-YpOCdkaEnsTeJw

新着報告

2022/05/01
お知らせ

皆様

いかがお過ごしでしょうか。
以下、二点のお知らせがあります。

 


メールアドレスが分かる全国の小学校、中学校、高校、また一部の幼稚園・保育園に本署名活動の基となる文書を送付しました。送付にあたっては、森本祐二さんが全面的に協力してくれました。ありがとうございます。

 


日本におけるオミクロン株に対するワクチン効果について、先日小島勢二医師がアゴラに二本の記事を投稿しました。

https://agora-web.jp/archives/2056091.html
https://agora-web.jp/archives/2056193.html

これらによれば、最近耳にする「2回接種によって重症化予防効果は維持されているが感染予防効果が減衰している」「3回目接種に感染予防効果はあまり期待できないが重症化予防効果は期待できる」「現行のmRNAワクチンはオミクロン株に対する効果がない」といった意見は、少なくとも日本の現状とは合致していないようです。

一方、問題なのは、主に高齢者にとってベネフィットが大きいとされるmRNAワクチンについて、接種の「必要回数」と定められた2回接種から数か月が経過すると、高齢者(65歳以上)においては感染予防効果の値だけでなく重症化予防効果の値もマイナスに転じる点です。つまり、高齢者が2回の接種を受けている場合、一定期間は感染予防効果と重症化予防効果の両方が得られるものの、数か月が経つと、接種を受けていない高齢者よりも感染・重症化しやすくなります。なお、65歳未満では、このような傾向は今のところ観察されていません。

もしこのようなことが実際に起きているとしたら、ワクチンにより高齢者を守るとの理念について再検討が必要となる可能性があります。

現行ワクチンの追加接種により再び高い感染予防効果と重症化予防効果が得られるようです。ただし、追加接種による効果については、早期の減衰が予想されます(既にその傾向がみられます)。高いワクチン効果が維持される、或いは少なくとも未接種者と比較してマイナスの値とならない程度の状態が維持されるためには、相当の頻度で追加接種を行う必要があるかも知れません。どの程度の頻度の接種に耐えられるかについては個人差があると思われます。

私の親族(80歳代)は、2回目接種後、約半年にわたり家から出られない状態になり、医師からも3回目接種を受けないようにとの指示を受けています。ただし、この医師は、昨年の2回接種については非常に積極的でした(ほぼ強制的に接種させました)。その結果として親族がいま危険な状態にあるとしたら、それに対する責任は誰がとり、誰が彼女を守るのでしょうか。

子どもの接種はもちろん、全年齢層の接種について、一旦立ち止まり、検討しなおすべきではないでしょうか。

昨年9月のシンポジウムに続くシンポジウム第2弾を企画しています。実現するか分かりませんが、最善を尽くします。このまま接種キャンペーンを継続してよいかについて、多角的な議論が必要です。

今から一年ほど前一部の科学者が描いた悲観的なシナリオが現実となりつつあります。現状を深く憂慮しています。

 

Think Vaccine 家田堯


2022/04/05
小島勢二医師の講義

皆様

3月に公開されたファイザー機密文書、RNA→DNA逆転写に関する論文、改良型ワクチンの有用性/抗原原罪などに関し小島勢二氏(名大)が論じた動画を公開しました。

https://www.youtube.com/watch?v=ZlIrWAYBgQ8

子どもを含む全年齢層のワクチン接種について重要な観点が紹介されています。

私自身、今まで他人の批判は避けてきましたが、科学的エビデンスに汚名を着せるような行為には異議を唱える必要があると感じたため、動画の最後で私見を述べました。


皆様からのご寄付に感謝し、以下、Think Vaccineの活動費用の一部をお知らせします。

特にアンケート調査(https://thinkvaccine.info/press/)は、ご寄付なしには(少なくとも4,500人規模では)実現しませんでした。ありがとうございました。


Think Vaccine 家田堯


2022/03/15
文書送付を開始しました

各位

本活動の基となる文書を昨日から日本全国の小学校に送付しています。既に数百校への送付が完了しています。

文書は、3月5日までに得られているデータに基づき更新しました。主な更新内容は以下の通りです。

・小児コロナ関連死者数・死亡率の更新(アメリカ:約1/10万人、イギリス:約1/17万人、日本:約1/400万人)
・スイス、フィンランド、オーストラリア等における小児接種に関する見解の紹介
・接種後長期にわたりに苦しむ人がいることの紹介

活動にコメントを寄せて下さった小島氏、森内氏、宮川氏、鈴村氏に確認したところ、更新後の文書について特に問題はないようです。

文書送付にあたって、送付先のリスト作成などに関し森本祐二さんがご協力下さってます。感謝申し上げます。

Think Vaccineは緩い枠組みの中で活動する個人の集まりです。ワクチン接種歴や大人・高齢者に対するワクチン接種の考え方、接種の必要性に関する認識は一様ではありません。一方、子ども(未成年)の接種に関しては現状に重大な問題があると考え、科学的な考察から離れてはならないとの思いを共有し、協働しています。

引き続き皆様のご協力をお願い申し上げます。
いつもありがとうございます。

Think Vaccine 家田堯


メッセージ

2022/04/06
小島江美
国民一人ひとりが、正しい知識を持って正しい判断が出来ますように。

2022/04/05
鈴木 千里
you tube見ました。

2022/04/02
平野辰彦
よろしくお願いします

2022/03/03
川崎宗次郎
応援します

2022/03/03
中村あゆみ
ありがとうございます!

2022/02/20
紙谷純子
治験中のワクチンを子供に打たせることは絶対に反対です。その為にはどんどん声を上げていきたいと思います!

2022/02/13
藤林 整
JPSikaさんのリンク付けで紹介されて、初めて拝見しました。日本人の元気な子供たちにはコミナティ筋注は「無益有害」か、「無害無益」または「有害有益」というのが私の個人的な認識です。「無害有益」はレアケースなのではないかと憂慮しております。未来を託す子供たちの不利益は大人の勉強不足の結果です。あきらめずに頑張りましょう。

2022/02/01
高橋元子
子どもたちにイキイキと学び、体験する機会を守る大人でありたいです。 この署名活動に心から賛同します! ありがとうございます!

2022/01/27
布川未帆
未来ある子どもたちに、高齢者をはじめとする大人を守るという利他的な目的の為に接種を推進されるべきでは無いです。 長期的なリスクが不明ななか、私自身も子どもを持つ親として、もっと慎重に検討されるべきと思います。 このように声を上げてくださる医療従事者の方々に感謝いたします。

2022/01/27
野崎みなこ
このような計画を立ち上げてくださったことに感謝します。

2022/01/25
倉本奈鶴子
子供のワクチン摂取、反対です!

2022/01/20
井上幸子
リスクのない子供へのワクチンには絶対反対します。

2022/01/20
フレイザー実帆
同感です。必要性を感じられません。立ち上がってくださりありがとうございます。

2022/01/19
中村真紀
子供にワクチンなんて怖すぎます!

2022/01/16
大石 裕介
薬害は絶対に起こしてはならない

2022/01/16
川村武史
元気な子供たちに新薬ワクチンは必要無いです。 応援します。宜しくお願いします。

2022/01/15
竹内一朗
親御さんへのワクチン接種リスクについて圧倒的な説明不足、情報公開が不足している。ワクチン推奨が過剰に進みすぎ、冷静な判断を失っている。 たった数人が国の方針を決めるという、判断力と理性を完全に失った、単なる暴走と言える。 日本人では武漢型でも20代未満の死亡者は0人。 それ以上にワクチンによる重症化、将来的な健康懸念が生じている。 特に12歳以下はリスクがないと言い切れる。打つ必要がない。 特に武漢型はリスク、将来的な健康懸念のみ残る。 当該ウィルスの変異に対応できず、散々コンセプトを醸成してきた集団免疫効果も得られない、ワクチン効果はないことは実証された。 特に「努力義務」となると、児童らは強制接種される。 それでも政府と医師は「児童らの責任において」とする。児童らに医療関連論文を査読するなど不可能、判断できるわけがない。日本の政府、医師、大人がここまで無責任を通すことに絶望的な危機感を持っている。義務教育とは何なのか? 社会の暴走の結果、児童は分断される、孤立化する、いじめが増える、学校は分断される懸念がある。 これまでの曲がりなりにも安定し健全に運営してきた学校環境を破壊するかもしれない。 児童とその親御さんにとっては全く発展的でない。 様々な国際的外交事情より、日本国の児童の健康と生命を護ることに集中するべきで、それが本来の国家の姿だ。 現代日本人は特攻隊を再現するほどアホだったのか。

2022/01/14
山本まや
ほとんど重症化しない子供に新型コロナワクチン接種は必要ありません!

2022/01/14
亀尾 和代
子どもは人類の未来です。 大人が命をかけても守らなければいけないもの。 なのに子どもの専門家らまでもが彼らの未来を脅かそうとしています。 子どもに遺伝子組み換え治療薬を打つ目的は全く理解不能です。権力による人権侵害です。 小さな声も合わせれば大きな声になると信じてがんばっていきましょう。

2022/01/05
江口正裕
こどもに新型コロナワクチンは必要ありません!自然免疫で十分闘えます❗️

2022/01/04
柴田達男
微力ですが、応援します。

2022/01/04
たつや
デルタにせよオミクロンにせよ、変異株の症状は「ただの風邪」であり、風邪と同じ対処の仕方で良くなります。私は去年の夏に風邪っぽい症状が出て鼻水が止まらなくなった時(恐らくはデルタ株の症状)には葛根湯エキスを飲んだら治りました。熱もだるさもなかったので病院には行ってません(コロナと診断されてやぶ蛇な結果になるのが嫌だったというのもある)。だからマスコミがひたすら煽るコロナの恐怖はほぼ嘘だと確信しました。あとコロナの恐怖をひたすら煽り、ワクチン打て打て打て打て打て打て打てと騒ぐマスコミの方々自身はワクチン打っているんでしょうかね?まさか本当はワクチンが危険なものだと知っていて打ってない、ということはないですよね?

2022/01/03
山本直路
ただより高い物はない。2類→5類にしたら、町医者がすぐ見てくれて対応してくれる。 ウイルスとは共存共栄です。

2022/01/03
清水ゆかり
この活動を立ち上げてくださり本当にありがとうございます。自分も出来ることをやっていきますね!

2022/01/02
隆弘
子供のコロナワクチン接種反対です。これ以上被害者を出さないで下さい。

2022/01/02
吉塚雪子
ワクチンは毒薬です、即刻中止すべし!!

2022/01/02
山根 剛
政府自治体の皆様は何を考えているのか💢  これ以上の愚策愚かな行為を走るのか? 是非大人の接種をも止めるべきだろう👊💢

2022/01/02
大峠百代
子供に心身の負担を強いる社会であってはならないと思います。

2022/01/02
森本祐二
私の周囲にはワクチンで亡くなったと思われる方が2名。ワクチン後遺症でお困りの方が4名おられます。 このような人体実験目的と思われるワクチンを子どもたちに接種することは許されません。 全面的に支援させていただきます。

2022/01/01
佐藤朋子
子供のコロナワクチン接種反対です。これ以上被害者を出さないで下さい。

署名 / エールボタンへ