署名の受付が終了いたしました。

ご協力大変ありがとうございました。

※エールは現在も贈れます。皆さまの応援・お気持ちをお伝え頂けます。

「完了報告」が経過報告に投稿された後、一定期間後に締め切られます。


コロナ禍で強制出勤させる企業に罰則を作ってほしい

コロナ禍で強制出勤させる企業に罰則を作ってほしい
  • 提出先:厚生労働省
  • 担当者:テレワーク担当
作成者:コロナ禍の強制出勤 撲滅委員

活動詳細

コロナ禍でも出勤を無理強いされています

全国でコロナ感染者が増え続けている中、私の会社ではワードやエクセルを使用した事務仕事が中心であるにも関わらず未だに出勤を命じられています。

事務所にある紙面の資料を使用することもあるので、全てをテレワークで行うことは難しいことは理解しています。

しかし、通勤電車も満員ですし、社内クラスターが起きてる会社もあるのに、一体何の権利があって社員を危険に晒すのでしょうか。私には全く理解ができません。

本当はこんな会社今すぐ辞めたいのですが、家族を守ることを考えるとそれは難しいのが現状です。マジで悔しいです。


テレワークを提案したが一蹴

それでも何とか会社を動かそうとテレワークについて調べたところ、

厚生労働省からしっかりと補助金がでることも分かりました。https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/jikan/telework_10026.html

会社に対しても、こうした仕組みがあることを伝えたのですが、

「コロナはただの強い風邪だろう。わざわざテレワークを導入するには、手間も時間もかかる。関係者の時間分の給料はお前が払うのか?」と一蹴。


助成金や補助金があったって、利用しないと意味がありません。

社員に対して誠実な人間が上の会社でないと仕組み自体が無駄。

強制力がなければ動かない連中も日本にいるんです。


罰則も必要では?

管理者がクソな組織でもテレワークを進めるには罰則が必要です。

自主性に任せられる日本人は、世界に誇れる国民性であると思います。

しかし、締めるべきことは、毅然とした態度で締めなくては、コロナを封じ込めることはできないのではないでしょうか。


・クラスターが発生した企業への罰則(罰金・業務停止など)

・PCR検査阻害への罰則(クラスター発生の隠蔽)

・テレワークが可能な業務にも関わらず、テレワークを怠った組織への罰則

など、私が考えるだけでも取れる方法は沢山あります。

調査の中で分かったのですが、シンガポールでは、

”テレワークが可能な職種であればテレワークの採用を義務付ける立法措置を講じると明らかにした。これに従わない企業には業務停止命令などの罰則が適用される”

だそうです。やっている国はやっています。

同じように未だ、正当な理由なく強制出勤させられている方も多いのではないかと思い、署名活動を立ち上げることにしました。


皆さんの力を貸してください。


厚生労働省に、どれだけ困っている人が多いか伝えたいので、なるべくコメントもください。

署名と一緒にまとめて送ります。


応援頂いた募金は、活動経費(名簿印刷代、送料、他諸経費など)に充てさせて頂き、余剰金はコロナで発生した子どもたちの教育格差に充ててもらえるよう、民間の団体に寄付させて頂こうと思います。

どうぞよろしくお願い致します。

新着報告

新着情報はありません

メッセージ