高山本線飛騨小坂駅から巖立峡~湯屋温泉へのコミュニティバスを観光客でも使えるようにしてほしい

高山本線飛騨小坂駅から巖立峡~湯屋温泉へのコミュニティバスを観光客でも使えるようにしてほしい
  • 提出先:下呂市観光商工部、市長公室
作成者:ヒラタツ

活動詳細

■ はじめに(活動の目的や概要)
下呂市小坂町(飛騨小坂)の公共交通のあり方を考えた。コミュニティバスの現状と理想の差異を考え直し、改善頂きたい。

■ 活動立ち上げの背景・理由
下呂市北部のログハウス的易者で有名な飛騨小坂駅。そこから巖立峡・湯屋温泉・下島温泉へ行く足が事実上タクシー1台、それも片道三千円近くかかるうえ一度出ると他の利用者は駅で30分ほど待たされる。これでは観光に使いづらい。

平日はコミュニティバスがあるが地元住民のみ利用可能で観光客は使えない。しかもダイヤは完全に地元向き。例:湯屋方面から飛騨小坂駅行は毎日5便あるが13時が最終、逆は初発が11時。しかも鉄道ダイヤとの整合性なし。

あまりにも公共交通機関とのリンクが足りないのではないか!?このままではコミュニティバスの利用もなく市から見放される危険もあろう。

■ 社会(提出先)がかかえる問題点は何か?
公共交通としてはおよそ機能していないと思えないが地元からの署名活動がないのはおかしい。デマンド制でいつでも運転しているとは限らない。走っていても9人乗りバスは2~3人しか乗っていない。正直無駄とも思える。

せっかく地元がアウトドアや自然を観光アピールしているのに実らない。その理由に公共交通の貧弱さがあるとみた。原因はクルマ利用を前提とした開発、公共交通のあり方を軽視したツケがある。

■ 活動内容の詳細
まず飛騨小坂の観光客にもコミュニティバスを使えるようにしてほしい。ついで巖立峡・下島温泉ひめしゃがの湯などへ気軽に日帰りできるバスダイヤを組んでほしい。飛騨小坂発9時半頃の便があれば観光には使えるであろう。湯屋初飛騨小坂行も15時ころにあれば観光客の帰りに使えて普通列車へも接続する。

委託業者で不可能であれば地元NPO団体にて自家用有償旅客輸送を使う方法を検討するべきであろう。地元の意向を汲める市民団体組織での運営に期待したいです。
仮にNPO組織での可能性が出てくればその地点で新たな署名、さらに踏み込んで募金も検討いたします。参考となる文面は以下の通りです。
バス・タクシーの活用検討するためまずはバス・タクシー事業者地域移動ニーズに対応した交通導入について提案めること
バス・タクシー
事業者からの具体的提案して最長月協議協議調わない場合最長月間具体的提案がなされなかった場合にはバス・タクシー事業者によることが困難であることについて協議調ったものとみなす
⇒自家用有償旅客輸送が検討可能になる。

■エールの使用法
●ご寄付は任意ですので、ご署名だけ頂くことでも構いません。
それでももし頂けるようでしたら、お気持ちに感謝し、大変ありがたくお受け取りさせて頂きます。主にインターネットが使えない方々への署名活動へ活用いたします。
皆様のお気持ちを無駄にしないよう、最後まで一層の責任を持って提出していきたいと思います。

■ 団体(代表)プロフィール

下呂市萩原町で子供の壊れた玩具を技術無料で修理する「おもちゃ病院」活動に参加、イベントで趣味のプラレールをジオラマ風に仕立てる「プラレールひろば」も実施。ついでに高濃度天然炭酸泉と自然豊かな環境に触れることで飛騨小坂に愛着を持つ。
多くの市民活動実績があり、提携することで地域の問題を解決する喜びも共有。今回地元がなかなか言い出せない雰囲気を打破すべく非地元民の分際で提案させて頂きました。


■ SNS
twitter: @hirataz4
Instaglam: @hirataz3

新着報告

新着情報はありません

メッセージ

あゆずし
2021/10/14
若者が地元の問題から政治や社会に関心をもつ練習にはぴったりの題材かと思います。 下呂市内の高校生に広がってほしいと思います。
少しでも環境を良くする
2021/10/08
公共交通は暮らしている人間にとっても訪問する人間にとっても使いやすいことが重要です。 趣旨に賛成いたします。
住 智治
2021/10/05
立ち上げ頂きありがとうございます^_^ 応援📣させて頂きます^_^

署名 / エールボタンへ