厚生労働省は、自粛の必要性について、その科学的根拠を示すべきである。 また、新型コロナウイルスの存在を示す根拠となる科学論文を示すべきである。

経過報告

2021/09/28
緊急事態宣言の解除に伴い署名提出の日程調整を再開しました。
緊急事態宣言が9月30日をもって全解除されることとなりましたので、予定通り代議士
を通して厚生労働省へ署名提出の日程調整を再開いたしました。
来月には国政選挙を控えているなかでの調整となりますが、できる限り早くみなさまの声
を行政の責任者へお届けできるよう努めてまいります。

2021.9.28
WeRise実行委員会

2021/09/20
緊急事態宣言の延長に伴う今後のスケジュール変更について
緊急事態宣言が9月12日から30日に延長されましたため、voice事務局と相談の上
今後のスケジュールを以下の通り変更いたしましたので、報告させていただきます。

①代議士と署名提出のスケジュール調整を開始した時点で経過報告(9月30日まで)
②受け取り日が決定したタイミングで経過報告(10月31日まで)
③受け渡しが終わった段階で完了報告 ※写真付き(11月30日まで)

※但し、緊急事態宣言およびまんえん防止等重点措置の期間が延長された場合は
 この限りではありません。期間が延長されました場合は、あらためてその後の
 スケジュールを調整した上で報告させていただきます。


また、前回8月27日の経過報告後にvoiceの代表秋田氏とWeRise実行委員会の石井希尚にて
話し合いの時間を持ち、署名をただカタチだけの提出をするのではなく、間違いなく厚労大臣に
渡るように調整することの難しさについて、WeRiseからは代議士を通してどのように調整
ができているか、voiceからは過去に大変苦労した事例など、情報交換いたしました。

また、9月19日(日)のYouTube配信番組 HEAVENESE style内でも石井希尚より、上記を踏まえた
ご説明をさせていただいておりますので、ご覧ください。
HEAVENESE style 2021.9.19号「Freedom Fighters / 戦って生きろ!」(00:19:08〜)
https://youtu.be/rp5ol7g0GEU


WeRise実行委員会は、引き続き、ただ玄関先での受け渡しや、書面だけでのやりとりではなく、
しかるべき担当者を通して確実にみなさまの署名をお届けすることを第一に厚労省との交渉を
続けてまいります。緊急事態宣言やまんえん防止等重点措置は、今後も延長が繰り返されること
が予想されますが、当会としても署名活動だけではない次なる取り組みにも挑戦してまいります
ので、辛抱強くお待ちいただきたく存じます。


※募金について※
前々回報告でも記載しておりますが、あらためてお知らせさせていただきます。

現在、みなさまから寄付いただきました募金の全額をvoice事務局にて保管いただいている状況にあります。
ご応募いただきました募金につきましては、署名の提出および完了報告をvoice上で実施した上で、
voice事務局による審査を経て、当会へ入金される利用規程となっております。


2021.9.20
WeRise実行委員会

2021/08/27
署名提出に関する今後の予定 および募金の支払い期限延長について
長らくご心配をおかけしております署名提出へ向けての今後の方針と
募金の支払い期限延長について、voice事務局との協議の結果、
手渡しでの署名提出が実現するまで、猶予いただけることとなりましたので、
合わせてご報告いたします。

先の経過報告にて、厚労省より手渡しではなく、文書類の授受での署名提出についても
受領書を発行いただける提案がございましたが、VOICE事務局より書面だけの場合、
後日、厚労省の担当者との会談の機会を別途設けるよう提案がありました。
しかし、厚労省との調整において、署名受け渡し以外の機会を、別途設けることは、
実現が困難であるということと、署名が受け取られる現場を確認する必要があるとの
判断から、緊急事態宣言が明けてからの、対面による提出とさせていただくことといたしました。

一刻も早く提出したいという強い思いがある一方で、ただ提出するだけ提出しても
「そのまま破棄されてしまう」というようなパフォーマンスとならないために、
しかるべき代議士を通して、確実に一定の立場以上の方に、内容を理解していただいた上で
受理していただく、というプロセスと流れに重きを置き、調整をお願いしてきた関係もあり、
時間がかかっております。
この点につきまして、何卒ご理解くださいますよう、宜しくお願いいたします。


今後の予定

①代議士と署名提出のスケジュール調整を開始した時点で経過報告(9月12日まで)
②受け取り日が決定したタイミングで経過報告(10月12日まで)
③受け渡しが終わった段階で完了報告 ※写真付き(11月12日まで)

※但し、緊急事態宣言およびまんえん防止等重点措置の期間が延長された場合は
 この限りではありません。期間が延長されました場合は、あらためてその後の
 スケジュールを調整した上で報告させていただきます。


署名、募金にご協力いただいたみなさまからは「なぜ、もっと早く提出できなかったのか?」
「もっと早く声を届けてほしい」というお声も頂戴しております。
当会といたしましても、一刻も早く提出したいという強い思いがある一方で、ただ提出するだけ提出しても
「そのまま破棄されてしまう」というようなパフォーマンスとならないために、
しかるべき代議士を通して、確実に一定の立場以上の方に、内容を理解していただいた上で
受理していただく、というプロセスが大切であるとの考えから調整をお願いしてきた関係もあり、
予想以上に時間がかかってしまっております。
この点につきまして、何卒ご理解くださいますよう、宜しくお願いいたします。

ワクチン接種が進み、事態はいよいよ緊迫し、このままでは本当に取り返しのつかない
状況になる、という危機感は、当会も喫緊の課題として受け止めております。
ワクチン特例承認取り消し等請求訴訟もはじまり、当会としてこれからもどのような
かたちでこれらの活動を支援していくかについても、検討を進めてまいります。
みなさまにおかれましても、最後まで諦めず、励まし合い、連帯して、この大きな力に
立ち向かう心身が養われ、守られますよう、祈念しております。


2021.8.27

WeRise実行委員会



2021/08/12
署名活動についての経過報告
voiceへご署名および募金にご応募いただきました皆さま
 
署名の募集を2021年2月28日に終了してからの進捗情報に関しまして、
当公式ホームページやオンライン署名プラットフォームvoice上での経過報告
が遅くなりましたことをお詫び申し上げます。
 
 
まず初めに、たいへんご心配をおかけしております、厚労省への署名提出へ向けて
の現状につきまして、進捗状況を以下に報告いたします。
 
Change.orgで応募していたものも含め、ご署名いただきました合計19,072名
の署名の重複を精査して書類の準備が整ったのが3月中旬。
それより、厚労省へ署名の主旨を説明した上で、厚生労働大臣田村氏への署名提出の
段取りを、自民党代議士間に入っていただきながら、関係各所へ調整し、署名受け渡
しの段取りが整うまでに時間を要し、4月上旬になり、厚労省のご担当者から、受け
取りを了承していただく旨の回答をいただきました。
 
 
ところが、日程を調整している最中に4月12日から「まんえん防止等重点措置」
期間が始まったために、「受け渡し時期については、まんえん防止重点措置が明けて
から」ということで、後日日程調整ということになりました。
 
それ以降、緊急事態宣言とまんえん防止等重点措置が繰り返され、4度目の緊急事態
宣言の最中である今日まで受け渡し日程が決まらないままの状態となっております。
間に入っていただいている先生方も、めまぐるしく変わる諸般の事情に対応するなど、
大変お忙しくされている中、私どもといたしましては、しつこくお尋ねすることも憚られ、
推移を見守る状態が続いたため、当初予定していたよりも、多くの時間を要してしまいました。
この間、もっと早くに皆さまにご報告をすべきところ、今日に及んでしまったことは
私どもの責任でございます。この点、何卒ご容赦くださいませ。
 
また、8,633,400円もの募金も合わせてご支援いただきましたこと、大変感謝申し上げます。
これだけの皆さまの大きな期待と願いを預かっていることを大変重く受け止めるとともに、
適性にかつ有効な使途取り扱いを厳粛に見極めて利用させていただきます。
 
なお、ご応募いただきました募金につきましては、署名の提出および完了報告をvoice上で
実施した上で、voice事務局による審査を経て、当会へ入金される規程となっておりまして、
現在、全額をvoice事務局にて保管いただいている状況にあります。
 
 
さらに、一部SNS上でご指摘があった8月27日付で、応募いただきました募金がvoice
への寄付となってしまう件に関しては、利用規約にある支払い期限の延長を現在voice事務局と協議中でございますので、ご安心いただきたく存じます。
 
 
今後の予定として、上記の期限を鑑みて厚労省へ再度交渉したところ、対面ではなく書類の
受け渡しのみで受領証の発行で代えることができるならば、8月25日までに、署名の受け取りが
可能との回答を得ておりますが、当会としてあくまでも対面での手渡しを希望する場合は、
緊急事態宣言があけた後の日程調整となるため、期限延長と合わせ、voice事務局との協議を経て、最終決定されたましたら、あらためてその旨を経過報告として、公式ホー
ムページおよびvoiceで掲載させていだだきます。
 
 
以上、署名活動の経過報告と一部SNSでの風評に対するWeRise実行委員会からの回答となります。
 
みなさまにおかれましては、ワクチン接種が進む中、お一人お一人がご自身の職場で、ご家庭で、
同調圧力と闘っていらっしゃることと存じます。
 
当会としましても、再び、みなさまとお会いし、励まし合える場所と時間を提供できるよう、
次回のイベント含めて、計画中でございます。
今後とも、ご支援よろしくお願い申し上げます。
 
2021.8.12
WeRise実行委員会