NHK受信料制度を見直しスクランブル化を

NHK受信料制度を見直しスクランブル化を
  • 提出先:日本放送協会・総務省
作成者:少しでも環境を良くする

活動詳細

NHK受信料問題はすでに一部の政治団体で扱われていますが、個人でも受信料問題に関して声を挙げることが必要であると考え活動を立ち上げます。
受信料問題に関して追及してくださいまして該当団体の方に感謝申し上げます。
ところで受信料制度は放送法で規定されています。
NHKの受信・視聴を望む・望まないにかかわらず「NHKを受信することができる設備」を設置しただけで契約が義務づけられているのが現状です。
つまり契約の自由がない状況です。
もちろんテレビを設置しないという方法はあります。
しかし、「NHKは不要だが、民間放送(いわゆる民放)は必要」と考えられる人間もいるはずです。
受信料制度のためにこのような方法を(公式的に)とりづらくなってしまっています。
受信料制度に関してはいくつもの裁判の事例がありますが、残念ながら合憲と判断されているのが現状です。
また、受信料徴収を強化する動きもみられます。
「なぜスクランブル化しないのか」に関して、NHKによると「特定の利益や視聴率に左右されない番組を誰にでも分け隔てなく提供するため」とのことです。
だからといってNHKの電波を押し売りするやり方が市民のためになるのでしょうか

そこでNHKおよびNHKを管轄する官庁にお願いいたします。
NHK受信料制度の見直してください。
スクランブル放送を導入してください。
受信・視聴を必要とする人間が受信料を払って受信・視聴するができる仕組みの実現のためによろしくお願いいたします。

新着報告

新着情報はありません

メッセージ

三井裕介
2021/06/19
受信料制度見直し、というか、 「テレビの無い世帯に対して、ビラを投げ込んだり、訪問に来るのも、お互いの時間と労力の無駄なのでやめてほしい。」旨も、併せて訴えてもらえると助かります。

署名 / エールボタンへ