”子供達を事故から守る為の車改革”

”子供達を事故から守る為の車改革”
  • 提出先:国交省及び車メーカー
  • 担当者:赤羽大臣
作成者:平山尚弘

活動詳細

”車の抜本的改革を求め、国交省へ嘆願” 署名活動

また悲惨な事故が起きた千葉で飲酒運転のトラックが、集団下校の児童の列に突込み、2名が亡くなる痛ましい事故。 2年前には池袋で、その数日後には滋賀大津の琵琶湖湖畔で。毎年繰り返される交通事故、可愛い盛りの園児や、小中校生ばかりだ。

ここで一つ想像して頂きたい、狭い道路を通学する子供達、すぐ脇をスレスレに走る車、その時子供が車を見たらどの様に映るかを、子供目線だと軽ならトラックに、トラックだと戦車に見えるだろう、それが猛スピードで、時に飲酒で突進してくるのだ、子供達にその恐怖を与え、何一つ改善しょうとしない、大人は、政治家は、子供達に対し恥かしくないのか。

” 子供達を犠牲にする交通戦争、もう黙って見過ごす、訳には行かない”     

 当然事故は子供達ばかりでは無い、最近は死亡事故こそ減り、年間5千人前後だが。医療が発達した現在、重度後遺障害者は逆に、2千人前後と増えている。この亡くった5千人、10年で5万人に成る、よく大きさの比較に東京ドームが使われる、ドームは満員で約5万人、例えは悪いが今観戦している5万の人達が、10年以内に全員亡くなるのに等しいと言う事を、何と恐ろしい事か。

事故の大半が スピードの出し過ぎ、飲酒運転、ブレーキとアクセルの踏み間違い” 起因してる。

 国はこれらを減らす為、罰則の強化を図つているが、性善説では防ぎ様が無い ここは強制的な手段が必要「車及び車社会の、抜本的な改革」その具体的な内容を次に記す。

  1. 無免許防止、盗難防止対策を徹底した、車の開発。
  2. 一般道は60k、高速道では100km以上出せない、車の開発。(学校周辺は、より低速)
  3. 飲酒運転防止の為、アルコール検知器を搭載した、車の開発。
  4. 追突、急発進、認知症者予防対策を施した、車の開発。

以上4点の改革を求め、署名活動を始めた、賛同頂けるなら、どうかご協力頂きたい。


詳細は下記参照。

1)無免許、盗難防止対策。免許証をICカード化し、車にはそのリーダーを設置する。その上でカードと車に各々4桁の暗証番号を設定。車を起動させるにはカード4桁、車4桁、合計8桁の番号を入力しないと、エンジンが掛からない様にする。さらに認知症対策として対象者は、桁数(月日等変動数値)を増やす事で、運転防止になる。(この暗証番号の入力方法は、次の「飲酒運転防止」時に、威力を発揮する)。

2)速度制御システム。 事故の多くはスピードの出し過ぎが原因。そもそも一般道では60K出せれば十分のはず。それ以上出せるから事故が起きる。そこでまず60Kまでしか出せない車造りを行う(但し、性能を落す訳では無い)。車にはリミッター(速度制御)と自動ブレーキを設置し、ETC(受信側)と車搭載のCPUとを連動させる。これは車の速度を、ETC技術を利用し外部から制御する考えである(現在ETCは、料金徴収のみに利用されているが、この技術を活用する、仮名としてリミッターのLを加え以後ETLCと呼ぶ)。

高速道はどうする。 ここが本システムのボイント。高速道ではゲートのETに速度切換機能を持たせ、通過する車に速度情報を発信する。車はその信号を受け、リミッターの速度を切換え、最高速が変更される仕組み。つまり、ゲートを通過すると100Kまで速度UPされ、出ると60Kに戻される。まずこれで一般道と高速道とで速度のすみ分けが出来る。このETCをより高速の120K区間や、逆に低速を求められる工事区間、事故現場へ設置すれば、その区間の指定速度に変更も容易。

スクールゾーンに適応。 ここでは逆に減速に使う。ETCを入口に設置し60kを、例えば30Kへと簡単に速度変更が出来る、これで子供達は安心して通学が出来る様になる。ただ高速道ではこのETC、料金徴収も有り、入口と出口の2か所設置は必然だが、一般道は道路が複雑なので、入口だけ設置し出口分を省略出来れば、利用範囲が格段に広がる。

例えば一方通行や逆走では警報で知らせたり、信号毎に設置すれば黄色で警報、赤で止めたりも出来る、また通過車両のNOや運転者の特定も可能(1項の免許証の確認で)。カメラと違い、信号検知なので、確率は100%。パトカーへ搭載すればこれらに加え追跡等にも役立つ。

そして全ての車が60k以下なので、今問題の「あおり運転」も無くなるだろう。

 さらにこのETC技術を、車同士で受発信すれば、見晴らしの悪い所での確認に使え、出会がしらの事故も減る。この機能をスマホ(ウオッチ)に適応すれば、人と車との接近アラームとして使え、夜間は特に威力を発揮する。

 ひき逃げ死亡事故の時、被害者のスマホに、車との遭遇履歴を残せる様にすれば、犯人逮捕に繋がる、それが駄目だとしても、現場から信号毎に設置したETCを追えば割り出せる。また事故時の速度が問題になり、被害者死亡の場合、加害者有利な判決が出る事が多い、これは逆に事故前のETC間の通過タイムを測定すれば簡単に割り出せる

3)飲酒運転防止。 これは既に出回ってる、アルコール検知器を、少し改造し車と連動させれば良い。ただ問題は既製品は、測定時に第三者の立ち合いで行われるのに対し、車の場合大半一人なのでごまかせる。これがネックだ。方法として先のICカードの番号入力を、タッチ式では無く、音声認識にすれば必ず声を発出せざる得ないので、100%チェック出来る。

4)急発進、急加速、追突防止。これが今、高齢化で特に問題。既に防止策も様々開発されているが、前記の機能と組合わせる事で、より簡単、確実に行える。

本システムの構築は、 今までの車社会を大きく変える事となり、事故の大半は防ぐ事が出来、犯罪抑止にも役立つ。究極はGPSとの組合せで、全ての場所で制御が可能となり、今開発中の自動運転にも応用出来る。10年以内には電気自動車に移行するだろう、その意味では今がチャンス、 これに合わせて行えばスムースに進む。

最後に費用。 子供の命が救えるなら、お金なんてと言いたいが、案外これがネックで、賛同が得られ難いと思われる。決まれば全車に搭載されるので、量産効果で安価に造れる。事故が減ると保険料が下がり、税制面での優遇も期待される。そしてこれらは毎年の事なので十分ペイするはずである。

子供は未来をつくる存在、一人たりとも犠牲にする訳には行かない。

                                     以上

プロフィール

立案者 平山尚弘 75歳 元エンジニア  横浜在住

「 孫と子供達を、交通事故から守る、ジィジィの会」代表  

 上記の案を考え付いたのは、35年前に起きた悲惨な事故が発端でした、くしくも今回と同じ千葉です、集団登校の児童の列に、80K以上のスピードの車が突込み、一瞬にして5人の子供が亡くなり、4人が重症と言う大事故です。

 当時の新聞に、亡くなった児童の母親が、事故の衝撃で片方が短く縮んだ、子供の足を摩りながら「ごめんね、ごめんね、○○君の命を、守って挙げれなくて」と、泣きくずれていたと有り。その情景を思い涙が止まらなかった「なんで人の命を、車なんかに、奪われなければ、ならないのか、それも、親や、先生の言い付けを守り、整然と集団登校してたのに」と、怒りが込み上げ、考え付いた案です。

 当時はETCは有りませんので、そこだけは別の方法でしたが。これを直ぐ様、新聞に投函・・・・しかし提案した内容が内容なだけに、中々採用とはならず、その後も機会ある事に、提唱しますが残念ながら、今に至っています。

 ただこの案が採用されていたら、これらの事故は無かったと思うと悔しい限りです。しかしこの様に、オンラインで、署名を集められる事を知り、もう一度チャレンジしようと、立ち上げた次第です。

 

■ SNS
twitter: @
Facebook:
Instaglam:

新着報告

新着情報はありません

メッセージ

三田直水
2021/09/13
応援します!私たちの悲願です。いっしょにがんばりましょう。

橋本里枝
2021/09/12
応援してます。

荒井正人
2021/09/08
当然の人命優先の運転と行動

takahiro
2021/09/08
賛同いたします。

田中 稔
2021/09/08
いいですね。制度化の実現に期待しています。

鏑木勇
2021/09/07
頑張ってくださいね

岡田百合香
2021/09/07
大人の利便性のために、子どもが犠牲になる理不尽を放置している現状が許せません。 クルマ社会の改革にぜひ協力させて下さい。

署名 / エールボタンへ