【子供たちに自由を!】子供たちをマスクから解放しよう!

経過報告

2021/08/24
【子供たちに自由を!】ポータル公開しました!

ご署名いただいた皆様へ、

本日現在、署名総数13,416名です。ありがとうございました!

署名賛同者を中心に、地域ごとのグループ形成を支援するための WEB ベースのポータルを制作しておりましたが、遂に完成しました。募金を活用して作成運用しますので、参加は基本的に完全無料。バンドルネームでの登録もOKですので、是非多くの方にご参加いただき、同じ地域の方々で繋り連携できるプラットフォームとしてご活用願います!リンクは下記:

ホーム | Maskfreeforchildren (freethechildrenjapan.com)

子供たちは基本的には親や先生達の指示に従う事を強要され、自分で判断できません。一日でも早く、まずは子供たちをマスクから解放してのびのびと人間性をはぐくみながら成長できる環境を整えてあげましょう。それが我々大人たち、親たちの責務だと思います。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

発起人一同


2021/08/20
ご署名頂いている皆様へ

いつもありがとうございます。数日前より、新しいポータルサイトでの運用を開始しています。この日本に於いても徐々にですが 医師や地方議員、弁護士の方々が具体的なアクションを起こし始めてきています。そして様々な都市で、先生方の講演会も立ち上る様になり、参加された方も 多数いらっしゃるのではないでしょうか?

こちらでの署名活動が始まった頃を思えば、本当に変わり始めてるのを実感しています。


あとは一人でも多くの方々が、気付いて繋がって行動出来るかでは ないかと思っている次第です。そして、このポータルサイトも皆様の活動や悩みの解決の一助になれれば とても嬉しく思います。また 今まで他SNSで繋がっている方々にもシェアを お願い出来ればと思いますので、今後とも宜しくお願い致します。























<リンク>

ホーム | Maskfreeforchildren (freethechildrenjapan.com)



発起人一同

連絡先:maskfreeforchildren@gmail.com



2021/08/15
【子供たちに自由を!】経過報告 ‐ ポータル制作進捗報告

ご署名いただいた皆様へ、

本日現在残念ながら、文部科学省からは未だに何らの反応もいただいておりませんが、前回の進捗報告でご報告いたしました通り、子供たちのマスクからの解放を実現するまで、皆さんと連携して活動を継続したいと思っており、署名活動の終了期限を2021年12月末まで延長いたしました。

また、本署名賛同者を中心に、地域ごとのグループ形成を支援するための WEB ベースのポータルを制作しており、最終機能チェックの上、一週間以内に公開いたします。募金を活用して作成運用しますので、参加は基本的に完全無料。同じ地域の方々で繋り連携できるプラットフォームを目指します。

Photo - Google Photos

Photo - Google Photos

子供たちは基本的には親や先生達の指示に従う事を強要され、自分で判断できません。一日でも早く、まずは子供たちをマスクから解放してのびのびと人間性をはぐくみながら成長できる環境を整えてあげましょう。それが我々大人たち、親たちの責務だと思います。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

発起人一同

連絡先:maskfreeforchildren@gmail.com


2021/07/19
【子供たちに自由を!】経過報告 ‐ 今後の進め方について

ご署名いただいた皆様へ、

皆様のご支援の結果、署名数は13,000人を突破し、また100万円を超えるエール募金もいただきました。

前回の経過報告でもご報告しました通り、6月21日には署名文及び、署名者リスト、応援コメントリストをCD-ROMに格納の上、萩生田文部科学大臣宛てに内容証明付きにて郵送するとともに、文部科学省へは e-GOV Portal を通して電子提案をいたしましたが、本日現在残念ながら、文部科学省からは未だに何らの反応もいただいておりません。

募金の一部を使用して、インスタグラム広告も打ってみましたが、残念ながら飛躍的な署名数拡大にはつながっておりません。そして、新聞などの大手メディアに広告を打つほどの資金はございません。

そろそろ夏本番です。一日も早く子供達をマスクから解放しなければなりません!

今後の進め方について、発起人グループその他のご賛同者とも色々と論議しておりますが、一定の方向性が見えてまいりましたので、ご報告いたします。

子供達のマスクを問題視しながらも、お子さんと同じ学校では少数派であったらり、他に同意見の仲間がいないケースが多いようですが、地域レベルに拡大すれば沢山の仲間がいるはずです。同じ学校では無理なら、同じ地域でグループを形成して一緒に活動すれば、道は広がる可能性が高まります。例えば、同じ地域のお母さま、お父さま達で教育委員会や学校に訴える、子供達も交えて公園などでノーマスクで遊ぶイベントを企画するなど。

そこで、本署名賛同者を中心に、地域ごとのグループ形成を支援するための WEB ベースのポータルを制作する事にしたいと思っております。募金を活用して作成運用しますので、参加は基本的に完全無料。同じ目的の者たちが登録し、その中でコミュニティを形成して、各地で活動を実施するという構想です。

7月末までに公開、運用開始できるよう、制作を開始したいと思っております。

ご意見などございましたら、コメント欄にご記入いただくか、事務局メールアドレスまで、ご一報をお願いします。

maskfreeforchildren@gmail.com

子供たちは基本的には親や先生達の指示に従う事を強要され、自分で判断できません。一日でも早く、まずは子供たちをマスクから解放してのびのびと人間性をはぐくみながら成長できる環境を整えてあげましょう。それが我々大人たち、親たちの責務だと思います。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

発起人一同


2021/06/21
【子供たちに自由を!】経過報告 ‐ 萩生田文科大臣と文科省に提出しました!

ご署名いただいた皆様へ、

皆様のご支援の結果、おかげさまで12,000人を超えるご署名をいただきました。また、当初立ち上げていたChangeという他もプラットフォームでもでは 4,000 人を超えるご署名をいただきました。

https://www.change.org/free-the-children

それを受けて、本日、署名文及び、署名者リスト、応援コメントリストをCD-ROMに格納の上、萩生田文部科学大臣宛てに内容証明付きにて郵送するとともに、文部科学省へは e-GOV Portal を通して電子提案をいたしました。

一日も早く、まずは子供達をっマスクから解放して、のびのびと人間性を育みながら成長できる環境を整えてあげましょう。それが我々大人達、親たちの責務だと思います。

尚、事務局メールアドレスを作りましたので、我々との直接連絡をご希望される方は、是非ご連絡ください。

maskfreeforchildren@gmail.com

また、ご賛同された方々で自由に意見や情報を交換できるフォーラムサイトも立ち上げました。メールアドレス(非開示)は必要となりますが、バンドルネームにてどなたでも無料でご参加できますので、是非ともご参加ください。

https://www.bethyself.jp/forum/koronahuoramu-corona-forum/zi-gong-tatinizi-you-wo-zi-gong-tatiwomasukukarajie-fang-suruwei-nohuoramudesu

以上、今後とも目標である「子供達のマスクからの解放」を実現するまで、力を合わましょう!よろしくお願いします!

発起人一同